企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
社会行政・法律2020/02/03

労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)12月分、2019年(令和元年)10~12月期平均及び2019年(令和元年)平均(速報)

総務省は、労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)12月分、2019年(令和元年)10~12月期平均及び2019年(令和元年)平均の結果を公表しました。


<労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)平均(速報)結果>

■結果の要約

  • 完全失業率は2.4%と,前年と同率。完全失業者数は162万人と4万人減少
  • 就業者数は6724万人と,前年に比べ60万人増加
  • 就業率は60.6%と,前年に比べ0.6ポイント上昇
  • 正規の職員・従業員数は3503万人と,前年に比べ18万人増加。非正規の職員・従業員数は2165万人と45万人増加
  • 非労働力人口は4197万人と,前年に比べ66万人減少


<労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)10~12月期平均(速報)結果>

■結果の要約

  • 10~12月期平均の地域別完全失業率を1年前と比べると,北海道,南関東,北関東・甲信,北陸,近畿,中国,九州及び沖縄で低下,東北,東海及び四国で上昇


<労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)12月分(2020年1月31日公表)>

■ポイント
(1) 就業者数,雇用者数
・就業者数は6737万人。前年同月に比べ81万人の増加。84か月連続の増加
・雇用者数は6043万人。前年同月に比べ80万人の増加。84か月連続の増加
(2) 完全失業者
・完全失業者数は145万人。前年同月に比べ14万人の減少。2か月連続の減少
(3) 完全失業率
・完全失業率(季節調整値)は2.2%。前月と同率

 

<連絡先>
統計局統計調査部労働力人口統計室
審査発表第一係・就業動向指標第一係
担当:課長補佐 関野
    審査発表第一係長 大島
電話:03-5273-1162
FAX :03-5273-1184
E-mail:l-shinsa1@soumu.go.jp

 

◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(総務省 / 1月31日発表・報道発表より転載)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会