【ヨミ】ジタンソクシンホウ 時短促進法

2006年3月末が期限の時限立法です。1992年、豊かでゆとりのある勤労者生活を実現するため、年間労働「1800時間」の達成を目指した政府計画とともに制定されました。
(2004/12/27掲載)

時短促進法のケーススタディ

年間労働「1800時間」の達成を目指す計画
でも正社員の労働は2016時間に増えている

正式には「労働時間の短縮の促進に関する臨時措置法」と言います。とくに労働時間の短縮を進めにくい中小企業などの支援を行うために、中小企業時短促進特別奨励金を支給するなど、労働時間に対する労使の自主的な取り組みを支援するための施策が盛り込まれています。

この時限立法が制定された当時の年間平均労働時間は1958時間でした。2003年度には1856時間にまで短縮されていますが、政府目標の「1800時間」を期限までに達成するのは困難な状況です。昨年の厚生労働省の労働政策審議会では、経営者委員から「もはや1800時間は時代に合わない」と同法の廃止を求める意見が出る一方、労働者委員からは「現状に則した目標設定は必要」と見直しをしたうえでの継続を求める声が相次ぎました。

これを受けて厚生労働省では、雇用形態が多様化しつつある実態を踏まえて「1800時間」の政府目標を廃止する方針を明らかにしました。代わって育児や介護支援、休暇、短時間勤務制度等、労働者の生活や健康に配慮した指針を呈示し、時短促進法が期限を迎える2006年4月から労働環境の改善を促す「労働時間等設定改善法」(仮称)に移行する考えのようです。

確かに労働者全般で見ると、年間平均労働時間は減っています。しかし、これは時短が進んだためというより、正社員からパートやアルバイトなど短期労働者への雇用拡大が進んだことによるもので、実際には正社員などの一般労働者の年間労働時間は2016時間(2003年度)と逆に増えているのが現状です。国際労働機関の調べによると、週に50時間以上働く割合は、先進国では日本が最も高く、4人に1人に上りました。

また、時間外労働に対して賃金が支払われない「サービス残業」もあちこちで横行しています。雇用形態が多様化しても政府が目標として掲げた「1800時間」の意義は決して失われたわけではありません。時短促進に向けた努力は後退させてはならないでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード