企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2019/06/13

【ヨミ】プロテウスコウカ プロテウス効果

「プロテウス効果」とは、オンラインのコミュニケーションにおける自分を表すキャラクターの見た目などが、そのユーザーの行動特性や外向性に影響を与えることをいいます。例えば、オンラインゲームのアバターとして屈強な肉体を持つキャラクターを操る人には、ゲーム内でより大胆に行動をしたり、強気に交渉をしたりといった変化が生まれることも。その行動特性の変化はオンライン上のみならず、実生活にも及ぶ可能性があることが、最近の研究からわかっています。

プロテウス効果のケーススタディ

プロテウス効果を実生活に活用?
他者理解や生産性向上に役立つ可能性

「プロテウス」は、ギリシア神話に出てくる海の神で、変幻自在に姿を変えられる力と予言力を持っています。オンライン上のキャラクターは状況に応じて思いのままに変えられることから、この現象にプロテウス効果という名称がつけられました。

いくつかの研究により、仮想空間内で使用するアバターを「自分の分身」と捉えている人は、その外見などによって自己の行動特性や外向性評価に変化が見られるプロテウス効果が観測されることが分かりました。一方、自分の分身と捉えなかった場合には、アバターの外見による行動の変化は見られなかったといいます。仮想の外見が変わるだけで、実際の行動も変化する。それが本当ならば、アバターを通じて他者の視点を経験することが、他者理解を促すきっかけになるかもしれません。

見た目を操ることで心の動きを変えるプロテウス効果は、身近な日常生活の中でも活用することができます。例えば始業前に「できる自分」のペルソナを眺めることで、発言に自信がつき、仕事も効率的に進めることができるのです。東京大学では、プロテウス効果が仕事のモチベーションアップや気持ちの切り替えに有効だという仮説のもと、タブレット端末で顔認証機能を用いる際、画面に映る自分の顔を「できる自分」に加工して表示するなど、ビジネスへの実用に向けた研究を行っています。

一方で、プロテウス効果には悪用リスクもあります。見た目によって心理状態をコントロールできるようになると、画面や鏡に映っている自分の表情が知らず知らずのうちに操作され、他者の思惑に沿った行動をしてしまう可能性もあるのです。実用化のためには、ユーザーの理解や社会の合意形成が必要になるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

3.モチベーション・組織活性化研修のプログラム例
モチベーション・組織活性化研修の中で、課題別(目的別)に行われているプログラム手法を紹介する。●新入社員の「早期離職」を防ぐ。●自分でモチベーションをコントルールする。●個人の「やる気」を支える多様なアプローチ。●部下の「モチベーション」を引き出す。●組織活性...
2013/01/09掲載よくわかる講座
1. モチベーション研修・組織活性化研修とは
「モチベーション」は一般的に、「やる気」や「動機づけ」と訳される。モチベーションが個人のアウトプットや生産性に大きく影響するが、個人の集まりである組織でも同様だ。では、一人ひとりのモチベーションを高め、組織を活性化させていくためには、どうすればいいのか。その考...
2013/01/09掲載よくわかる講座
4.モチベーション・組織活性化研修の企画・導入のポイント 
モチベーション研修、組織活性化研修を導入する際、最大限の効果を上げるために踏まえておきたい4つのポイントを解説。
2013/01/09掲載よくわかる講座

関連するQ&A

人事(行動)評価と懲戒処分について
当社の人事評価制度では、行動評価の対象範囲を、業務上の行動に限定し、業務外のプライベートな行動は評価対象外として整理していますが、業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で、就業規則に基づく懲戒処分を付した場合でも、その行為(事実)は当該年度の行動評価の対象として評価を行うべきなのでしょうか。
研修効果について
C000040で質問させて頂いた者です。 研修の永遠のテーマかも知れませんが、研修の効果測定方法についてお聞きしたいと思います。(ヒューマンスキル部分) 当社は研修の基盤が固まっていないため、トライアンドエラーを繰り返して、数年かけて体系を作っていくことになると思いますが、そのためには効果予測と測定...
行動指針の浸透
お世話になっております。 会社が成長する中で、企業理念を元にして新たな行動指針を策定して、昨年全従業員に向けてWorkshopを実施して展開を図りました。その後、評価項目の中にその行動指針からの具体的な行動目標を評価の一つに組み入れました。今後さらなる浸透の仕組みを考える必要があります。 例えば、行...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...