企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ボセイケンコウカンリソチ 母性健康管理措置

「母性健康管理措置」とは、女性労働者の妊娠・出産前後に、事業主が講じることを義務付けられている措置の一つです。男女雇用機会均等法により、企業は妊娠中および出産後1年以内の女性従業員に対して、必要な保健指導などを受けるための時間を確保し、医師などから指導を受けた場合は、女性従業員がその指導事項を守ることができるように勤務時間変更などの措置を実施しなければなりません。こうした女性労働者のための母性健康管理措置を講じず、是正の指導にも応じない企業は、企業名公表の対象となり、労使間に紛争が生じた場合、労働者は調停など紛争解決援助の申出を行うことができます。 (2015/3/10掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母性健康管理措置のケーススタディ

職場で妊産婦を守る企業の法的義務
徹底されず、9時間以上労働の実態も

男女雇用機会均等法では、妊娠中および産後1年を経過しない、働く女性を対象とした「母性健康管理措置」として、次の二つの措置の実施を事業主に義務付けています。

(1)妊娠中または出産後の女性労働者が、母子保健法に定める保健指導・健康診査を受診するために必要な時間を確保するための措置(法第12条)

(2)妊娠中または出産後の女性労働者が、保健指導・健康診査で医師や助産師から指示された事項を守ることができるようにするための措置(法第13条)

具体的には(1)の場合、女性従業員が妊産婦のための保健指導・健康診査を受診する日について、通院や受診に必要な時間分の休暇を与えるなどの措置を講じる必要があります。受診に必要な時間を確保しなければならない回数は、妊娠23 週までは4 週に1回、妊娠24~35週までは2週に1回、妊娠36週から出産までは週1回が目安とされていますが、医師・助産師がこれと異なる指示をした場合は、その指示した回数が優先されます。産後についても、医師などの指示した回数に応じて必要な措置を講じなければなりません。

母性健康管理措置の(2)には、妊娠中の通勤緩和措置、妊娠中の休憩に関する措置、妊娠中および出産後の諸症状に対応するための措置の三つの措置が含まれます。たとえば通勤緩和措置とは、妊娠中の女性労働者が通勤の際にラッシュアワーを避けられるように時差出勤や時短などの措置をとることをいいます。また休憩に関する措置については、休憩の時間の延長、回数の増加、時間帯の変更などが該当します。

少子化に歯止めがかからない中、職場において女性の母性が尊重され、働きながら安心して子どもを産める環境を整備することはきわめて重要な課題です。母性健康管理措置の実施徹底がより一層求められるゆえんも、そこにあります。

しかし連合が、働きながら妊娠を経験したことのある女性の正社員、派遣社員を対象に行った調査によると、妊娠中の女性労働者の16.6%が、1日8時間の法定労働時間を超えて9時間以上働いていることがわかりました。正社員に限ると26.2%、実に四人に一人に上っています。また妊娠時のトラブルで早産になった人の24.6%、流産した人の20%が9時間以上働いており、必要な健康管理措置が講じられないことによる早産・流産のリスクも懸念されています。女性の活躍推進が叫ばれているにもかかわらず、調査結果には、働く女性を守り切れていない現実が表れていると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」は、健康管理の領域で用いられる手法です。ハイリスクアプローチは、健康リスクを抱えた人をスクリーニングし、該当者に行動変容をうながすこと。ポピュレーションアプローチは、リスクの有無にかかわらず、集団に対して同一の環境整備などを指導することをいいま...
マタハラ
「マタハラ」とはマタニティー・ハラスメントの略で、働く女性が妊娠・出産をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、妊娠・出産を理由とした解雇や雇い止めで不利益を被ったりするなどの不当な扱いを意味する言葉です。社会的な認知はまだ十分に進んでいませんが、マタハラの被害の実態は、よく知られる“...
労働安全衛生法
企業には労働者の安全と健康を守る義務があり、この指針となるのが「労働安全衛生法」です。産業用機械やロボットの導入、AIなどのテクノロジーの進化による作業体制の変化、また、労働者の疲労やストレスへの対応など、快適な職場環境を整えるうえで企業が講ずるべき対策も時代とともに変わりつつあります。事業者は労働...

関連する記事

派遣の終了・更新・解除の実務
スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
2016/10/31掲載よくわかる講座
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座

関連するQ&A

衛生管理者の権限について
労働安全衛生規則第11条第2項には、「事業者は、衛生管理者に対し、衛生に関する措置をなし得る権限を与えなければならない。」とありますが、「衛生に関する措置」とは、具体的にどのようなケースで、どのような措置を言うのでしょうか。 、「衛生に関する措置」をイメージできなかったため、具体例を教えていただきた...
36協定での弾力的措置の回数について
細かい事でのご相談で恐縮です。 36協定での弾力的措置は年間6回までと規定されていますが、 これは、弾力的措置の適用申請の回数で管理すべきものでしょうか? 申請はしたものの、結果的に協定の時間数を超えないことも時々ありますが、 その場合は、申請はなかったものとして、年間6回の1回にカウントしなくて...
派遣先の講ずべき措置について
お世話になります。 派遣先の講ずべき措置について、万が一講じていなかった場合は、指導・是正の対象となると思いますが、派遣元も同様に処分をされるのでしょうか。 派遣先に求められている義務ですので、派遣先のみが指導・是正の態様となると考えますが、いかがでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 労務・法務 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...