企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シンカイシャホウ 新会社法

商法の中の会社に関する部分と、会社に関連する複数の法律を一本化した新たな法律。2006年4月1日から施行されます。
(2005/11/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新会社法のケーススタディ

起業を促進するために会社に関する法律を一本化
資本金が1円でも株式会社が設立できるようになる

これまで会社の組織や運営について規定する法律は、商法の「第2編 会社」や有限会社法など複数の法律に散在していました。これらを体系的・抜本的に見直して一つの法典として再編成し、さらに新たな制度を創設するなどして、現代社会に適合するように改善したのが新会社法です。表記が明治以来の片仮名、文語体から、平仮名、口語体に改められて、わかりやすい条文構成にするとともに、日本経済のグローバル化に対応するため、各種規制を大幅に緩和し、起業を促進するための制度の充実を図りました。

まず有限会社法が廃止され、すべての有限会社はいったん「特例有限会社」の扱いで、株式会社の仲間に自動的に入れられます。しかし、その後は引き続き有限会社を名乗ってもいいし、株式会社に商号変更しても構いません。これに伴い、従来の株式会社の組織や運営を自由化・簡素化しました。たとえば最低資本金の下限規制が撤廃され、資本金が1円でも株式会社が設立できるようになり、また一定の条件を満たせば取締役は1人でもよくなり、任期も10年まで延長できるようになりました。

中小企業にとって注目されるのが「会計参与」制度の創設です。会計参与とは経営者と一緒に決算書類や計算書類などをつくる役員で、公認会計士、監査法人、税理士、税理士法人など専門家しかなれません。任意の制度なので設置しなくても構いませんが、株主代表訴訟のリスクを背負って決算書などの作成に関与する会計参与がいれば、金融機関の信用力の審査などの面で高い評価が与えられると考えられます。

さらに新しい会社形態として合同会社(LLC=Limited Liability Company)などが認められるようになりました。LLCは何人か集まり共同で事業を起こしたり、個人の研究者や起業が共同研究したりする場合に適していると言われています。新会社法の施行をきっかけに、インターネットなど情報技術の急速な進歩を背景にして、小資本で専門的ノウハウを元手とするビジネスが続々と誕生することが期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

特別取締役
特別取締役とは、会社の重要な財産の処分や譲受、多額の借財などについて決定できる役職です。その決定は、取締役会決議と同等の効果を持つことができます。
社外監査役
公正な視点で会社の会計と業務が適正であるかどうか、調査をする役職で、社外の役員が担当します。取締役の違法行為で会社が著しい損害を受ける場合など、それを差し止める権限も持ちます。
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...

関連する記事

薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということにつ...
2006/02/06掲載キーパーソンが語る“人と組織”
組織変更、減資、機関設計、新株発行……、中小企業がとるべき「新会社法」への対応策
「新会社法」が中小企業に及ぼす影響、それに対する対応策などについて、ポイントを紹介しています。
2006/04/03掲載人事・労務関連コラム
起業経験を強みにできない人材、できる人材
グローバルな企業間競争を勝ち抜いていかなくてはならない現代。安定志向の強い社員はいらない、自分で起業するぐらいの経営者感覚を持った人材が欲しい、という企業は多いものの、「起業経験者は、チャンスがあればまた起業したいと思っているのではないか」という懸念も…。今回...
2011/11/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

二重出向 二重業務委託
新規支社立上げで 1.A会社出向 B会社受入 B会社からC会社へ業務委託として契約 2.A会社業務委託 B会社受入  B会社からC会社で業務委託契約 3.A会社業務委託契約 B会社受入 B会社からC会社へ出向契約 4.A会社出向契約  B会社受入  B会社からC会社へ出向契約 それぞれ、法的...
退職願の会社様式について
現在勤務する会社には会社様式の退職届があり、そこに転職先(会社名・住所)を明記するようになっています。同業他社に行く場合なども考えられるので会社として知りたいのはわかりますが、会社の書式に転職先を明記するよう義務づけることは問題ないのでしょうか?
会社出発帰着の出張時の労働時間
朝、会社に営業車をとりにきて出張に出かけ、夜、会社に営業車を置きに来たとして、その間の時間が通常の労働時間を超えた場合、みなし労働としてよいのか、残業代を払わなくてはならないのか、ご教示ください。 なお、会社の車庫に営業車を置くのは会社ルールです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

富士通が実践する「働き方改革」 シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。