企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シンカイシャホウ 新会社法

商法の中の会社に関する部分と、会社に関連する複数の法律を一本化した新たな法律。2006年4月1日から施行されます。
(2005/11/28掲載)

新会社法のケーススタディ

起業を促進するために会社に関する法律を一本化
資本金が1円でも株式会社が設立できるようになる

これまで会社の組織や運営について規定する法律は、商法の「第2編 会社」や有限会社法など複数の法律に散在していました。これらを体系的・抜本的に見直して一つの法典として再編成し、さらに新たな制度を創設するなどして、現代社会に適合するように改善したのが新会社法です。表記が明治以来の片仮名、文語体から、平仮名、口語体に改められて、わかりやすい条文構成にするとともに、日本経済のグローバル化に対応するため、各種規制を大幅に緩和し、起業を促進するための制度の充実を図りました。

まず有限会社法が廃止され、すべての有限会社はいったん「特例有限会社」の扱いで、株式会社の仲間に自動的に入れられます。しかし、その後は引き続き有限会社を名乗ってもいいし、株式会社に商号変更しても構いません。これに伴い、従来の株式会社の組織や運営を自由化・簡素化しました。たとえば最低資本金の下限規制が撤廃され、資本金が1円でも株式会社が設立できるようになり、また一定の条件を満たせば取締役は1人でもよくなり、任期も10年まで延長できるようになりました。

中小企業にとって注目されるのが「会計参与」制度の創設です。会計参与とは経営者と一緒に決算書類や計算書類などをつくる役員で、公認会計士、監査法人、税理士、税理士法人など専門家しかなれません。任意の制度なので設置しなくても構いませんが、株主代表訴訟のリスクを背負って決算書などの作成に関与する会計参与がいれば、金融機関の信用力の審査などの面で高い評価が与えられると考えられます。

さらに新しい会社形態として合同会社(LLC=Limited Liability Company)などが認められるようになりました。LLCは何人か集まり共同で事業を起こしたり、個人の研究者や起業が共同研究したりする場合に適していると言われています。新会社法の施行をきっかけに、インターネットなど情報技術の急速な進歩を背景にして、小資本で専門的ノウハウを元手とするビジネスが続々と誕生することが期待されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
組織変更、減資、機関設計、新株発行……、中小企業がとるべき「新会社法」への対応策
「新会社法」が中小企業に及ぼす影響、それに対する対応策などについて、ポイントを紹介しています。
2006/04/03掲載人事・労務関連コラム

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。