企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴウリテキハイリョ 合理的配慮

「合理的配慮」とは、障害のある人たちの人権が障害のない人たちと同じように保障され、教育、就業、その他社会生活において平等に機会を得て参加できるよう、社会的障壁を取り除くための配慮のこと。2016年4月に施行された「障害者差別解消法」により、過度な負担になりすぎない範囲で合理的配慮を行うことが、行政・学校・起業などの事業者に求められるようになりました。障害の程度や内容によっても必要なサポートは異なるため、当事者を交えて話し合い、共に認識を深めることが大切です。
(2018/10/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合理的配慮のケーススタディ

合理的配慮とは、お互いにとって
過ごしやすい環境を作っていくこと

身体が不自由な人、病気の治療をしている人、発達障害を抱えた人など、何かしらの困難を抱えた人にとって、社会生活を営むことは簡単ではありません。しかし、周囲の環境を整えたりサポートしたりすることで、これまでできなかったことができるようになることがあります。心身の症状や特徴的な個性によって社会との壁を感じてしまっている人でも、障害のない人と同じように社会活動に参加し、自分らしく生きていく権利があります。個別に必要な調整を行うことが、一人の人生を後押しするのです。

それでは、障害や困難を抱えた人を採用する事業者は、どのようなプロセスで合意的配慮を実施すればよいのでしょうか。合理的配慮が「困難に応じた個別の調整」であるという特性上、事業者に具体的に指示されている支援策は特にありません。そのため、何より大切なのは、当事者や保護者との対話と合意形成。当事者と事業者、お互いにとって過ごしやすい環境を作っていくにはどうしたらよいかという発想で、どちらか一方が要求を押し付けるのではなく、互いの歩み寄りが必要です。

具体的には、次のようなプロセスで合意形成を目指していきます。まずは、相談のフェーズ。当事者や保護者から、必要な配慮に関する意思表明を受け取ります。それを踏まえて事業者側がどのような配慮ができるかを検討し、当事者側と話し合いを設けることが次のステップです。そしてお互いの「できること」を考慮しながら実施しますが、ここで終わってしまってはいけません。大切なのはその後の見直し・改善です。実施内容の合意に至った後でも、運用をしてみた後で不都合が見つかることもあります。定期的に内容を見直すことで、当事者のQOLの向上と事業者の職場環境の向上につなげることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

大人の発達障害
発達障害は、脳機能の発達の偏りに起因する先天的な疾患。乳幼児から18歳未満までの発達期に判明することが多いため、従来は子どもに特有の障害と考えられがちでしたが、近年は大人になるまで障害と気づかずに見過ごされ、社会へ出てから、仕事や対人関係に対応しきれなくなって初めて認識するケースが増えています。これ...
ラインケア
「ラインケア」とは、企業などの職場のメンタルヘルス対策において、部長・課長などの管理監督者が直属の部下にあたる労働者へ、個別の指導・相談や職場環境改善を行う取り組みのことです。組織内で指示命令を出す相手=部下を持つ管理監督者は、部下の状況を日常的に把握し、具体的なストレス要因の評価やその改善を図るこ...
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...

関連する記事

岩本友規さん: 大人の発達障害だからこそ“天職”に巡りあえた!! 働きづらさを働く喜びに変える、特性の活かし方とは(前編)
現在、データ分析のプロフェッショナルとして活躍する岩本友規さんは、15~16人に1人とも言われている「大人の発達障害」の当事者です。発達障害の人は、仕事や人との関係に上手く対応できず、うつ病などの二次障害に苦しむ人も少なくありません。当事者はどのような生きづら...
2017/01/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
外部機関との連携がポイント!ケーススタディ ハラスメント相談と発達障害
昨今、ハラスメント相談の当事者のいずれかに「発達障害や発達障害傾向」が見られるケースが増加しています。その場合、一般的な措置では問題が終息しないケースが多くあります。では、どういった対応をすれば良いのでしょうか。医療機関や外部社会資源との連携を含め、具体的な事...
2018/05/17掲載人事・労務関連コラム
診断書の情報だけで判断してはいけない! 精神科産業医が教える職場でみられる「うつ」の困難事例における具体的対応
うつ病の方へは、古くから「励ましはダメ」「頑張らせてはいけない」という対応が望ましいとされてきました。しかし、近年ではそのような対応をしてもうまくいかない事例が増え、職場においてさらなる混乱を招いています。この背景には、「うつ」と「うつ病」とが混同されているこ...
2014/05/19掲載人事・労務関連コラム
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...