企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スイミンケンシュウ 睡眠研修

「睡眠研修」とは、健康経営の一環として、組織が従業員の睡眠の量や質を向上するために導入する研修のこと。従業員が十分な眠りを確保できなければ、就業中に睡魔に襲われたり、メンタル不調につながったりと、さまざまな面で悪影響を及ぼします。起こりうるリスクの回避とコスト削減、そして生産性向上につなげるため、研修を行って睡眠の改善を行う企業が増えているのです。(2019/2/14掲載)

睡眠研修のケーススタディ

生産性への影響も
企業が考えるべき従業員の「睡眠」

寝つきが悪い、睡眠時間が短い、昼夜逆転――ビジネスパーソンにとって睡眠に関する悩みは、労働と密接に関わっています。なぜなら、睡眠の量や質は、仕事の生産性に大きな影響を与えるからです。

睡眠の悩みは、大きく二つに分けられます。一つは、不眠や過眠といった睡眠障害によるもの。もう一つは、睡眠の習慣によるものです。前者は専門家による診断のもとで治療が必要ですが、後者は個人の意識によって改善することが可能です。企業が実施する睡眠研修は、主に後者の「習慣」の改善を目的として行われます。

スリープテック事業を展開する株式会社ニューロスペースが2019年1月に発表した調査によると、ビジネスパーソンのうち、自分の睡眠に「全く満足していない」「あまり満足していない」と回答した人の合計は74%にのぼりました。また、「毎日」仕事中に眠気を感じることがあると答えた人は15%で、「週に1~2回」以上眠気を感じる人の割合は76%。企業成長の観点においても、睡眠課題が大きな影響を及ぼすことがわかります。

では、どのような企業が実際に睡眠研修を導入しているのでしょうか。例えば、吉野家ホールディングス。24時間営業の飲食店の場合、従業員は不規則なシフトで勤務しなければなりません。昼に働くこともあれば、深夜に働くことも。こうした従業員に向けて、同社では睡眠データを分析し、生活習慣の改善方法などを指導しました。また、従業員を対象にした窓口「吉野家専用・睡眠相談窓口」を設け、睡眠の質向上を継続的に取り組める仕組みをつくっています。

また、2016年に睡眠研修を導入した株式会社ディー・エヌ・エーでは、研修を受講した人の66%が「睡眠が改善した」と回答しました。同社は睡眠だけでなく、食事や運動の観点からも健康経営を行っていますが、その中でも睡眠に関するセミナーは人気が高いといいます。睡眠の質を向上させ、個人にとっても組織にとっても良い状態をつくる睡眠研修は、今後さらに注目を集めそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...
組織の成功循環モデル
「組織の成功循環モデル」とは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程やしくみを明らかにしたものです。組織の成功循環モデルでは、成功や成果といった組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互...

関連する記事

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開 ~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力を高め、生産性を向上させることにもつながるのです。その手法の一つとして、眠り方を変えることの意義をア...
2019/01/08掲載注目の記事
5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代 働くひとのための「眠り方改革」とは
睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず、高いパフォーマンスを発揮するためには、睡眠が欠かせないからです。社員の睡眠対策に乗り出す企業も増えていますが、具体的に何をすればいいのでしょうか。また、実際にどのような効果を期待できるので...
2020/04/01掲載注目の記事

関連するQ&A

研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 福利厚生 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...