企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジコホウシバイアス 自己奉仕バイアス

「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌いだから」と考えるようなケースです。「自己奉仕バイアス」は成功時に自信につながるというプラス面がありますが、失敗時には外部の失敗要因ばかりを集めてしまい、自省ができずに同じような失敗を繰り返す、といったマイナス面もあります。
(2017/10/11掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己奉仕バイアスのケーススタディ

自尊心を保ちたいという自己保身のあらわれ
抜け出す方法は俯瞰の視点を持つこと

バイアス(bias)とは偏り、偏見、傾向、斜めということであり、先入観という意味で使われています。人はさまざまなことを記憶し、知識としていく中で、先入観があると、偏ったものの見方となり、物事を正しくありのままにとらえることができなくなってしまいます。人にはいくつものバイアスがあり、各々は独立したものではなく、互いに関係し合っています。

例えば、「自己奉仕バイアス」には「確証バイアス」が関係しています。これは一つの思い込みがあると、それを支持するような情報ばかりが目について、最初の思い込みをより強化してしまう、というバイアスです。このようにバイアスには、どんどん加速してしまう側面があります。

では「自己奉仕バイアス」が生まれてくる背景には何があるのでしょうか。そこには、自尊心を保ちたい、自分の気持ちをポジティブに保ちたい、また、他人から自分がどう見られているかをコントロールしたい、といった気持ちがあると言われています。つまり「自己奉仕バイアス」は人として非常に根源的なバイアスであり、抜け出すことは簡単ではありません。

上司と部下の関係にも「自己奉仕バイアス」が見られます。目標管理において、上司は部下に原因を求めようとする傾向があるのに対し、部下は顧客や同僚、上司といった自分以外の人を原因にしようとします。

本人は意識していなくても、「自己奉仕バイアス」に捉われていることがよくありますが、防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。まずは、バイアスという存在を自ら認識し、普段から自分の主張を疑う姿勢を持っておくこと。そして、相手の視点に立ち、自分の主張を検証すること。さらには、自分の主張にどのような弱点があるのかを考えてみること。このような複数の視点を自分の中に持つことで、バイアスは解消しやすくなります。

仕事ができる人ほど「自己奉仕バイアス」とは逆で、「良い結果が出たのは周囲のおかげだ」と考える傾向があります。バイアス克服には、いかに自分を俯瞰できるか、また、バイアスさえも俯瞰できるかが問われるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...

関連する記事

小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
転職と人脈
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密な...
2015/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
宮城まり子さん 社員が笑顔で、生き生きと働くための「キャリアカウンセリング」
コミュニケーション不全に陥っている職場や個人に対して、どのように支援していけばいいのか──。今回は臨床心理士として、またカウンセラーとしても豊富な経験を持つ、法政大学キャリアデザイン学部教授の宮城まり子先生に、社員が生き生きと働くためにどのようなアプローチが有...
2009/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

賃金台帳について
社員から自分自身の過去支払われた賃金を月ベースで見せてほしいという要求がありました。当然要求に答えるべきですか?よろしくお願いします。
産前産後休暇中の賃金について
産前産後休暇中の賃金支給について教えて下さい。 自分が過去に在籍した会社も含め、一般的には無給としている企業が多いように思います。 ただ実態はどうなっているのでしょうか? そもそも他社がどうしているかではなく、自分の会社はどうするという考え方で良いと思いますし、時代の流れから行けば、有給にすることが...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事制度 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...