企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カンセツサベツ 間接差別

男女で異なる取り扱いをする「直接差別」に対して、一見、性別に関係のない取り扱いであっても、運用した結果、男女のどちらかの性が不利益となる場合を言います。
(2005/10/17掲載)

間接差別のケーススタディ

家族手当てを世帯主にしか支給しない
そんな制度が男女差別になる可能性も

たとえば正社員とパートの賃金差は性の差別とは言えません。しかし男性は正社員、女性はパートという雇用管理の下では女性の賃金は低くなります。また「住宅手当ては世帯主のみ」という場合、世帯主は夫である場合がほとんどなので、女性には手当てが支給されないことになります。このように「間接差別」とは、表向きは性別に関係のない中立的な取り扱いであっても、結果として男女間に不均衡を生じさせる場合を言います。

男女雇用機会均等法(均等法)は男女間の直接差別を禁止していますが、間接差別については法律の規制は何もなく、その定義も明確にされていません。1997年の均等法の改正時に概念自体がはっきりしないとして先送りされた経緯があります。しかし2006年の均等法の再改正に向けて、厚生労働省の研究会は間接差別の禁止をはじめとする、男女の均等な取り扱いを図るための検討を重ね、2004年6月、結果を公表しました。

それによると、間接差別の可能性がある例として、(1)仕事と関係がないのに身長、体重、体力などを募集や採用の要件にする(2)全国転勤を総合職の募集、採用や昇進の要件にする(3)福利厚生の適用や家族手当てなどの支給を住民票上の世帯主に限る、など7項目をあげています。ただ、具体的に間接差別に当たるかどうかは、合理性・正当性があるかにより個別に判断する必要があるとしました。

欧米諸国では何らかのかたちで間接差別への規制を行っています。2003年には国連の女性差別撤廃委員会(OEDAW)から「間接差別禁止を法制化すべきだ」と日本政府に2度目の勧告がありました。「次の法改正でも間接差別の禁止が見送りになれば、日本は国際社会で信用されなくなる」との指摘も出ています。厚生労働省は近くパブリックコメントを募り、法制化に向けた論議をさらに深めていきたい意向のようです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

改正男女雇用機会均等法
職場や雇用関係において、男女ともに均等な機会を与え、平等を規定した法律です。2007年4月から施行されます。これまで課題とされていたことの多くが改正の対象となっています。
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
地域限定型採用
地域で募集・採用し、勤務してもらう採用方法のこと。昇進・昇給のスピードは遅くなりますが、転勤はありません。

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
あなどるなかれ。実は経験豊富な主婦パート
あなたの会社では自社のスタッフに何を求めているでしょうか。企業へのアンケート調査から浮かび上がったスタッフに求めるものから、パートのやる気や自主性を引き出す方法を探ります。
2014/07/28掲載新卒・パート/アルバイト調査
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載HRソリューションの傾向と選び方

関連するQ&A

正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
外国人採用の賃金
外国人を正社員採用する際、賃金形態は日本人正社員と基本的に同じにする必要が法律的にありますか?
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...