企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ブーカ VUCA

「VUCA」とは、Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)の頭文字をつなぎ合わせた造語で、これら四つの要因により、現在の社会経済環境がきわめて予測困難な状況に直面しているという時代認識を表す言葉です。もともとは1990年代のアメリカで冷戦終結後の複雑化した国際情勢を意味する軍事用語として使われ始め、2010年代には経営やマネジメントの文脈においてもとりあげられるようになりました。今年1月に各国の要人を集めて開催された世界経済フォーラム(通称ダボス会議)でも、世界の現状を指す「VUCAワールド」というキーワードが盛んに使われました。想定外の事象が次々と発生するVUCAの時代を、個人と組織が生き抜くための人材論・組織論にも注目が集まっています。

VUCAのケーススタディ

意思決定にAI導入 スピード経営で生き残り
“想定外を想定”するマインドが人と組織を強化

日立製作所では、2、3年後の実用化をめどに、企業の経営判断などの意思決定をアシストするAI(人工知能)システムの開発を進めています。例えば「東南アジア市場に参入すべきか」といった質問を入力すると、システムが約1000万件の関連情報を自動で収集・解析し、最も成功確率の高い解とその根拠を導き出してくれます。その間、なんと約80秒。CEOや経営陣が果たす機能の多くを、人工知能が代替できるようになる時代は目前に迫っているのかもしれません。

実際、先進企業ではすでに、経営判断とまではいかないまでも、現場レベルのさまざまな意思決定をAIに任せようという動きが進んでいます。その背景の一つとして注目されるのが、「VUCA」の時代の到来です。

突発的な変動(Volatility)が多く、不確実(Uncertainty)で、複雑(Complexity)かつ曖昧(Ambiguity)なVUCAの時代には、入念にシミュレーションしても、想定を超える事態が次々と発生します。環境変化は予測不能であり、企業も個人も、臨機応変に対応することしかできません。

だからこそ、求められるのは“即断即決”。先入観も思い込みもないAIを使って、客観的な意思決定を自動化することができれば、VUCAなビジネス環境に適応するための有力なツールとなることは間違いないでしょう。現場レベルの判断一つひとつに、従来型の合議制で時間を費やしている余裕はないのですから。

検討に検討を重ねるのではなく、アイデアがあれば即実行。見込みがあれば突き進み、なければ朝令暮改で撤退する──。VUCAの時代を生き残れるのは、そうしたスピード経営を極めた企業だけであるとする識者は少なくありません。

即断即決型の強い組織を構築するためには、自分で考えて行動する主体性や自律性、変化を恐れず、むしろ変化を楽しみ、新しい挑戦と捉えられる好奇心やチャレンジ精神の旺盛な人材が求められます。

また、テロや災害、海外の政情不安など、予期せぬ事件・事故も「起こって当然」と考え、そうした環境要因を、決して失敗や対応の遅れの言い訳にしない。“想定外を想定する”心構えこそ、VUCA時代の人と組織に必須のマインドと言えるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ゴーストワーカー
「ゴーストワーカー」とは、AI(人工知能)を機能させるために裏で支えている労働者のことをいいます。AIにタグ付けやラベリング方法を教える存在であることから、AIの教師役とも位置付けられています。AIが十分に人間の働きを理解して作業を自動化できるようになるには、人間が持つ知識や判断基準などを刷り込み、...
AI(人工知能)
AI(人工知能)は現在多くの分野に普及しており、研究者によって、さまざまに定義されています。共通するのは「情報処理を実現するソフトウェアやプログラムを用い、人工的につくられた人のような知能」であること。工場での製造や店舗の分析、メンテナンスサポートなど、さまざまな分野で用いられています。製品やサービ...
AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)
「AI」とは、アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)の略で、Appreciativeは「真価がわかる」「価値を認める」、Inquiryは「探求」「質問」などの意味を表します。AIは、米国で開発された人材開発や組織活性化のアプローチの一つ。ポジティブな問いや探...

関連する記事

井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(前編)
21世紀は「人工知能(Artificial Intelligence,AI)の世紀」になると言われています。「2030年頃には、人間並みにさまざまな知的課題をこなす“汎用人工知能”が実現すると言われています。普及すれば、社会や経済のあり方は劇的に転換するでしょ...
2017/07/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”
未来の職業地図はどうなる?
「囲碁の名人にAI(人工知能)が勝った」そんなニュースを聞くと、「自分たちの仕事はやがて、AIに置き換えられてしまうのではないか?」という不安がよぎる。転職という自らの将来を考える時、特に若い人ほどAIの進出が気になるようで――。
2016/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(後編)
「いまから30年後には、全人口の1割ほどしか働いていない社会になる」――AIの最先端に精通する駒澤大学准教授の井上智洋先生が描く未来図は衝撃的です。人手不足が深刻化する現状から考えると、機械に仕事を奪われて失業が増大するというシナリオはにわかにイメージできませ...
2017/07/14掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 戦略的人事 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...