無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】サンギョウカウンセラー 産業カウンセラー

「産業カウンセラー」とは、心理学的手法を用いて、働く人たちが抱える問題を自らの力で解決できるように支援することを業務とする、民間資格とその有資格者のことをいいます。2001年までは旧労働省が認定する公的資格でしたが、現在は一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格となっています。産業カウンセラーは、職業名ではなく資格名。企業内での従業員の支援がベースとなるため、企業経営者や人事労務担当者など、心理カウンセラー以外の方が取得するケースが多いことが特徴です。
(2018/4/11掲載)

産業カウンセラーのケーススタディ

健康経営やESで注目の産業カウンセラー
実は難しい「傾聴」の姿勢

産業カウンセラーになるため、社会人を中心として年間約3,000人もの人が、資格試験に向けた学習に取り組んでいます。その中には経営者や人事など、社員のメンタルヘルスケアやES(従業員満足度)などに関心の高い職種に携わる人たちも多いようです。臨床心理士や公認心理師と比べると、受験資格のハードルがさほど高くないということも人気の理由の一つでしょう。これまでに、全国で6万人を超える人々が資格を取得しています。

カウンセリングにおいて最も重要とされるのが「傾聴」です。「話を聴く」というと誰でもできる技能のように思われがちですが、「本当に耳を傾ける」ことは決して簡単ではありません。相談を受けているうちに、「今の話は矛盾していないか」「こうした方がうまくいくのに」などと、自分の中にアイデアが生まれてくるのは自然なこと。しかし、傾聴においては自分の考えを伝える前にまずは相手の思いを十分聴くことが重要です。安心して何でも話せる状態を作ることが、最後には問題解決へとつながっていくからです。

また、産業カウンセラーの資格を習得することで得られた知識や技能は、他の領域でも生かすことができます。特に「傾聴」は、キャリアカウンセリングやコーチングといった隣接する分野においても、基本技能となります。

産業カウンセラーの受検資格を得るには、二つの方法があります。一つは、大学院で所定の単位を取得し、所定の専攻を修了すること。もう一つは、日本産業カウンセラー協会が運営する産業カウンセラー養成講座を修了することです。いずれかを修了してはじめて、年1回(2019年度からは年2回)の産業カウンセラー試験を受検することができます。

ただし、既存の社員に企業内カウンセラーとして活躍してもらおうと考えているなら、注意が必要です。同じ企業に勤めていることで、何らかの人間関係や利害関係が既に構築されていると、その関係性がカウンセリングに影響を及ぼす「多重関係」に陥ってしまうからです。カウンセリングには、第三者性や外部性を確保する必要があることを忘れてはなりません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード