企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワークライフマネジメント ワークライフマネジメント

「ワークライフマネジメント」とは、社員一人ひとりがより付加価値の高いアウトプットを出し続けるために、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の時間配分だけを意識するのではなく、ライフステージに応じて、双方の充実を自ら積極的にマネジメントし、相乗効果を発揮することを言います。“仕事と生活の調和”を意味する、従来の「ワークライフバランス」(WLB)と基本思想は共通していますが、バランスという表現を使うと、単なる時間の割り振りといった意味合いに矮小化されやすく、“仕事も生活もほどほどでいい”“両立するために仕事のウエートを下げて生活に傾けていい”などの誤解を招くケースも多いため、WLBを経営や事業の視点からとらえ直した「ワークライフマネジメント」を掲げる企業が増えてきているのです。
(2017/1/10掲載)

ワークライフマネジメントのケーススタディ

「ワークもライフもほどほどに」の誤解を払拭
限られた労働力で付加価値を高める働き方改革

「仕事と生活の調和」を意味するワークライフバランスという言葉そのものは広く一般に普及、定着した感がありますが、一方で、その基本思想は必ずしもまだ十分に共有されておらず、日本の社会においては成熟した概念になりきれていないと言う人も少なくありません。ワークライフバランスという言葉からイメージするものが人によってバラバラで、女性活躍推進や子育て支援の問題のみに矮小化されやすい傾向や「ワークもライフもほどほどに」といった誤ったニュアンスが、依然として払拭されていないのも事実です。

労働力人口が減少するかたわら、家事・育児や介護、自己啓発などの理由により時間の制約を受け、持ち時間の100%を仕事に振り分けることのできない働き手が、女性だけでなく、男性社員やマネジメント層の中にも増えています。さらに事業の視点からみると、グローバル競争の激化や顧客ニーズの高度化・多様化・複雑化といった厳しい環境下で、企業としての競争力を維持・向上していくためには、変化に迅速かつ柔軟に対応し、より付加価値の高い商品やサービスを提供し続けるほかありません。つまり、企業としては、労働力に制約が増す中でこれまで以上の成果を求められるわけですから、社員一人ひとりに対しても、限られた時間内により付加価値の高いアウトプットを出すための、効率的な働き方への改革を求めていくべきなのは当然でしょう。

そうした働き方改革は決して子育て中の女性社員だけのテーマではなく、ましてや「仕事も生活もほどほどでいい」「仕事のウエートを下げて、生活に傾けていい」というような甘い発想が通じる問題でもありません。だからこそ、誤解が生じやすいワークライフバランスの表現をあえて避け、「ワークライフマネジメント」を、経営に直結する人事戦略として提唱する企業が増えているのです。

ワークとライフを別個にトレードオフの関係として捉えるのではなく、業務の効率化やメリハリのある働き方で仕事の生産性を高めるとともに、創出された時間で仕事以外での生活を充実させ、そこから得られる充足感や多様なインプットをエネルギー源に、さらに付加価値の高いアウトプットを発揮する――そうした好循環の実現こそが「ワークライフマネジメント」の狙いであり、そのために他の誰でもない、働き手自身が自らのワークとライフを積極的にマネジメントすることが求められているのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...
ボスマネジメント
「ボスマネジメント」とは、ボスをマネジメントすること、つまり組織における一般的なマネジメントの概念とは逆に、部下が仕事の目的を達成するために上司を動かす、という考え方を表す言葉です。部下が上司に対し能動的かつ戦略的に働き掛けることで、自らが仕事を進めやすいように上司をうまくコントロールしたり、相手か...
ジョブ・クラフティング
「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で...

関連する記事

【生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc 】 “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、...
2013/11/18掲載人事・労務関連コラム
ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
試用期間が無い場合の解雇について
いつも貴重なご意見をありがとうございます。 さて、先日弊社で雇用した従業員について、解雇していいかどうかをお聞きしたく、ご質問させて 頂きます。 その従業員は、面接時に仕事内容を説明し、それが出来るということで採用しました。 ところが、その仕事が全くできず、当初とは違う仕事に変わってもらいました...
妊娠中の社員の扱いについて
妊娠が発覚した社員について、ご相談させて頂きます。 弊社の社員に妊娠が発覚し、その社員は産休・育休を希望していますので、現在は体調を見ながら通常勤務をしてもらっている状態です。 その社員の体調面や妊娠中の子供のことも考え、本人に現状担っている仕事の中でできる仕事とできない仕事を仕分けしてもらい、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...