企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カロウシ 過労死

仕事で積み重なった過労や精神的なストレスが原因の一つとなって、疾病や自殺などで死亡することを言います。過度な労働を課す日本企業の特異な現象として、外国でもkaroushiと呼ばれています。労災認定の中から生まれた言葉で、臨床医学的な用語ではありません。
(2005/5/23掲載)

過労死のケーススタディ

医学用語ではなく労災認定の中から生まれた言葉
認定件数は5年前の3倍に急増している

国民の死亡者の約3割を占めているのが、心筋梗塞などの「心臓疾患」、脳梗塞などの「脳血管疾患」です。通常、これらの脳・心臓疾患は長い年月の営みの中で徐々に進行し、悪化していく疾病ですが、仕事が主な原因になって発症・死亡した場合については、労災保障の対象になります。

また物理的、精神的なストレスが度を超すと健康を害することがあります。1990年代半ばから過労自殺による労災請求訴訟が急増、地裁レベルで自殺と仕事との因果関係を認定する司法判断が相次ぎ、大きな社会問題になりました。このため99年に当時の厚生省(現厚生労働省)は従来の精神障害の考え方を根本から改め、業務に起因すると見られる精神分裂症やそううつ病も労災補償の対象に組み込みました。

厚生労働省の発表によると、2003年度の脳・心臓疾患で過労死と認定されたのは157件。また精神障害等で過労自殺(未遂を含む)と認定されたのは40件で、この5年間でそれぞれ3倍以上も増えています。なお脳・心臓疾患については2001年に認定基準が改正され、それまで直前1週間前までの出来事を中心として判定していたのが、6カ月程度の長期の慢性疲労も原因と認めるようになりました。

今年3月末にはニコンの工場で働いていた業務請負会社の社員が自殺したのは過労が原因だとして、両親が両社に損害賠償を求めていた訴訟で、東京地裁は「自殺の主因は業務の過重性に基づくうつ病」として、両社に計約2400万円の支払いを命じる判決を言い渡しています。業務請負会社の社員の過労自殺の賠償責任を就業先の企業にも認めたこの判決は、雇用形態の多様化が進む中で、企業側の労働者の心身の健康に対する配慮の重要性を改めて指摘したと言えそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

業務上疾病
「業務上疾病」とは、特定の業務に従事していることによってかかる、もしくはかかる確率が非常に高くなる病気の総称。俗に言う「職業病」のことです。業務上疾病は労働基準法の用語で、医学用語では「職業性疾病」と表現されます。労基法第75条により、労働者が業務上疾病にかかった場合、使用者は必要な療養を行い、その...
業務上外判断
労災の認定は、労働者に生じた傷病、障害、死亡が業務に起因する「業務上」のものか、あるいは業務に関係ない「業務外」のものか――業務上外の判断に基づいて行われます。業務上と認定されれば労災補償が与えられ、雇用も守られますが、業務外の“私傷病”と見なされた場合は補償もない上に、それによる休業は欠勤として...
過労死白書
『過労死白書』とは、『過労死等防止対策白書』の略称で、日本における過労死の実態や防止対策の実施状況などに関する報告書として、国会に提出される法定白書のことです。2014年に施行された過労死等防止対策推進法で毎年作成するよう定められ、厚生労働省が初めてまとめた平成28年版過労死白書が16年10月、閣議...

関連する記事

小杉正太郎さん 急増する「社内うつ」の傾向と対策
「社内うつ」は本物のうつ病とどこが違うのか。急増の背景は何か。企業はどのような対策を講じたらいいのか?25年前から企業内でカウンセリング活動を続ける小杉正太郎さんにうかがいました。
2005/04/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【保存版】死亡労災事故等が起こったときに担当者がやるべきこと お通夜・告別式、弔問、事実関係の説明、資料の交付、労災申請等
不幸にして従業員に労災事故等が起こってしまった場合、遺族に対してどのように対応したら良いのでしょうか。遺族への対応について気をつけなければならないポイント、実際にあったトラブルの内容とその対処を解説します。
2016/05/11掲載人事・労務関連コラム
梅森浩一さん 「外資のまねをした人事制度改革は失敗する」
外資のまねをした日本企業の中には、新しい人事制度がうまく機能せず、社員の活力も出ないと悩んでいるところが少なくありません。なぜでしょうか。人事のプロフェッショナルとして、4つの外資系企業に勤務したコンサルタント・梅森浩一さんが分析します。
2004/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

労災の認定基準変更で遡及認定はあるのでしょうか?
「心理的負担による精神障害の認定基準」が改正されたとききました。 既に結論の出ている労災認定について本改正基準を遡及して適用する こともあるのでしょうか?
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...