企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カルチュラル インテリジェンス カルチュラル・インテリジェンス

「カルチュラル・インテリジェンス」(CQ)とは、文化の違いを超えて円滑にコミュニケーションを図る能力のことです。Cultural Quotientとも呼ばれ、IQ(知能指数)やEQ(感情指数)に倣ってCQ(文化指数)と略されます。企業が海外に進出し、異なる文化圏で新たなビジネスを展開する際、グローバルマネジャーに必要不可欠な能力の一つとされます。
(2015/11/26掲載)

カルチュラル・インテリジェンスのケーススタディ

日本人が苦手な異文化コミュニケーション
“海外武者修行”で若手を鍛える企業続々

日本経済新聞が2012年末に、アジア6ヵ国(インド、インドネシア、韓国、タイ、中国、ベトナム)のビジネスパーソンや大学生を対象に意識調査を実施し、ビジネスパーソン限定で自国への日本企業の進出や投資についてどう思うかを聞いたところ、82%が「歓迎」「どちらかというと歓迎」と答えました。日本のビジネスパーソンのイメージについて尋ねると、「勤勉」(88%)や「問題解決能力が高い」(59%)などの答えが上位に上がる一方で、「語学力がある」は31%で最下位に。また「現地社員と積極的にコミュニケーションをとる」「異文化の受容力が高い」も下から2番目、3番目で、当てはまると答えた人はいずれも4割前後にとどまっています。

グローバルビジネスをけん引するリーダーは、文化の差異を超えてその国や地域独自の習慣などを理解し、適応しなければなりません。そのために欠かせないといわれるのが、現地人材と円滑にコミュニケーションを図る能力、「カルチュアル・インテリジェンス」です。しかし上記の調査結果を見る限り、日本のビジネスパーソンのそれは決して高いとは言えないようです。とりわけ職歴の長いベテランほど、日本でしか通じないやり方を現地スタッフにも押し付けがち。産業能率大学グローバルマネジメント研究所の内藤英俊主幹研究員は、むしろ「経験の浅い若手なら、現地のやり方やノウハウを取り入れる柔軟性がある」と言います。

そうした中、日産自動車では若手社員に海外の厳しいビジネス現場を経験させる研修制度を、今年9月から導入しました。異文化の中で交渉力や指導力を鍛えるために、入社4年目の社員から30~50人程度を選抜し、欧米やアジアの事業体に3~6ヵ月間派遣。販売や品質管理など現場の最前線に配置し、売上増など具体的な成果を求めるといいます。日本通運も9月から、海外勤務を希望していなかった若手社員をシンガポール法人に送り込む制度をスタート。これまで海外での研修や出張を経験していない入社6年目の社員、80人強を派遣対象としています。

日本でも、海外企業のように、30~40歳代で経営の第一線に立てるグローバル人材を育てようという動きが広がってきました。若いうちに厳しい武者修行に出れば、カルチュラル・インテリジェンスも自然と高まるでしょう。産労総合研究所がまとめた13年度「教育研修費用の実態調査」によると、グローバル人材の育成を目的に海外研修を実施している企業は全体の25%にのぼっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

研修内製化
研修内製化とは、社外の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
グローバル人材
用語としての明確な定義はありませんが、一般的には「市場やビジネスのグローバル化に対応できる人材」といった意味合いで用いられます。求められる資質や要件からすれば、「文化的・歴史的バックグラウンドの異なる多様な人材をマネジメントできる」「外国語を駆使して高度なビジネスが展開できる」「海外のマーケットや...
ブリッジ人材
「ブリッジ人材」とは、言語や文化の異なる海外法人・外国人との間で商取引や交流をする際に、コミュニケーションを円滑にする役割を担う人材のことをいいます。ブリッジ人材は通訳だけでなく、まったく違ったビジネス慣習がある国や地域同士が円滑に取引を進められるよう、双方の認識を擦り合わせることが仕事です。

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
4. グローバル人材研修の種類と内容
グローバル展開が求められている企業では、グローバル人材としての底上げを図るために、階層や職位ごとに一定レベルの内容の研修を行うケースが多い。全社的なグローバル人材育成に向けて、意識付けを図っていく狙いがあるようだ。グローバル人材研修の種類と内容を分類する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
3. グローバル人材研修の傾向
一口にグローバル人材研修と言っても、各社が置かれている状況やグローバル戦略に応じて、さまざまな形式や内容がある。最近多く見られるグローバル人材研修の傾向について考える。また、その際に注意したい点にも言及する。
2012/10/24掲載よくわかる講座

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...