企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ネンドソウカンリショク 粘土層管理職

「粘土層管理職」とは、古い価値観に凝り固まっているために、企業の組織改革の妨げになりやすい40代、50代の中間管理職のことです。経営層が意識改革を呼び掛けても、ねらいが伝わりにくく、彼らが間にいることで部下や現場レベルにまで浸透していかないことから“粘土層”と呼ばれています。伝統的なサラリーマン社会の男性中心主義から抜け出せず、女性活用やワーク・ライフ・バランス推進を積極的に受け入れようとしない上司として問題視されています。
(2014/1/27掲載)

粘土層管理職のケーススタディ

女性の活躍を阻む男性管理職の無理解
改革にコミットさせて価値観を変える

日本経済の成長戦略の柱に掲げられている「女性の活躍」――政府は2020年までに、日本社会で指導的地位を占める女性の割合を30%へ引き上げる目標を打ち出しています。歩調を合わせるように、経済界でも大手企業を中心に、女性登用を推進する動きが本格化してきました。ところが、現場の風向きはそう簡単には変わりません。柔軟な働き方を認めて女性の活躍を支援するどころか、一部では育児休暇の取得もままならず、理不尽なセクハラやマタハラさえ横行するありさま。残念ながらそれが、男女雇用機会均等法施行から四半世紀以上経った日本の職場に見る、一面の真実です。

いくら企業が「女性の活用」を謳い、トップ自ら「女性が働きやすい、能力を発揮しやすい環境を」と旗を振っても、現場レベルにまでなかなか浸透しない、改革の理念やコンセプトを、社員一人ひとりが具体的な行動に落とし込むところまでいたらない――その阻害要因のひとつとして注目されているのが、「粘土層管理職」と呼ばれる40代、50代の中間管理職の存在です。多くの企業ではちょうどこの年代層の社員が、結婚・出産・育児といったライフイベントを控える20代後半~30代の女性総合職の上司にあたります。しかし同時にこの世代の男性にはまだ、専業主婦の妻を持ち、「男は仕事、女は家庭」と考える人が意外なほど多いといわれます。

こうした「粘土層」問題を解決するため、男性管理職の意識改革に乗り出す企業も出てきました。NTTデータグループでは、現場の中核として影響力をもつ部長層を対象に、ダイバーシティ推進や働き方の見直しに関する意識改革研修を導入しています。研修では、全参加者に自分たちの職場で実施するアクションプランを公約として色紙に直筆記入してもらい、それを社内イントラ上で公開。部長自らが公約実現にコミットすることで、変革に向けた職場単位でのアクションの徹底を図るのがねらいです。キリンでは、女性の管理職候補が経営視点やリーダーシップについて学ぶ社内研修「キリンウィメンズカレッジ」を実施。参加者の上司にあたる管理職層も研修を受け、女性社員の活用・育成に責任を持つ体制をとっています。また日産自動車は、女性や外国人など多様な人材を活用する社員の姿勢を重視し、管理職を含めて、そうした意識があるかどうかを人事評価の対象にしています。意識が低ければ、いくら仕事で実績を上げても全体の評価に響くしくみです。

ひとりの管理職の意識と行動が変われば、その何倍もの部下が変わる。職場が変わり、会社が変わる。「粘土層」対策が組織改革のカギを握っていることは間違いありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえな...
バリキャリ・ゆるキャリ
「バリキャリ」とは、“バリバリ働くキャリアウーマン”を略した言葉で、仕事こそ自己実現の手段と考え、私生活の充実よりも職場での成功やキャリアアップを優先する女性の生き方、価値観を表します。これに対し「ゆるキャリ」とは、決して仕事第一ではなく、家庭生活を大切にし、自分の趣味や交友も楽しみながらマイペース...

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
4. マネジメント研修・管理職研修の種類と内容
一口に管理職研修といっても、組織における管理職の位置付けにより求められる要件は異なり、そのカバーする範囲は非常に幅広いものとなっている。一般的に、新任管理職研修、管理職研修、上級管理職研修の三つに区分することができる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
6. ワーク・ライフ・バランスと管理職の役割
職場で仕事管理や人材マネジメントを直接行うのは「管理職」である。ワーク・ライフ・バランスの実現において、その役割は非常に大きい。管理職がその考え方を理解し、正しい取り組みに協力しなければ、企業におけるワーク・ライフ・バランスは、実現していくことが難しいだろう。...
2012/11/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
管理職の処遇について
現在、総務課長に1年在籍している管理職がおりますが、 本人も管理職には向いていないという自覚があり 積極的に何かを改善しようという行動もなく、また部下への 教育も出来ていない状況です。 このような場合、降格して管理職から外すべきか それとも、部下を持たない部署に異動すべきでしょうか。 本人は部下...
中堅女性社員研修について
 中堅クラス(20代後半から30代前半)の女性社員向けに、研修を検討しています。今まで、全く研修というものを受けてこなかったクラスです。  人事部としては、現場の管理職と意思疎通を図りながら、事務職の女性たちのまとめ役(リーダー)としてきちんと立場を築いて欲しいと思っているクラスです。当社は、コース...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。