企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カイゴキバンジンザイカクホジョセイキン 介護基盤人材確保助成金

新しく介護分野で創業したり、異業種から介護分野に進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。少子高齢社会が進む中で、ますますニーズが高まり、注目を集めています。
(2005/8/8掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護基盤人材確保助成金のケーススタディ

最大850万円まで支給される助成金
要件的なハードルも意外と高くない?

介護分野における新規創業、異業種から介護分野への進出、介護関連の新サービスの提供などを行う事業主が増えてきました。それらに伴って、計画期間内にその事業に従事する特定労働者を新たに雇い入れた場合、また、特定労働者の雇い入れに伴って一般の労働者を新たに雇い入れた場合に、一定額の助成を受けることができる制度が、介護基盤人材確保助成金です。一定額というのは、その特定労働者および一般労働者の賃金相当額の一部、という意味です。

この助成金の対象となる事業は、介護保険対象サービスに限定されず、介護保険対象外サービスも含まれます。たとえば、介護を必要とする人に対する移送や配食、福祉用具の貸与や販売なども含まれることになり、介護サービスの質の改善や高付加価値化、支店開設などによる営業・販路の拡大なども新サービスに含まれます。

ここで言う「特定労働者」とは、(1)医師(2)看護師または准看護師(3)社会福祉士または介護福祉士、訪問介護員1級(=ホームヘルパー1級)の資格を持つ人で、1年以上の実務経験者を指します。また一般労働者とは、特定労働者の雇い入れに伴って新サービス部署に就労する人のことで、事務職などを含みます。

この助成金では、特定労働者については1人当たり1年間140万円が支給され、一般労働者については1人当たり30万円(短時間労働者については9万円)が支給されます。さらに、特定労働者について1企業当たり5人まで助成金が支給され、一般労働者についても1企業当たり特定労働者の雇い入れ数と同数まで助成金が支給されます。つまり、(特定労働者+一般労働者)×5組まで面倒を見てもらえるわけですから、最大850万円まで助成金が受給できることになります。これは雇用関係の助成金では中小企業基盤人材確保助成金と並んで最大の金額です。

この制度を利用するためには、創業または異業種に進出した日の6カ月前から1カ月前までに、(財)介護労働安定センターの都道府県支部宛てに改善計画を提出し、同時に、助成金申請計画を都道府県労働関係部局に提出して認定を受ける必要があります。

介護基盤人材確保助成金では、中小企業基盤人材確保助成金とは違って、雇い入れる人材の給与要件も、創業や異業種進出に係る経費支出要件もありませんから、要件的なハードルは高くありません。ただし、雇用保険を財源とする助成金の性格上、雇用保険の適用事業主であることや、計画提出日の6カ月前にさかのぼって事業主都合の離職者がないことなど、それなりの基礎的な条件があるので注意が必要です。

また、有限会社人事・労務の平井利宗・チーフ人事コンサルタントの話では、「申請先が介護労働安定センター、助成金の支給窓口がハローワークと別々になっている関係で、現場での対応が必ずしも同じではありません。また、改善計画が事前申請なので、人材採用予定と申請(計画書の提出)のタイミングを間違えないように、社会保険労務士とよく相談することをお勧めします」ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

助成金
新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。
中小企業基盤人材確保助成金
新しく会社を起こしたり、異業種へ進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。ハードルは高いけれども支給金額も大きい助成金なので、起業家には見逃せない制度と言えます。
特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)
60歳以上の人、身体障害者、知的障害者、母子家庭の母など、就業機会がとくに困難な人を雇用保険の一般被保険者として、ハローワークなどにより雇い入れた場合に支給される助成金です。

関連する記事

人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
勧告・指導、改善状況の実態は?労働基準監督署による企業監督事例(上)
労働基準監督署が実際に行った勧告や指導内容、改善状況を事例で紹介しています。
2007/01/05掲載人事・労務関連コラム
勧告・指導、改善状況の実態は?労働基準監督署による企業監督事例(下)
労働基準監督署が実際に行った勧告や指導内容、改善状況を事例で紹介しています。
2007/02/05掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
育児・介護関連助成金について
育児・介護についての質問をさせていただきます。 当社は資本金5億円、従業員2500名の事業体であり、中小企業に支給される助成金は申請対象外なのですが、当社の規模でも申請できる育児・介護に係る助成金はなにかありますでしょうか。
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...