無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ワークライフマネジメント ワークライフマネジメント

「ワークライフマネジメント」とは、社員一人ひとりがより付加価値の高いアウトプットを出し続けるために、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の時間配分だけを意識するのではなく、ライフステージに応じて、双方の充実を自ら積極的にマネジメントし、相乗効果を発揮することを言います。“仕事と生活の調和”を意味する、従来の「ワークライフバランス」(WLB)と基本思想は共通していますが、バランスという表現を使うと、単なる時間の割り振りといった意味合いに矮小化されやすく、“仕事も生活もほどほどでいい”“両立するために仕事のウエートを下げて生活に傾けていい”などの誤解を招くケースも多いため、WLBを経営や事業の視点からとらえ直した「ワークライフマネジメント」を掲げる企業が増えてきているのです。
(2017/1/10掲載)

ワークライフマネジメントのケーススタディ

「ワークもライフもほどほどに」の誤解を払拭
限られた労働力で付加価値を高める働き方改革

「仕事と生活の調和」を意味するワークライフバランスという言葉そのものは広く一般に普及、定着した感がありますが、一方で、その基本思想は必ずしもまだ十分に共有されておらず、日本の社会においては成熟した概念になりきれていないと言う人も少なくありません。ワークライフバランスという言葉からイメージするものが人によってバラバラで、女性活躍推進や子育て支援の問題のみに矮小化されやすい傾向や「ワークもライフもほどほどに」といった誤ったニュアンスが、依然として払拭されていないのも事実です。

労働力人口が減少するかたわら、家事・育児や介護、自己啓発などの理由により時間の制約を受け、持ち時間の100%を仕事に振り分けることのできない働き手が、女性だけでなく、男性社員やマネジメント層の中にも増えています。さらに事業の視点からみると、グローバル競争の激化や顧客ニーズの高度化・多様化・複雑化といった厳しい環境下で、企業としての競争力を維持・向上していくためには、変化に迅速かつ柔軟に対応し、より付加価値の高い商品やサービスを提供し続けるほかありません。つまり、企業としては、労働力に制約が増す中でこれまで以上の成果を求められるわけですから、社員一人ひとりに対しても、限られた時間内により付加価値の高いアウトプットを出すための、効率的な働き方への改革を求めていくべきなのは当然でしょう。

そうした働き方改革は決して子育て中の女性社員だけのテーマではなく、ましてや「仕事も生活もほどほどでいい」「仕事のウエートを下げて、生活に傾けていい」というような甘い発想が通じる問題でもありません。だからこそ、誤解が生じやすいワークライフバランスの表現をあえて避け、「ワークライフマネジメント」を、経営に直結する人事戦略として提唱する企業が増えているのです。

ワークとライフを別個にトレードオフの関係として捉えるのではなく、業務の効率化やメリハリのある働き方で仕事の生産性を高めるとともに、創出された時間で仕事以外での生活を充実させ、そこから得られる充足感や多様なインプットをエネルギー源に、さらに付加価値の高いアウトプットを発揮する――そうした好循環の実現こそが「ワークライフマネジメント」の狙いであり、そのために他の誰でもない、働き手自身が自らのワークとライフを積極的にマネジメントすることが求められているのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード