企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワカモノオウエンキギョウ 若者応援企業

「若者応援企業」とは、厚生労働省が一定の要件に照らして、“若者の採用と育成に積極的な企業”と認定した中小・中堅企業のことです。同省は2013年4月から「若者応援企業」宣言事業を開始。若者(35歳未満)の採用・育成に積極的で、一定の労務管理の体制が整備されており、通常の求人情報より詳細な企業情報・採用情報を公表する中小・中堅企業を「若者応援企業」として認定し、各都道府県労働局やハローワークでPRするなどの支援事業を展開しています。
(2013/12/9掲載)

若者応援企業のケーススタディ

「若者に優しい中小企業」を国がお墨付き
ミスマッチ解消とブラック対策がねらい

深刻化するブラック企業の問題は、就職活動に臨む若者の安定志向・大手志向を強め、就職難に拍車をかけています。資金力に乏しい中小企業は、就職情報サイトや説明会で広く自社をアピールする機会が限られ、若者に企業情報や採用情報をきちんと届けることができません。そのため、優良企業でも「ブラックでは?」と疑われて避けられてしまうケースがあります。若者が安心感を求めて大企業に殺到し、人手不足に悩む中堅・中小企業に向かわない、ミスマッチ構造の一因となっています。

そうした中、“若者に優しいホワイト企業”を国が認定し、積極的にPRする「若者応援企業」宣言事業が2013年度から始まりました。厚生労働省によると、同省が指定した次の七つの基準(宣言基準)をすべて満たす中小・中堅企業であれば認定を受けられ、「若者応援企業」を宣言することができます。

(1)学卒求人など、若者対象のいわゆる「正社員求人」をハローワークに提出すること

(2)「若者応援企業宣言」の事業目的に賛同していること

(3)「働きやすさ」の指標となる以下の就職関連情報を開示していること
 ・過去3年度分の新卒者の採用実績及び定着状況
 ・過去3年度分の新卒者以外の正規雇用労働者(35歳未満)の採用実績と定着状況
 ・前年度の有給休暇および育児休業の実績
 ・前年度の所定外労働時間(月平均)の実績
 ・社内教育、キャリアアップ制度など

(4)労働関係法令違反を行っていないこと

(5)事業主都合による解雇または退職勧奨を行っていないこと

(6)新規学卒者の採用内定取消を行っていないこと

(7)都道府県労働局・ハローワークで扱っている助成金の不支給措置を受けていないこと

認定は、企業からの申請(宣言書の提出)を受けて行われます。認定された中小・中堅企業が若者応援企業宣言をすると、各都道府県の労働局のホームページで通常より詳細な就職関連情報を含めたPRシートが公表され、ハローワークでは就職面接会の開催について、積極的に案内します。また求人票などに「若者応援企業」の名称を使用し、若者の採用、育成に熱心な企業であることをアピールできます。

若者の関心を引きつけたい中小・中堅企業にとっても、安心して働ける職場環境を重視する若者にとっても、双方にメリットの多い制度だけに今後の普及が期待されます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
採用広報
「採用広報」とは、目標とする採用人数を達成することと、自社が求める人材の獲得を目的に、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
中途採用の「意義」
多様化する採用市場における中途採用の最新事情とそのメリットとは?
2016/07/15掲載よくわかる講座
「新卒採用代行・アウトソーシング」のポイントと最新サービス
現代の新卒採用は、厳選採用やグローバル化への対応など、そのすべてのプロセスにおいて、明確な戦略ときめ細やかな対応が求められている。
2010/12/27掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。