企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ステップバック ステップバック

「ステップバック」とは、後退の意味。自己の成長や目標の実現に近づくために、当面の地位や収入が下がっても、あえて一時的な後退を選ぶキャリア形成のあり方を指します。予定調和的なキャリアパスから降りて横道にそれたり、遠回りに見える進路を選択したりすることが、結果として豊かなキャリアにつながるというステップバックの思想に注目が集まっています。
(2013/8/9掲載)

ステップバックのケーススタディ

あえて退くことで前進するキャリア形成
明確な目標と計画をもって“急がば回れ”

ステップバック」という考え方が注目されるきっかけになったのは、2007年12月に米「ウォール・ストリート・ジャーナル」に掲載された「How to Get Ahead By Going Backward」(いかにして後退しながら前進するか)という記事でした。記事では、若くして一流企業の会計係に就き、その職を全うすれば将来の安定が約束されていたにもかかわらず、ステップバックを決断したあるビジネスパーソンの事例が紹介されていました。“単調で退屈な”キャリアパスに疑問を抱いた彼は、もっと他の分野でも働いてみたい、海外にも出てみたいと考え、ポストを捨てて海外拠点への異動を願い出たのです。結果、数年後により大きな企業のCFO(最高財務責任者)として迎えられたものの、そこでもCFOとして務めあげることにこだわらず、自ら志して異なる事業部門へ。最終的には、CEO(最高経営責任者)にまで上り詰めました。まさに“ステップバックによるステップアップ”を地で行くキャリアライフといっていいでしょう。

もっとも、労働市場の流動性が高く、転職によるステップアップが一般的なアメリカでさえ、後退の道を選ぶことは、収入減はもちろん、キャリアにも傷がつき、競争における不利につながりかねません。そこで記事は、ステップバックの原則として「明確な目標を持つこと」「一時的なマイナス要素を受け容れられること」「感情的な理由で後退を選ばないこと」の三つをアドバイスしています。

ビジネスの成功者などの経歴をみると、仕事での失敗や意に沿わない左遷、人間関係のあつれき、大病による長期離脱など、挫折や逆境を経験し、遠回りを強いられたケースが少なくありません。ステップバックとは、そうした遠回りの経験を成長の糧とするために、明確な目標と綿密な計画のもと、自らリスクをとって進路変更を行うという発想です。

とはいえ人事部の立場からすれば、自社の有為の人材がステップバックによって外部へ流出する事態だけは避けなければなりません。社員がリフレッシュできる機会や、自分のキャリアを客観的に見つめ直す場を積極的に設けたり、待遇だけでなく仕事のやりがいやモチベーションも追求できる多様で柔軟なキャリアパスを用意したりするなど、配属された場所で昇進を目指すだけの硬直した働き方・働かせ方を改善し、組織内でステップバックに近い効果が得られるようなしくみを構築する必要があるかもしれません。 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

キャリアパス
ある職位や職務に就任するために必要な一連の業務経験とその順序、配置異動のルートを「キャリアパス」といいます。どんな仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度の習熟レベルに達すれば、どういうポストに就けるのか――キャリアアップの道筋や基準・条件を明確化した人材育成制度です。
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
WOOPの法則
「WOOPの法則」とは、目標達成を円滑にするプロセスについて提唱した法則です。アメリカの心理学者ガブリエル・エッティンゲン博士による20年以上にわたる研究の末に体系化されました。WOOPとは、「願望(Wish)」「結果(Outcome)」「障害(Obstacle)」「計画(Plan)」という四つのス...

関連する記事

3. コーチング研修の種類と内容
コーチング研修とは、部下がその気になり、意欲的に動くように促すためのスキルを習得するための研修だ。マネジャーが、部下と一緒に目標を設定し、達成へのステップを見守り、要所に応じて助言を与えていくコーチングスキルを身につけることで、人材が主体的に動く強い組織をつく...
2012/12/03掲載よくわかる講座
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...