企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】プロセスロス プロセスゲイン プロセスロス、プロセスゲイン

「プロセス・ロス」とは、複数人が集まる組織において手抜きをする人が現れたり、協調できずにかえって非効率になったりすることで生じる、損失のことをいいます。反対に、複数人による相互支援や相乗効果により利益が生じることは「プロセス・ゲイン」といい、組織開発はプロセス・ゲインを得るための取り組みともいうことができます。

プロセスロス、プロセスゲインのケーススタディ

プロセス・ロスを最小化させ、
プロセス・ゲインへと転換させるために必要なこと

綱引きで勝つのは次のどちらでしょうか。300kgを引く力を持つ一人と、100kgを引く力を持つ三人。単純に考えれば、どちらも300kgずつの力がかかるため綱は均衡を保つはず。しかし、良くも悪くもここに組織の力が作用します。集団に属することで「自分は少し手抜きをしても大丈夫だろう」と考えるリンゲルマン効果(社会的手抜き)が発生したり、それぞれが精一杯の力を発揮しているのに、目指すべき方向性や息が合わずに効果が薄れてしまったりするケースです。

集団で課題を遂行するとき、全体のパフォーマンスが下がってしまうことを「プロセス・ロス」といい、三人が集まっても綱引きに負けてしまいます。自著『集団プロセスと生産性』のなかで、プロセス・ロスについて言及した社会心理学者のI.D.スタイナー氏は、これを以下のように公式化しています。

実際の生産性=潜在的な生産性-プロセス・ロス

一方、三人が集まることで相乗効果が生まれ、合計300kg以上の力を発揮することが「プロセス・ゲイン」です。プロセス・ゲインが生じたときは、綱引きに勝つことができます。

ではプロセス・ロスを最小化し、メンバー間のシナジー効果を生むためには何ができるのでしょうか。有効なソリューションとして挙げられるのが、チームビルディングで用いられる「GRPI(グリッピー)モデル」というフレームワーク。「Goal(目的)」「Role(役割)」「Procedure(進め方)」「Interaction(関係性)」の四つがそろうことで、組織が健全になるという考え方です。

組織の目的、いわゆる「ビジョン」が共有され、浸透しているか。その目的に向けて、メンバー自身がどのパートを担っているかを理解しているか。達成までのロードマップは理にかなっており、意思決定フローや評価制度は納得できるものか。日々のコミュニケーションが十分に行われており、信頼関係は築けているか――。これらが達成されることで組織の健全さは増し、チームビルディングの効果が得られます。その結果、プロセス・ロスがプロセス・ゲインへと変わっていくのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
蓉子さんが参考になったでオススメしました
東京都 その他業種 2020/04/22

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...
AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)
「AI」とは、アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)の略で、Appreciativeは「真価がわかる」「価値を認める」、Inquiryは「探求」「質問」などの意味を表します。AIは、米国で開発された人材開発や組織活性化のアプローチの一つ。ポジティブな問いや探...

関連する記事

1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
1. モチベーション研修・組織活性化研修とは
「モチベーション」は一般的に、「やる気」や「動機づけ」と訳される。モチベーションが個人のアウトプットや生産性に大きく影響するが、個人の集まりである組織でも同様だ。では、一人ひとりのモチベーションを高め、組織を活性化させていくためには、どうすればいいのか。その考...
2013/01/09掲載よくわかる講座

関連するQ&A

チームビルディング研修について
初めてご相談致します。 チームビルディングに関する研修を現在探しています。弊社は人材サービスを行っている会社でチーム制をとっています。 そもそもチームビルディングの為には何が必要で、強化とは何をどのようにしていけば良いのか、基本的なところで逡巡しています。 もしチームビルディングにおいて、オススメの...
これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...