企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴウリテキハイリョ 合理的配慮

「合理的配慮」とは、障害のある人たちの人権が障害のない人たちと同じように保障され、教育、就業、その他社会生活において平等に機会を得て参加できるよう、社会的障壁を取り除くための配慮のこと。2016年4月に施行された「障害者差別解消法」により、過度な負担になりすぎない範囲で合理的配慮を行うことが、行政・学校・起業などの事業者に求められるようになりました。障害の程度や内容によっても必要なサポートは異なるため、当事者を交えて話し合い、共に認識を深めることが大切です。
(2018/10/10掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合理的配慮のケーススタディ

合理的配慮とは、お互いにとって
過ごしやすい環境を作っていくこと

身体が不自由な人、病気の治療をしている人、発達障害を抱えた人など、何かしらの困難を抱えた人にとって、社会生活を営むことは簡単ではありません。しかし、周囲の環境を整えたりサポートしたりすることで、これまでできなかったことができるようになることがあります。心身の症状や特徴的な個性によって社会との壁を感じてしまっている人でも、障害のない人と同じように社会活動に参加し、自分らしく生きていく権利があります。個別に必要な調整を行うことが、一人の人生を後押しするのです。

それでは、障害や困難を抱えた人を採用する事業者は、どのようなプロセスで合意的配慮を実施すればよいのでしょうか。合理的配慮が「困難に応じた個別の調整」であるという特性上、事業者に具体的に指示されている支援策は特にありません。そのため、何より大切なのは、当事者や保護者との対話と合意形成。当事者と事業者、お互いにとって過ごしやすい環境を作っていくにはどうしたらよいかという発想で、どちらか一方が要求を押し付けるのではなく、互いの歩み寄りが必要です。

具体的には、次のようなプロセスで合意形成を目指していきます。まずは、相談のフェーズ。当事者や保護者から、必要な配慮に関する意思表明を受け取ります。それを踏まえて事業者側がどのような配慮ができるかを検討し、当事者側と話し合いを設けることが次のステップです。そしてお互いの「できること」を考慮しながら実施しますが、ここで終わってしまってはいけません。大切なのはその後の見直し・改善です。実施内容の合意に至った後でも、運用をしてみた後で不都合が見つかることもあります。定期的に内容を見直すことで、当事者のQOLの向上と事業者の職場環境の向上につなげることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

大人の発達障害
発達障害は、脳機能の発達の偏りに起因する先天的な疾患。乳幼児から18歳未満までの発達期に判明することが多いため、従来は子どもに特有の障害と考えられがちでしたが、近年は大人になるまで障害と気づかずに見過ごされ、社会へ出てから、仕事や対人関係に対応しきれなくなって初めて認識するケースが増えています。これ...
労働安全衛生法
企業には労働者の安全と健康を守る義務があり、この指針となるのが「労働安全衛生法」です。産業用機械やロボットの導入、AIなどのテクノロジーの進化による作業体制の変化、また、労働者の疲労やストレスへの対応など、快適な職場環境を整えるうえで企業が講ずるべき対策も時代とともに変わりつつあります。事業者は労働...
看護休暇
ケガをしたり病気にかかったりした子供の世話を行う労働者に対して与えられる休暇。小学校就学前の子供がいれば、年次有給休暇とは別に年5日間休めます。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第113回 「ストレスチェック」が義務化されて3年が経過 従業員のストレスへの気づきや対処の支援、職場環境の改善はどう進んだのか?【前編】
2015年12月に「労働安全衛生法」の一部が改正、「ストレスチェック」「面接指導」の実施などを義務付ける「ストレスチェック制度」が導入された。制度導入から3年以上経過した現在、制度の主目的である従業員のストレスの気づきや対処への支援、職場環境改善などはどのよう...
2019/10/03掲載人事マネジメント解体新書
診断書の情報だけで判断してはいけない! 精神科産業医が教える職場でみられる「うつ」の困難事例における具体的対応
うつ病の方へは、古くから「励ましはダメ」「頑張らせてはいけない」という対応が望ましいとされてきました。しかし、近年ではそのような対応をしてもうまくいかない事例が増え、職場においてさらなる混乱を招いています。この背景には、「うつ」と「うつ病」とが混同されているこ...
2014/05/19掲載人事・労務関連コラム
外部機関との連携がポイント!ケーススタディ ハラスメント相談と発達障害
昨今、ハラスメント相談の当事者のいずれかに「発達障害や発達障害傾向」が見られるケースが増加しています。その場合、一般的な措置では問題が終息しないケースが多くあります。では、どういった対応をすれば良いのでしょうか。医療機関や外部社会資源との連携を含め、具体的な事...
2018/05/17掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

障害者採用について
雇用率向上のために、障害者採用を積極的に開始したところです。 これまで採用の実績があまりないものですから、 障害者採用の面接にあたり、注意すべき点、配慮すべき点などありましたら事前にぜひお教えいただきたいと思います。 漠然とした質問申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
障害年金と労災補償年金について
以下、教えていただけますでしょうか。 例えば、業務中に怪我をして、障害者手帳をもらった者がいるとします。 この場合に以下、教えていただけますでしょうか。 ①そもそも障害の等級については、障害年金に含まれる等級毎の障害の内容と労災補償年金に含まれる等級毎の障害の内容は相互にリンクしている(双方の等...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...