企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コウエキツウホウシャホゴホウ 公益通報者保護法

「公益通報者保護法」とは、事業者内部からの公益通報(いわゆる内部告発)を行った労働者を保護するための法律で、2004年6月に成立し、06年4月1日に施行されました。同法は、組織が内部告発者に対し、解雇や減給、その他不利益な取り扱いを与えることを禁止しています。労働法の一つと位置付けられ、保護対象となるのは労働者のみ。ただし現行法には罰則規定がないため、通報者の多くが組織から報復行為を受けるなど、不備を指摘する声も多く、法改正をめぐる議論が進められています。
(2016/4/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公益通報者保護法のケーススタディ

告発者の4割以上が報復行為を受けている
罰則なしで、訴えるだけ損な法律の不備

旧雪印食品の牛肉偽装事件、東京電力の原発トラブル隠し事件、三菱自動車のリコール隠し事件など、2000年代初頭に、国民生活の安心・安全を脅かすような企業不祥事が、相次いで明らかになりました。その契機となったのが企業内部からの公益通報、すなわち内部告発です。

企業不祥事による被害の拡大を防止するためには、通報行為自体が、正当な行為として認められ、企業による解雇などの不利益な取り扱いから守られていなければなりません。そこで、企業による法令違反行為を内部の労働者が通報した場合に、当該労働者を不利益な取り扱いから守ると同時に、企業のコンプライアンス経営を強化するために作られたのが「公益通報者保護法」です。同法の制定により、労働者が公益のために通報を行ったことを理由として、解雇など不利益な取り扱いを受けることがないよう、どこへ、どういう内容の通報を行えば保護されるのかという制度的なルールが明確化されました。

しかし勇気を出して不正を告発しても、報われるどころか、逆に報復攻撃を受けるケースも少なくないといいます。現在では年間約4000件もの内部告発が行われるようになりましたが、国の調査によると、そのうち4割超の人が解雇や嫌がらせなどの不利益を被っているのです。実際、こうした報復行為をめぐる労働紛争も絶えません。

原因は、「言うだけ無駄、訴えるだけ損」とまで言われる、公益通報者保護法の不備にあります。問題点は大きく三つ。一つ目は、保護の条件が労働者のみと限定的であることです。パワハラなどを受けて退職した後、告発を行った人に対して、行政が「告発時点で労働者ではない」という理由から、告発を受けつけなかった事例があります。二つ目は、報復行為への罰則がないこと。そして三つ目は、専門の行政機関がないことです。公益通報者保護法では、内部告発を行う窓口として、所属する組織の他に、行政機関と組織外部(報道機関等)も認めていますが、行政の場合、どこに通報すべき事案なのか、一般にはなかなか判断がつきません。一元的な窓口が設けられていないために、通報者が省庁間をたらい回しにされることが起こるのです。

先月、消費者庁の有識者検討会が、公益通報者保護制度の改正に向けた報告書をまとめました。告発・通報の受付窓口を消費者庁に一元化するとの方針は示されたものの、保護対象の拡大や罰則の導入については議論が尽くされず、結論は持ち越しとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

内部通報制度
「内部通報制度」とは、ある組織内で法令違反や不正行為といったコンプライアンス違反が発生したとき、またはその可能性があることを知ったときに、従業員が直接通報できる窓口を設けている制度のこと。組織によってその名称はさまざまで、「ホットライン」「ヘルプライン」「コンプライアンス相談室」などと呼ばれることも...
トライアル雇用
公共職業安定所の紹介により特定の労働者を、短期間(原則として3カ月)試行的に雇い、その間、企業と労働者が相互に適性を判断、両者が合意すれば本採用に移行する制度のことです。
コンプライアンス
英語ではcompliance、邦訳は「法令順守」です。ここ数年、企業不祥事が相次いだことから、企業が法令や社会規範などに違反しないシステムをしっかり整備し、社員や消費者、社会や株主などのステークホルダー(利害関係者)の立場に立って経営を行うことをコンプライアンスと総称するようになりました。

関連する記事

コンプライアンスと労働法~内部告発者の保護
さまざまな形で関わっている「コンプライアンス」と「労働法」――。第3回では、公益通報者保護法を中心とした従業員の内部告発保護のあり方について検討・紹介します。
2005/09/16掲載人事・労務関連コラム
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
コンプライアンスと労働法~企業・従業員とコンプライアンスの関係
さまざまな形で関わっている「コンプライアンス」と「労働法」――。第1回では、両者の基礎知識について紹介します。
2005/06/20掲載人事・労務関連コラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人事課題」への対応で求められるものとは?<br />
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

「人事課題」への対応で求められるものとは?
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

2005年にバンダイとナムコが経営統合を実現した後、バンダイナムコホー...


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...