【ヨミ】イーキュー EQ(Emotional Quotient)

EQ(Emotional Quotient)とは、アメリカのピーター・サロベイ、ジョン・メイヤー両博士によって提唱された理論で、「心の知能指数」、「感情知能」と訳されます。学術的にはEIと呼ばれるケースが多いですが、ダニエル・ゴールドマン氏が著書『こころの知能指数』のなかで、IQ(知能指数)に対比される概念として全世界に紹介したため、現在ではEQという名称が定着しています。
(2007/2/9掲載)

EQ(Emotional Quotient)のケーススタディ

他者や自分の感情を理解・調整し
行動につなぐことができる能力

これまで、人間の知性は、言語的知性・論理数学的知性などのIQの高さで評価されてきました。しかし、実社会において活躍している人たちは、IQが高いだけではなく、自分を律したり、場の空気を読んだり、人間関係を良好に保つといった、EQ的な知性が高い場合が多いといいます。

EQ的な知性について、EQ理論では具体的に、自分がどのように感じているかを知覚して識別する「感情の識別能力」、状況判断や課題達成のため、自分の感情をコントロールする「感情の利用能力」、自分や他人になぜそういう感情が生じ、どう変化するのかを理解する「感情の理解能力」、他者の感情に適切に働きかけるため、自分の感情を調整し、操作する「感情の調整能力」を挙げています。

例えば、今ひとつやる気のない部下に対し、「やる気を出せ!」と怒鳴ってますますやる気を萎えさせるのがEQの低い上司。一方、「どうした?元気ないけど、何かあったか?」と心の距離を近づけ、相手の感情の原因を理解した上で、相手の心に響く言葉かけを行い、相談にのったり、説得をするのがEQの高い上司。他者および自分自身の感情を理解し、その感情を上手く調整して、行動につなげる能力が、EQというわけです。

EQは、先天的要素が大きいIQと異なり、さまざまな経験や適切な訓練・教育によって高めることが可能です。現在、多くの企業がEQ理論を導入しています。

EQは、「行動特性調査」などにより測定可能。検査は、30分程度の間で250問前後の質問に、マークシート方式で回答する形式で行われます。検査結果は、単にEQの総合指数がでるのではなく、「自己認識力」「ストレス共生」「気力創出力」「自己表現力」「主張表現力」「対人関係力」「対人受容力」「共感力」といった領域ごとの指数が示されます。その指数値とバランスによって、自身の強みや弱み、適性など、かなり本来的な性格が浮き出されるといいます。
検査結果は、人材の適性を見分け、採用や配属に活用出来るほか、効果的と思われる育成プログラムを考えたり、トレーニングの成果を判定したりする上での参考になります。

本人にとっても、自身の強みと弱み、行動特性を客観的に理解することで、日常の振る舞いに活かしたり、スキル研修やセミナー、コーチングなどの育成プログラムに問題意識を持って参加することが出来るなどの成果があります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード