企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アウティング アウティング

「アウティング」とは、本人が公にしていない「SOGI(性的指向や性自認)」を、承諾なしに第三者に公表してしまうことをいいます。SOGIは個人情報やプライバシーにあたります。それを周囲に公表するか否か、どの程度公表するかなどは本人だけが決めることができ、それを暴露する行為はプライバシー権の侵害と考えられます。当事者の悩みのレベルや考え方はそれぞれで異なり、オープンにしている人もいれば、深刻に悩んでいる人もいます。アウティングが原因で精神疾患になったり自殺に追い込まれたりするケースもあるため、アウティングは当事者を傷つける行為であることを、職場や学校で認識させていく必要があるでしょう。

アウティングのケーススタディ

「身近にいるかどうか」で、SOGIハラの認識に大きな差。
アウティングにより損害賠償責任を負う可能性も

SOGIをオープンにしているセクシュアルマイノリティはそれほど多くありません。職場でのカミングアウトを選んだとしても、必ずしも生きやすくなるわけではないからです。日本労働組合連合会(連合)が2016年に公表した「LGBTに関する職場の意識調査」によると、職場の上司・同僚・部下などがいわゆるレズビアン、ゲイ、バイセクシュアルだった場合にどのように感じるかという質問において、「嫌だ」「どちらかと言えば嫌だ」と回答した人は全体の35.0%でした。同じ質問をトランスジェンダーに置き換えた場合、「嫌だ」「どちらかと言えば嫌だ」と回答した人は26.3%でした。

もう一つ、興味深い項目があります。職場において、LGBTに関するハラスメントを受けたり見聞きしたりした経験がある人は、全体の22.9%。中でも「LGBTが身近にいる」という人がハラスメントを受けたり見聞きしたりした割合は57.4%で、「身近にいない人」の14.8%と比較すると、4倍近い人がハラスメントの存在を示唆しました。この結果から、LGBTが身近にいない人はSOGIに関するハラスメントへの感度が低く、無意識的に誰かを傷つけている(または傍観者となっている)可能性がうかがえます。

アウティングも、その一つ。非当事者にとっては他愛もない情報だったとしても、それが広まれば本人にとっては精神のみならず、生命をも脅かされるほどの一大事になりうるのです。法律的にも、アウティングはプライバシー権の侵害とみなされ、慰謝料などの損害賠償責任を負うことがあります。企業もアウティングをした人の使用者として、損害賠償責任を負う可能性があります。

企業は従業員に対し、働きやすい職場環境を保つよう配慮する義務があります。研修などで従業員の意識を高めるとともに、セクハラやSOGIハラを許さない意識をトップダウンで進めていくことが求められています。

・参考
LGBTに関する職場の意識調査(日本労働組合連合会)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

SOGI
「SOGI」は、セクシュアルオリエンテーションとジェンダーアイデンティティ(Sexual Orientation and Gender Identity)の頭文字をとった略語で、「性的指向と性自認」のことを指します。「ソジ」または「ソギ」と読むのが一般的です。性的指向とは、好きになる相手の性のこと。...
セカンドハラスメント
「セカンドハラスメント」とは、ハラスメントを受けた人が被害について周囲に告白あるいは相談した際、逆に嫌がらせを受けたり、かえって相談者の方が責められたりするなど、ハラスメントの二次被害にあうことをいいます。セカンドハラスメントは、問題を悪化・深刻化させるだけでなく、企業にとってはコンプライアンス違反...
LGBT
ダイバーシティに取り組む企業が増え、日本でも多様な価値観を尊重する意識が高まっています。多様な人材を雇用し、その能力を生かしていくには「目に見えない部分への配慮」も必要です。 ダイバーシティ推進のポイントの一つとなるのが「LGBT」への理解です。ここでは、LGBTの意味やセクシュアリティのさまざまな...

関連する記事

自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は、4.2%
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は4.2%。「そう思わない」(34.3%)、「どちらかというとそう思わない」(24.2%)を合わせると6割近くにのぼる。LGBTの従業員を支援する施策としては、「実施なし」が8割弱となった。
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第10回】 ハラスメントの起きない職場にするために管理職ができることは?
元部下からハラスメントの相談を受けた山下課長。身近に起きた出来事に「もしかしたら自分の部署でもハラスメントが起きているかも?」と不安を募らせます。考えてみると、ハラスメントが起きやすい職場の特徴に思い当たるフシが……。管理職として、ハラスメントが起きにくい職場...
2020/11/25掲載編集部注目レポート
いま求められる「ハラスメント対策」 ~人事部が果たすべき「役割」とは何か?
近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、なかなか改善の傾向は見られないようだ。そもそも「ハラスメントとは何か」について、現場がよく理解していない点が問題である。
2009/12/22掲載注目の記事

関連するQ&A

外国人の採用の際のハラスメントについて
外国人を採用する際、面接時に「帰化する気があるかどうか」を聞くのはハラスメント行為に当たりますでしょうか? また、外国人に対してのハラスメント行為になり得るような質問内容などがあれば教えていただけると大変助かります。
ハラスメント研修終了後の誓約書について
初めて社内で管理職を対象にハラスメント研修を実施いたしますが、研修終了後、「今回の研修内容について理解した」「ハラスメントは行わない」などの誓約書的なものを記入させたほうがよいでしょうか。 特にセクハラについては均等法で会社の対応が義務付けられているので、研修をやったという結果として何か残したほうが...
ハラスメント相談窓口の名称について
現在当社では、社内(人事)に専門窓口を設置する事が決定しており、その名称について考えております。全従業員1500以上に対して公開するにあたり、適切な名称が浮かばない為、他企業様ではどのような名称にしているか参考にしたいと考えております。(ハラスメント110番のようなものは避けたいと考えております) ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...