企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショクギョウジッセンリョクイクセイプログラム 職業実践力育成プログラム

「職業実践力養成プログラム」とは、大学などが社会人や企業のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを設置し、文部科学大臣がこれを認定する制度のこと、もしくは認定されたプログラムそのものをいいます。政府の教育再生実行会議の第六次提言(2015年3月)を受けて創設された制度で、プログラムの受講を通じた社会人の学び直しの奨励、職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的としています。プログラムは年1回公募。昨年度の初回認定では、138課程の申請があり、うち123課程が認定されました
(2016/3/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職業実践力育成プログラムのケーススタディ

国が大学の社会人向け講座を審査・認定
仕事に直結する“学び直し”の機会拡大

昨年3月、政府の教育再生実行会議は、社会に出た後も、誰もが学び続けられ、夢と志のために挑戦できる社会の実現を目指した第六次提言「『学び続ける』社会、全員参加型社会、地方創生を実現する教育の在り方について」を発表しました。この中で「社会人が職業に必要な能力や知識を高める機会を拡大するため、国は、大学等が提供する社会人や企業のニーズに応じた実践的・専門的な教育プログラムを認定し、奨励する仕組みを構築する」と提言されたことを受けて、文科省が有識者会議を設置し、認定要件などを検討。「職業実践力育成プログラム」認定制度の創設にいたりました。英訳のBrush up Program for professionalを略して、BP認定制度とも呼ばれます。

同制度では、大学・大学院・短期大学・高等専門学校を対象に年1回、社会人のための実践的・専門的な学び直しプログラムを公募。申請されたプログラム内容を同省で審査し、要件に適合する講座を認定、公表します。認定要件としては、大学などの正規課程および履修証明プログラムで修了者には証明書が交付されること、総授業時数の一定以上(5割以上を目安)が「実務家による授業」「双方向もしくは多方向で行う討論」「インターンシップなどの実地体験」「企業との連携による授業」のうちの二つ以上の教育方法による授業で占められていること、社会人が受講しやすい工夫がなされていること(週末・夜間開講、集中開講、IT活用)などが求められ、審査の対象となります。

第1回となった昨年度は全国から138件の申請があり、うち123件が認定されました。認定状況をテーマ別にみると、「女性活躍」に資する講座が32件、「地方創生」(地方活性化)が31件、「中小企業活性化」26件、「非正規労働者のキャリアアップ」11件、などとなっています。

また、人手不足に悩む中小企業の幹部人材育成や女性の再就職を支援する目的で、厚生労働省の教育訓練給付制度とも連携。同省が昨年10月に行った専門実践教育の指定基準の見直しにより、「職業実践力育成プログラム」からも一定の基準を満たす講座が、教育訓練給付金(専門実践教育訓練給付金)の支給対象となる教育訓練として追加されました。対象講座の受講費の40%(上限は年32万円)が半年ごとに支給され、受講後1年以内に資格取得などで就職した場合はさらに20%(同16万円)が支給されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
ホワイト500
「ホワイト500」とは、経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。同制度は、特に優良な健康経営を実践している企業や団体を、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門に区分して顕彰する制度。大規模法人...

関連する記事

学生と企業それぞれが考える 「インターンシップ」の乖離をなくしたい 「学生が選ぶインターンシップアワード」に込められた想い、 実現したい世界観とは
売り手市場と言われる、近年の新卒採用。企業・学生ともに、短いスケジュールのなかで行動しなければならず、苦労も多いのではないでしょうか。そこで、このところ注目されているのがインターンシップです。本来は学生の職業観を育むことが期待されますが、受け入れ側である企業側...
2017/12/28掲載編集部注目レポート
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第83回 「インターンシップ」の現状と課題(前編)
『前編』は、インターンシップの現状と課題を整理すると共に、質の高いインターンシップ、特に近年話題となっている採用連動型のインターンシップをどのように実現するかを考えてみたい。
2015/06/12掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

教育プログラム修了時に受け取る還付金の扱いについて。
弊社グループでは、社員が自己のキャリア形成を支援するための教育プログラム制度を活用することができます。 プログラムは大きく分けて、育成プログラムと自己啓発プログラムがあります。 それぞれの目的は、育成プログラムは現在の業務上に必要な知識の習得。自己啓発プログラム自己啓発援助です。両プログラムとも事前...
労災の認定基準変更で遡及認定はあるのでしょうか?
「心理的負担による精神障害の認定基準」が改正されたとききました。 既に結論の出ている労災認定について本改正基準を遡及して適用する こともあるのでしょうか?
次世代育成支援対策推進法の申請について
いつも大変参考にさせていただいております。 次世代育成支援対策推進法の申請についてです。 こちらに認定された場合の企業側のメリットはどのようなことがあるのでしょうか。 また、実際に認定されるのは非常にむずかしいのでしょうか。 (難しいかというとちょっと漠然としていますが) 以上どうぞ宜しくお願い...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...