企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クラウドファンディング クラウドファンディング

「クラウドファンディング」とは、インターネットを通じて不特定多数の人が、特定の組織や個人に対して資金の提供や協力を行うことをいいます。群衆を表す「クラウド(crowd)」と資金調達の「ファンディング(funding)」を掛け合わせた造語です。これまで事業などを始める際は、銀行からの融資や自治体からの補助金で資金をまかなう方法が主流でしたが、新たな資金調達の仕組みとして注目されています。
(2018/8/23掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドファンディングのケーススタディ

資金調達だけじゃない?
クラウドファンディングがもたらすマーケティング効果

クラウドファンディングの種類は、購入型、寄付型、投資型の大きく三つに分けられます。
このうち主流となっているのが、商品・サービスに対して先払いで金銭を支払い、支援する「購入型」の仕組みです。支援者は、そのリターンとして実際に商品やサービスを受け取ることができます。

クラウドファンディングによって手軽に資金調達ができるようになったことで、志はありながらも資金を持たない人たちが挑戦できる土壌ができました。近年では、世の流行の一端をクラウドファンディングが担っていると言っても過言ではありません。

例えば、映画『この世界の片隅に』や『カメラを止めるな!』は、クラウドファンディングで調達された資金によって制作されました。どちらもローカル劇場からスタートし、口コミでじわじわと人気が出たことで反響が広がった作品です。支援者は自分も制作サイドの一員のような気分になり、人に伝えたくなるという宣伝効果も発揮されました。

クラウドファンディングのメリットは、資金調達ができることだけではありません。一般の人からの反響を見ることで、マーケティングに役立てることができるのです。本来、新しい商品やサービスをつくるときは、綿密な市場調査やテストマーケティングを行う必要があり、時間や費用がかかっていました。しかし、クラウドファンディングを使えば、製品化する前の段階で世の中に必要とされるものかどうかを問うことができます。こうした目的から、大手企業などでも、クラウドファンディングを活用する事例が増えています。

実行者の思いに共感して資金が集まるクラウドファンディングでは、実行者は融資先からの圧力や費用対効果を気にしすぎることなく、純粋にプロジェクトに打ち込むことができます。実行者の「好き」を追求したものだからこそ、強く濃いファンも増えているのでしょう。未来のアイデアやデザイン、技術の可能性を大きく広げるクラウドファンディングは、今後さらに拡大しそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...