企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/08/20

【ヨミ】キャリアセンター キャリアセンター

「キャリアセンター」とは、大学などの教育機関に設置された、学生の就職支援やキャリア支援を目的とした部署のこと。「就職課」や「就職センター」と呼ばれる場合もあります。その学校に所属している学生であれば、誰でも無料で利用することができます。

キャリアセンターのケーススタディ

キャリアセンターの活用方法とは
就活生はもちろん、低年次向けプログラムも

キャリアセンターが行うサポートは、就職活動中の学生を対象にした就職ガイダンスの開催や、低年次を対象にしたキャリア教育プログラムの企画など、多岐にわたります。一般財団法人雇用開発センターの「大学生就職活動調査」によると、キャリアセンターや就職課を利用したことがある割合は2018年卒が63.3%、2020年卒が61.9%でした。

一方、利用していない約4割の学生は「利用してもメリットがない」「敷居が高く、入る勇気がない」などの理由をあげています。しかし、すでにキャリアプランや達成までの道のりが明確になっていれば話は別ですが、それ以外の人にとってはキャリアセンターを活用する利点は大いにあります。

キャリアセンターの活用方法は、大きく分けて三つ。一つ目は「情報収集」です。キャリアセンターには、企業や団体などから求人情報やインターンシップ募集要項が数多く寄せられます。また、学内セミナーや合同企業説明会を多数主催しています。キャリアセンターが持つ情報を活用すれば、効率的に企業を研究することができます。

二つ目は「対策講座」です。キャリアコンサルタントによるエントリーシートの添削や、予約制で模擬面接を行っています。最後の三つ目は「つながり」。学校によっては、就活を終えた4年生や、特定の企業に就職したOB・OGを紹介しているところもあります。

また、最近のキャリアセンターは1、2年生向けのサポートも充実させています。2000年代前半までは、名称を「就職課」としている学校がほとんどでしたが、若年からの「キャリア教育」の重要性が高まってきたことから、多くの学校が「キャリアセンター」に名称を変えました。就職活動が本格的に始まってからではなく、低年次の段階からキャリアを意識して学校生活を送ることができるよう、講座やインターンシップ情報の提供なども手厚くなっています。

・参考
「2018年卒大学生就職活動調査の結果報告書」について(一般財団法人雇用開発センター)

「2020年卒大学生就職活動調査の結果報告書」について(一般財団法人雇用開発センター)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ライフキャリア・レインボー
「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな役...
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第2回】 そもそも「キャリア自律」は、必要なのでしょうか?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事という仕事で関わる<同僚たち>へのキャリア開発支援。このゼミでは、プロティアン・キャリア論をベースに、人...
2019/12/27掲載編集部注目レポート
花田 光世さん: 「キャリアアドバイザー」を活用することで、組織の活性化と個人のキャリア自律の統合を図る
近年、組織における「キャリアアドバイザー」の存在が注目を集めています。慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授はこのキャリアアドバイザーの育成に長年取り組まれ、キャリアカウンセラーのように社員の個人の「こころ」の問題を中心としたキャリアの支援だけでなく、“組織の...
2013/10/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

メンタル対応可能な産業医を紹介します POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...