企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/09/11

【ヨミ】エスディーエスホウ SDS法

「SDS法」とは、「Summary(要点)」→「Details(詳細)」→「Summary(要点)」の順に話を展開していくフレームワークのこと。文章やプレゼンテーションなどにおいて、聞き手・読み手の理解を促したいときに有効な表現手法です。類似のフレームワークにPREP法やDESC法などがありますが、自己紹介やスピーチなどでSDS法は最も汎用性が高く、日常生活からビジネスシーンまで幅広い用途で使うことができます。

SDS法のケーススタディ

何気なく聞いているニュースも
実はSDS法からなっている

「昨日、サッカーでチームAがチームBに3対2で勝ち、初めて優勝を果たしました。昨日の試合では、2点差のついた後半15分、ペナルティキックから1点を返して同点。残り2分で勝ち越し、勝利をものにしました。チームAは創立5周年を優勝で飾りました」

このニュース原稿をよく見てみると、SDS法で構成されていることがわかります。「昨日、サッカーでチームAがチームBに3対2で勝ち、初めて優勝を果たしました」と要点から始まり、どのような試合だったかという描写が続きます。最後には締めとして「チームAは創立5周年を優勝で飾りました」と要点が繰り返されています。このように、ニュース番組ではSDS法が頻繁に使われているのです。

ビジネスシーンにおいても、聞き手から「で、結論は?」などと言われたことがある人には、SDS法の活用がおすすめです。説得力を高めるフレームワークとして「PREP法(Point:要点、Reason:理由、Example:例、Point:要点)」や「DESC法(Describe:描写、Express:表現、Suggest:提案、Consequence:結果)」がありますが、SDS法は最もシンプルであるため、活用しやすいのです。

本を読み始めるときに、目次をざっと眺めて全体像を理解するように、SDS法でも最初に要点を伝えることで聞き手が全体像をイメージしやすくなります。最も大切な詳細の部分を伝えた後に、再度要点を繰り返すことで、聞き手は頭の中で情報を整理することができ「記憶」に残りやすくなるというわけです。会社のプレゼンでいきなり挑戦するのが不安だという人は、まず報告書や日記など、書き言葉から挑戦してみるとよいでしょう。

・関連キーワード
PREP法
DESC法

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

PREP法
「PREP法」とは、会話や文章において説得力を高めるための手法のことをいいます。結論から先に話すことで論理的に要点を伝えることができるため、ビジネスシーンなどで好まれる話し方です。PREPとは、「Point(結論・要点)」「Reason(理由)」「Example(事例・具体例)」「Point(結論・...
ホールパート法
「ホールパート法」とは、最初に全体像を示した上で、話の各部分を説明していくコミュニケーション手法。「ホール(whole)」は全体、「パート(part)」は部分を表し、最後に結論に戻ることで伝わりやすい効果的なプレゼンテーションを目指すときに使われるフレームワークです。例えば、「今日の議題は三つです」...
デザイン思考
「デザイン思考」とは、建築や服飾、広告などの分野でデザインを行うプロセスや思考方法をビジネスに転用したものです。具体的には、人々のニーズを課題に落とし込み、そこから生まれたアイデアをもとにプロトタイプを作成。顧客やユーザーにテストを行いながらブラッシュアップしていくことで、課題解決を目指します。昨今...

関連する記事

4. eラーニングの目的別活用法
eラーニングを活用することで、幅広いビジネススキルや知識を習得することができる。集合研修と比較した場合、eラーニングはおもに「知識を習得する」という目的に適している。ここでは目的別に、習得できる知識を表にまとめた。
2013/03/28掲載よくわかる講座
HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化における活用は...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載人事白書 調査レポート

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...