企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/09/29

【ヨミ】セレンディピティ セレンディピティ

「セレンディピティ(Serendipity)」とは、偶然をきっかけに予想外のものを見つけ、価値を見出し、幸運をつかみ取ることを意味しています。語源は、3人の王子たちが優れた能力や才気によって、有益なものを偶然に発見するスリランカの童話『セレンディップの3人の王子たち(The Three Princes of Serendip)』で、同書を読んだ18世紀のイギリスの政治家で小説家のホレス・ウォルポールによる造語だと言われています。

セレンディピティのケーススタディ

物理的な行動が制約されたコロナ禍で
セレンディピティに出会うには

セレンディピティは単なる「偶然の発見」ではなく、能力のこと。偶然の出来事に遭遇することは誰しもありますが、それに価値を見出して活用するかどうかは人によって異なります。問題意識を持ちアンテナを立てているか、価値を見出すだけの知識があるか、単なる偶然を優れたひらめきや価値に転換できるかどうかは、その人の能力次第なのです。

最近はビジネスシーンでも「セレンディピティ」という言葉が使われることが増えてきました。物を作れば売れた大量生産の時代は終わり、売れるものを作るためには、異なるもの同士が交わることで生まれるイノベーションが欠かせません。しかし、イノベーションはなかなか意図して起こせるものではありません。そこで、セレンディピティが注目されているのです。

セレンディピティ研究者の澤泉重一氏は、片井修氏との共著『セレンディピティの探究』のなかで、人生には「やってくる偶然」だけではなく、「迎えに行く偶然」があると述べています。セレンディピティを能力と捉えると、後天的に強めることができます。自分のアイデアや考えをオープンにする、適切な場所に身を置くといった方法によって、セレンディピティを起こしやすくすることができるのです。

現在は世界的に流行している新型コロナウイルス感染症の影響で、セレンディピティに遭遇しにくくなっていると言われています。出社する機会が減り在宅勤務が中心になったことで、社内外の人たちと何気ない会話や雑談をすることが難しくなり、意図したもの以外に出会える機会が減ってしまっているのです。

しかし、オンラインにもセレンディピティは眠っています。コロナ禍においてはSNSやオンラインイベントといったものに参加するフットワークの軽さが、セレンディピティに出会うための条件と言えるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

イノベーション
語源は英語で「変革する」「刷新する」という意味の動詞innovateの名詞形innovation。経済活動において既存のモデルから飛躍し、新規モデルへと移行することを意味します。日本語ではよく「技術革新」の同義語として使われますが、本来は新しい技術を開発するだけでなく、従来のモノ、しくみ、組織など...
非認知能力
「非認知能力」とは、経済学や心理学で使われる言葉で、IQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般をいいます。具体的には、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力など。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力ともいえます。研究によれば、労働市場にお...
リバース・イノベーション
「リバース・イノベーション」とは、途上国で最初に創出・採用されたイノベーションであり、それを先進国・富裕国へと移転・展開するという、従来のパターンとは逆の流れでイノベーションのグローバル化を図る戦略コンセプトのことです。米ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスのビジャイ・ゴビンダラジャン教授...

関連する記事

ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観が重視される風土」(30.0%)、3番目が「個人の意識や能力の不足」(27.4%)だった。
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
イノベーション創出の施策は、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交流の促進」がトップ3
人事担当者にイノベーション創出の施策について聞いたところ、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交流の促進」がトップ3であることがわかった。
2019/12/01掲載人事白書 調査レポート
管理職研修に盛り込む「プログラム要件」
管理職研修に盛り込む「プログラム要件」を「管理職昇格時」と「既存の管理職研修」の2つの段階で整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...