企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアケイセイシエンセイド キャリア形成支援制度

すべての労働者派遣事業を国の許可制とする改正労働者派遣法が2015年9月30日に施行され、新たな許可基準の一つとして、派遣労働者のキャリアアップを後押しする計画的な教育訓練の実施が派遣会社に義務付けられました。同法では、この教育訓練の仕組みを「キャリア形成支援制度」と称し、派遣会社が雇用するすべての派遣労働者に対して実施するよう定めています。
(2016/8/30掲載)

キャリア形成支援制度のケーススタディ

法改正でキャリアアップの支援を義務化
激化する派遣人材獲得競争の切り札にも

昨年9月末の改正労働者派遣法施行を機に、特定労働者派遣事業と一般労働者派遣事業の区別は廃止され、すべての労働者派遣事業は、新しい許可基準にもとづく許可制となりました。その新しい許可基準の一つとして追加された項目が、「派遣労働者へのキャリア形成支援制度を有すること」です。派遣会社に対して、派遣社員への計画的な教育訓練や、希望があれば能力開発の相談に乗るなどのキャリア形成支援を義務づけた狙いは、雇い止めなど地位が不安定で、昇給もほとんどない派遣労働者の生産性向上を後押しし、待遇改善に結びつけることにあります。改正法が定める「キャリア形成支援制度」の内容は、以下のとおりです。

1. 派遣労働者のキャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施計画を定めていること
(1) 実施する教育訓練がその雇用する全ての派遣労働者を対象としたものであること
(2) 実施する教育訓練が有給かつ無償で行われるものであること(4の時間数に留意)
(3) 実施する教育訓練が派遣労働者のキャリアアップに資する内容のものであること(キャリアアップに資すると考える理由については、提出する計画に記載が必要)
(4) 派遣労働者として雇用するにあたり実施する教育訓練(入職時の教育訓練)が含まれたものであること
(5) 無期雇用派遣労働者に対して実施する教育訓練は、長期的なキャリア形成を念頭に置いた内容のものであること

2. キャリア・コンサルティングの相談窓口を設置していること
(1) 相談窓口には、担当者(キャリア・コンサルティングの知見を有する者)が配置されていること
(2) 相談窓口は、雇用する全ての派遣労働者が利用できること
(3) 希望する全ての派遣労働者がキャリア・コンサルティングを受けられること

3. キャリア形成を念頭に置いた派遣先の提供を行う手続が規定されていること
派遣労働者のキャリア形成を念頭に置いた派遣先の提供のための事務手引、マニュアル等が整備されていること。

4. 教育訓練の時期・頻度・時間数等
(1) 派遣労働者全員に対して入職時の教育訓練は必須であること。キャリアの節目などの一定の期間ごとにキャリアパスに応じた研修等が用意されていること
(2) 実施時間数については、フルタイムで1年以上の雇用見込みの派遣労働者一人当たり、毎年概ね8時間以上の教育訓練の機会を提供すること
(3) 派遣元事業主は上記の教育訓練計画の実施にあたって、教育訓練を適切に受講できるように就業時間等に配慮しなければならないこと
(引用:厚生労働省ホームページ)

 

現在、派遣スタッフの時給は上昇傾向が続いています。株式会社リクルートジョブズの調査では、三大都市圏(関東・東海・関西)の今年7月度の平均時給は前月比+19円、前年同月比+34円の1,646円で、2007年2月の調査開始以来、過去最高を記録しました。時給上昇の最たる要因は“人手不足”です。派遣会社にとっても、派遣で働く人々のキャリア形成支援の取り組みは、満たすべき許可基準の一つというだけでなく、激化する人材獲得競争を勝ち抜くためのカギになるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
継続雇用制度
2006年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。同法には、雇用確保のための65歳までの「定年延長」、希望者全員の「継続雇用制度」、「定年の定めの廃止」――3つの選択肢が規程されていますが、継続雇用制度を導入する企業は対象となる高年齢者に関する基準を労使協定で定めれば、希望者全員を対象としな...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
政省令・告示等を踏まえた 「改正労働者派遣法」求められる実務対応
平成27年9月、改正労働者派遣法が施行されました。さらに、平成24年改正で創設された労働契約申込みみなし制度についても、適用対象となる期間制限違反の内容が変更されたうえで平成27年10月から施行されており、重大な関心事となっています。どんなところに注意すればい...
2016/03/04掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
分類:[ 労務・法務 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...