企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/07/14

【ヨミ】ナナジュッサイテイネンセイ 70歳定年制

2013年4月の「高年齢者雇用安定法」の改正によって、2025年4月から全企業に「65歳まで定年年齢の引き上げ」「希望者全員を対象にした、65歳までの継続雇用制度を導入」「定年制の廃止」のいずれかの措置が義務付けられます。それに先立つ2021年4月から、企業は70歳までの就業機会確保が努力義務となります。その際、同じ企業での継続雇用以外に、70歳まで継続的に業務委託契約する制度、NPO活動などへ継続的に従事できる制度の導入といった選択肢も追加されます。

70歳定年制のケーススタディ

70歳までの雇用が努力義務に
70歳定年制で企業が考えるべきことは

「つい先日65歳定年制になったばかりなのに、もう70歳定年制?」と思う人は少なくないでしょう。65歳定年制が義務化されるのは2025年4月からともう少し先ですが、「人生100年時代」の社会への突入を象徴するような出来事の一つといえます。一方で現実に目を向けると、2017年時点で65歳定年制を導入している企業は16.4%、66歳以上の定年制は1.4%で、現状の割合はさほど高くありません。

そもそもなぜ、定年が引き上げられるのでしょうか。広く知られている通り、日本は少子高齢化による人口減少が社会問題の一つとなっています。65歳以上が占める人口の割合は2018年時点で28.1%ですが、2065年には38.4%にまで増加する見込みです。人口減少や超高齢化社会により、年金の財源確保が難しくなっていることが定年引き上げの要因の一つに挙げられます。2013年から段階的に支給開始年齢が上がっていき、60歳から65歳へと引き上げが決まりました。これに並行して定年も引き上げ、年金の受給年齢まで働けるようにすることを目的としたセットの施策なのです。

70歳までの就業が可能になれば、年金受給開始年齢をさらに引き上げることができます。現在も繰り上げ受給や繰り下げ受給も可能で、現行の制度では66歳から70歳までの間に繰り下げると、1ヵ月遅らせるごとに0.7%受給額が増える仕組みとなっています。

定年延長に際して、企業は人事制度や給与制度を見直すことになりますが、対象となる従業員に対して不利益変更となったり、モチベーション低下につながったりしないよう、慎重に対応しなければなりません。

今後も人手不足が続くことが予想されるため、企業にとってシニア人材の活用は重要課題ですが、まずは2021年から始まる「努力義務」に向けた準備が必要です。

・参考
平成29年就労条件総合調査 結果の概況(厚生労働省)

令和元年版高齢社会白書 概要版(内閣府)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

継続雇用定着促進助成金
就業規則などによって60歳以上の定年を定めている会社が、その定年年齢の引き上げや、再雇用による継続雇用制度を導入した場合に支給されます。ただし、「65歳定年制」が施行されるまでの助成金と見られています。
65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年...
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。

関連する記事

【“うっかり5年超え”に注意が必要!】 無期転換ルールに対応した「定年退職日」と「再雇用終了日」の定め方
就業規則等で定年および定年後の再雇用制度について定める場合には、労働基準法、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律のほか、労働契約法および本年4月から施行される「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」に留意する必要があります。本稿では、これらの...
2015/05/14掲載人事・労務関連コラム
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対応と高年齢...
2007/04/16掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
定年年齢引き上げ後の再雇用制度の動向について
いつも、お世話になっております。 当社では60歳の定年を65歳に、引き上げる予定です。 それに伴い、60歳以降65歳までの再雇用制度を廃止する予定です。 一部の社員から再雇用制度も5歳引き上げ、65歳から70歳にして欲しいと 要望が有ります。 これから社内で検討致しますが、他社の動向(再雇用制度の引...
定年延長、再雇用制度
今後の展望について
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。