無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】タチカイギ 立ち会議

「立ち会議」とは、文字どおり、参加者が立って行う短時間の会議や打ち合わせのこと。「スタンディング会議」「スタンドアップ・ミーティング」とも呼ばれます。あらかじめ会議室などを確保してメンバーを招集するやり方ではなく、必要な関係者が必要に応じてオフィスの一角に集まり、起立したまま時間を区切って、必要な要件についてのみ情報の伝達・共有、相談、意思決定などを図るのが特徴です。立つことでメンバー個々の集中力が高まり、より短時間でよりよい結論を得ようと意見交換も活性化。ムダな会議を減らし、生産性向上が期待できることから導入する企業が増えています。
(2017/4/28掲載)

立ち会議のケーススタディ

「内職している人が4割」が日本の会議の現実
“立つ”ことで生産性向上、働き方にも変化が

企業や組織で働く人にとって、避けて通れないのが会議です。会議の流れや雰囲気に、その組織における仕事の進め方や従業員の働き方の問題点が表れていることが少なくありません。最たるものが生産性の問題でしょう。時間が長い割に内容が乏しいなど、会議の生産性が低い組織は、その職場自体の生産性も低い。そもそも会議ばかりが続いて社員の仕事の流れを中断させたり、貴重な時間を奪ったりすること自体が生産性向上のネックになっているケースもよくあります。

2012年10月にNTTデータ経営研究所が発表した「会議の革新とワークスタイル」に関する調査によると、会社で開かれる会議の業務全体に占める割合は15.4%。仕事全体の約7分の1が会議に費やされているという結果でした。これは、1年のうち2ヵ月近くも会議をしている計算になります。企業規模が大きくなるほど、会議の占める割合が高くなる傾向にあり、500人以上の企業では16%を超えていました。

いかに会議が業務活動の多くを占めていたとしても、相応の成果がともなっていれば、一概に否定されるものではありません。ところが、同調査で「会議についていつも感じている問題・課題」についてたずねてみると、「会議の時間が長い」(44.1%)や「会議の頻度が多い」(36.7%)を抑えてトップだった回答は、「ムダな会議が多い」(45.0%)でした。また、会議が会社の価値創造(仕事の生産性向上、イノベーションの創出など)に 貢献していると思うかという問いに対しては、「あまりそうは思わない」「全くそう思わない」が合せて66.9%に達しています。そうした“日本の会議”の残念な実態を何よりよく表している数字は、「会議中に内職をしている」(41.7%)かもしれません。

じっくり時間をかけないとよいものはできないと思いがちですが、ダラダラと無意味に長く話し合っても、かえって判断力を鈍らせてしまうだけでしょう。そこで、ゆるんだ雰囲気を引き締め、必要な会議を短時間で効率よく進めるために有効とされている手法が、参加者が起立して行う「立ち会議」です。立ったままだと足が疲れて辛いので、早く終わらせようとして、メンバーの集中力や参加意識が自然とアップ。眠くなることもなければ、内職にいそしむ余裕もありません。導入する企業も増えており、キヤノン電子は10年以上前から、アイリスオーヤマでは20年以上も前から打ち合わせは立って行うのが当たり前になっているそうです。

同様の会議のスタイルに「ハドル会議」「スクラム会議」と呼ばれるものがあります。ハドル(huddle)とは、アメリカンフットボールの選手が試合中に円陣を組んで行なう短時間の作戦会議を指す言葉で、こちらは立って行うか否かより、問題発生時など必要なときに少人数がさっと集まり、短時間で結論を出す機動性が重視されます。何日も前から会議室をおさえ、参加者全員のスケジュールを調整した上でないと、会議のひとつも開けないようでは、変化の激しい不確実なビジネス環境に対応することは難しいでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「立ち会議」に関する記事

「立ち会議」に関する人事のQ&A

問題社員の業務の引継ぎについて

経理担当の職員の扱いについて大変苦労しています。当該社員は経理業務に精通し、人一倍働く半面独善的で部下への業務引継ぎも行わず、業務を自分一人で抱え込む傾向が強く、上司の指示も聞かないという状況にありま...

no_nameさん
東京都/ その他業種(従業員数 101~300人)
2021/06/07 10:33 ID:QA-0104204 人事管理 回答終了回答数 4 件