企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/08/20

【ヨミ】トクテイギノウ 特定技能

「特定技能」とは、一定の専門性や技能を持ち、即戦力となる外国人を受け入れる在留資格制度のこと。深刻化する人手不足に対応するため、2019年4月に新設されました。特定技能は「特定技能1号」と「特定技能2号」に分けられます。

特定技能のケーススタディ

「特定技能」新設の背景と「技能実習」との違いとは

日本の人口が減少している中、問題となっているのが「生産年齢人口」の減少です。生産年齢とは、その名の通り「働くことができる年齢」のこと。日本では、15歳以上65歳未満を生産年齢としています。総務省によると、日本では1995年をピークに生産年齢人口は減少に転じ、2015年に7629万人だった生産年齢人口は、2030年には6773万人、2060年には4418万人にまで減少すると試算されています。

日本人の人口は減少の一途をたどる一方で、日本に住む外国人の数は増えています。2019年末の在留外国人数は約293万人で、前年比7.4%増と過去最高を更新しました。今や外国人は、総人口の約2%を占めています。

生産年齢人口の減少による人手不足の対策として、新設されたのが特定技能度。国内で特に人材確保が難しい14分野に限り外国人の就労を認め、労働力の一助とするための在留資格制度です。特定技能1号では、介護、ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設、造船・舶用工業、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業の14分野で、「相当程度の知識または経験を必要とする技能」と認められる業務に従事する外国人向けに、通算で上限5年の在留期間が付与されます。

特定技能2号では、14分野のうち、建設、造船・舶用工業の2業種に属し、「熟練した技能」を要する業務に従事する外国人を対象にしたもので、在留期間の上限はありません。また、要件を満たせば家族(配偶者、子)を帯同することができます。

特定技能では、3年間の技能実習(技能実習2号)を修了するか、日本語能力判定テストと業種ごとに定める技能試験に合格すると、最長5年間(特定技能2号は無期限)の在留が認められます。2020年夏には、特定技能の対象業種にコンビニエンスストアを追加する動きがありましたが、最終的に見送りとなりました。

外国人の在留資格には「技能実習制度」もあります。労働力確保が目的となっている特定技能に対し、技能実習は日本の技術や知識をもって他国の経済発展を支援するという国際協力の推進が目的となっています。そのため、技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない決まりが設けられています。在留期間、試験の有無、人数枠の有無など、特定技能と技能実習は制度の詳細もまったく異なるため、混同しないよう注意が必要です。

・参考
新たな外国人材の受入れ及び共生社会実現に向けた取組(出入国在留管理庁)
令和元年末現在における在留外国人数について(出入国在留管理庁)
平成29年版 情報通信白書(総務省)

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

在留資格
「在留資格」とは、日本に入国・在留する外国人に対し、その外国人が行う活動の内容などに応じて付与される一定の資格を指します。わが国の外国人労働者の受け入れは「出入国管理及び難民認定法」(入管法)が定める在留資格によって規制され、単純労働を目的とする入国・在留は認められていません。在留資格には27種類あ...
生産年齢人口
「生産年齢人口」とは、年齢別人口のうち、生産活動の中核をなす年齢の人口層を指し、日本では15歳以上65歳未満の人口がこれに該当します。国内の生産年齢人口は1990年代をピークに減少傾向が続いています。なお、生産年齢人口のうち、労働の意思と能力をもっている人口を「労働力人口」といい、生産年齢人口に含ま...
マイスター制度
もともとはドイツ発祥の職能訓練制度のこと。中世以来の手工業の技を引き継ぐために1953年に法制化され、ドイツの産業発展を支えてきました。近年、日本でも製造業を中心に、現場の熟練技能者から中堅・若手人材への円滑な技能継承を促す仕組みづくりが模索され、注目を集めています。

関連する記事

受入拡大迫る!外国人雇用よくあるトラブルと対応
減少する日本人労働者を補うためにも不可避となった外国人採用。 今回は、外国人を雇用するにあたって押さえておきたい注意点等について、トラブル事例をもとにお伝えいたします。
2019/05/20掲載人事・労務関連コラム
人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
日本企業は外国人の「高度人材」を獲得せよ。世界の優秀層を確保するためのビジネス戦略
日本企業は外国人の「高度人材」を獲得せよ。世界の優秀層を確保するためのビジネス戦略
2006/08/21掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

特定労働者派遣・請負業務の契約書について
特定と請負の契約書でいい雛形は無いでしょうか?
外国人雇用
ご質問です。日本で外国人を雇用した場合に受給できる助成金等はあるのでしょうか?もちろん在留資格のある外国人です。 以上、宜しくお願い致します。
介護保険の被保険者区分について
被保険者区分は第1号、第2号という区分の他に、特定被保険者という区分があると思われます。この特定被保険者の資格要件と特定被保険者に認定されるには何か届け出が必要なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...