企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アイスブレイク アイスブレイク

「アイスブレイク」(ice break)とは、面識のない人同士が集まる場面などで初対面の緊張感を和らげ、お互いに打ち解けるきっかけをつくるための手法、あるいはそれを行う活動時間を指す言葉です。ice breakは、直訳すると「氷を溶かす」。メンバーの緊張や警戒心を堅い氷に例えて、それを解きほぐすという意味で使われます。アイスブレイクでは、全員で自己紹介をしたり、たわいもない雑談や簡単なゲームに興じたりすることが多く、それによって参加者がコミュニケーションをとりやすい雰囲気を醸成し、集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるように促す効果が期待できます。
(2015/4/8掲載)

アイスブレイクのケーススタディ

硬い心を解かすために“場を温める技術”
雑談やゲームは相手への配慮も忘れずに

冷たい氷を溶かすにはどうすればいいでしょうか? そう、温めれば、氷は簡単に溶け出します。「アイスブレイク」とは、つまるところ、“場を温める”技術だといっていいでしょう。商談や交渉事といったビジネスシーンで使われるアイスブレイクの常套手段といえば、雑談があげられます。「雑談はビジネスの潤滑油」といわれるとおり、セールスなどで高いパフォーマンスを上げる人ほど、本題に入る前になにげない会話で場を温め、顧客との距離を縮めるのがうまいものです。まだ場が温まらないうちからいきなり説明や説得を畳みかけても、相手は興味をもってくれません。反発や不信感から、かえって心を固く閉ざしてしまうだけでしょう。

一般に最近の若い世代は、こうした場の“温度”に敏感です。おもしろくない話やウケない冗談を「さむい」といって揶揄するのも、その表れといえるでしょう。ある調査では、新入社員のじつに約7割が「雑談に自信がない」と答えていますが、それは彼らが、場の温度をあまりにも気にしすぎるからかもしれません。

商談と違って、比較的多くの人数が参加する会議やミーティング、ワークショップなどでは、雑談以外にさまざまなアイスブレイクの手法が用いられます。特に初対面でなくても、分野や部門を横断して異質なメンバーが集まる場合は、お互いに相手との壁を感じやすいので、必ずアイスブレイクを実施したほうがいいでしょう。どんな方法でその場を温め、コミュニケーションを活性化していくかは進行役やファシリテーターの腕しだい。ちなみに特定非営利活動法人「日本ファシリテーション協会」のホームページでは、ちょっとしたクイズやゲームなど、アイスブレイクのアイデアが豊富に集められているので、参考にしてみるといいでしょう。

人によっては、アイスブレイクを行うこと自体にどうしても抵抗を感じ、輪に入れないケースがあります。無理に強要したりすると、かえって全体の空気まで険悪になりかねません。進行役の配慮が必要です。また、アイスブレイクでは、事前に参加者から集めた情報をクイズやゲームの材料にすることも多いので、取りようによっては、それが特定の個人の誹謗中傷やプライバシーの侵害につながってしまう可能性もあります。節度をわきまえると共に、メンバーの特性や集まりの目的に合わせて、適切な方法を選ぶように注意してください。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ポライトネス理論
「ポライトネス理論」とは、英単語の「ポライトネス(Politeness)」が意味する一般的な「丁寧さ」のことではなく、人間関係の距離を調整するための言語的な配慮のことをいいます。アメリカの言語学者であるペネロペ・ブラウンと、イギリスの社会科学者スティーヴン・レビンソンによって提唱されました。日本では...
ファシリテーター
効率的かつスムーズな会議を実現するための進行役となる「ファシリテーター」。中立的な立ち位置から意見の対立を調整したり、積極的な意見交換を促したりするなど、有意義な会議を行ううえで重要な役割を果たします。多様な人材雇用が進む近年では、組織運営にそのスキルを応用している企業も増えてきました。ここでは、フ...
ワークショップ
ワークショップとは元来、「工房」「作業場」など協働で仕事を行う“場”を表す言葉。教育研修の手法としては、参加体験型グループ学習を意味します。講師から一方的にナレッジを受け取るだけの講義やセミナーとは違い、参加者自らが積極的な意見交換や協働体験を通じて、実践的な知識・技術を学びとるのが特徴です。研究や...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第59回 「対話(ダイアローグ)」が求められる時代(前編) ~信頼に基づく話し合いが、組織を活性化する~
チームとして成果を出すために、人々をまとめ、鼓舞し、組織の活力を高めていく手法である「対話(ダイアローグ)」が注目されている。ただし、これは従来型の以心伝心によるコミュニケーションではない。対話とは、創造的なコミュニケーションであり、単なる雑談や議論とは異なる...
2012/08/27掲載人事マネジメント解体新書
1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
2. コミュニケーションをめぐる近年の傾向
企業におけるコミュニケーションの現状と課題について、アンケート結果をもとに考察する。およそ3社に2社が、組織内コミュニケーションに課題を抱えている。その背景にある対面コミュニケーションの機会の減少についても触れる。
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。