企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハイブリッドワーカー ハイブリッドワーカー

「ハイブリッドワーカー」とは、企業などに勤務する会社員でありながら、業務終了後や休日など就業時間外に副業となる活動(ハイブリッドワーク)を行う人、あるいはそうした働き方を指す言葉です。単に副収入を稼ぐためではなく、収入面を気にせずに小説や漫画の執筆、音楽活動、ECサイト運営など、自分のやりたいこと、やってみたかったことに挑戦するのがハイブリッドワーカーの特徴です。あくまで個人の自由な時間内での活動であり、勤務先での業務に支障をきたすこともありません。会社員としての安定と自分のかなえたい夢とを、兼業というワークスタイルで両立させる新しい自己実現の選択肢として注目されています。
(2014/12/15掲載)
 

ハイブリッドワーカーのケーススタディ

本業の“保険”があるから夢に打ち込める
副業で社員を鍛える「専業禁止」の企業も

ハイブリッドワーカー」という言葉が注目を集めるようになったのは、2009年ごろから。一般企業で正社員として働きながら、一日3万~4万アクセスを集める人気サイトを個人で運営するヨシナガ氏が発表した著書『ハイブリッドワーカー――会社勤めしながらクリエイティブワークする』がきっかけでした。同書には“会社員”兼“芥川賞作家”の津村記久子氏や“サラリーマン”兼“漫画家”の田中圭一氏、“OL”兼“料理研究家”のうーら氏など、二足のわらじを履きこなして各界で成功を収めてきたハイブリッドワーカー6人のロングインタビューが収められています。人気ヒップホップ&レゲエユニット「ケツメイシ」のメンバーであるRYO氏も、かつては製薬会社や薬局で営業や薬剤師として働きながら音楽活動を継続し、有名になってからも恩義のある薬局の店頭に立つことがあったといいます。

二つの仕事の両立は決して簡単ではありません。彼らはなぜハイブリッドワーカーという働き方を選んだのでしょうか。夢をそのまま仕事にするのは、収入や安定などの面で大きなリスクがあります。しかし安定した収入があれば、安心して夢を追うことができる――ハイブリッドワーカーの多くが、寝る間も惜しんで自分の好きなことに打ち込むのは、本業が社会的、経済的な“保険”になっているからです。また、一方の仕事で得た経験が、もう一方の仕事にもいい影響を及ぼし、相乗効果で成長していけるというメリットも大きいと言われます。

とはいえ、日本では現状、ハイブリッドワーカーが広がりにくいのは確かでしょう。多くの日本企業が、就業規則などで従業員の副業を禁止しているためです。ただし、就業規則の効力は就業時間内に限定され、終業後や休日までは及ばないという法解釈もあり、実際の裁判でも、会社の損害につながるような活動でないかぎりは、従業員が副業をしたというだけで処分されるのは不当だという判決が出ています。実際、副業禁止規定を廃止したり、あるいは逆に副業を推奨したりする企業も、まだ一部ですが、現れてきました。

ウェブサービスを手がける「エンファクトリー」は、3年前から副業禁止ならぬ「専業禁止」を掲げて、社員の働き方改革を推進しています。社員に「副業」を奨励することでプロ意識やマネジメント能力を養い、会社に依存せず組織の枠にもはまらない“変革する人材”を育てるのが同社のねらいです。企業にとっても今後は、ハイブリッドワーカーを生かすことが激しい競争と環境変化を乗り越える原動力になるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

副業
副業とは、本業とは別に副次的に行う仕事のことです。2018年には、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を整備し、今後副業を推進することを発表しました。最近では、アルバイトに加え、プログラミングやライティング業務など、在宅で行える副業も増えています。(2016/11/30掲載)
トモニン
「トモニン」とは、厚生労働省が定める、“仕事と介護を両立できる職場環境”の整備・促進のためのシンボルマークの愛称です。マークのデザインは2014年3月、愛称は同年8月に一般公募により決定。「介護する人を職場で支えてともに頑張っていく」「仕事と介護をともに両立させる」という意味を込めて、「トモニン」と...
職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第5回】 副業を認めたいのに就業規則に記載がない! 何から始めればいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします! 第5回は「副業を認めたいのに就業規則に記載がない!」という人事のお悩みです...
2020/09/10掲載編集部注目レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(5)副業
副業経験が、人材の成長につながる?少しずつ解禁に向けて動き出した「副業」への対応の現状と課題。
2017/03/31掲載よくわかる講座
副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半数が副業・兼業先での労働時間を把握していませんでした。
2020/09/01掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事制度 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...