企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ターンアラウンド マネジャー ターンアラウンド・マネジャー

「ターンアラウンド・マネジャー」(Turnaround Manager)とは、経営破綻した企業もしくは経営破綻寸前の状態にある企業を短期間で再生させるために、経営者として登用される事業立て直しのスペシャリストのこと。俗に「企業再生請負人」ともいいます。
(2012/6/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ターンアラウンド・マネジャーのケーススタディ

財務だけの旧来の企業再生人とは違う
強いリーダーシップと経営手腕が必須

ターンアラウンド・マネジャー」のミッションは、事業再生が必要な企業に“経営陣”として乗り込み、策定された事業再生計画を定められた期間内に達成して経営再建を成し遂げることです。とりわけ再生に金融支援が伴うようなケースでは、従来の経営者が経営責任を問われて退任するのが普通ですから、後任として当該企業の経営のすべてを継承し担うことになります。毀損した企業価値を最大化するために、ターンアラウンド・マネジャーには、財務、事業、組織などあらゆる観点から最適な戦略を構築し、完遂する能力が求められるのです。

1990年代までの企業再建の枠組みでは、再生請負人は金融機関や企業再生ファンド運営会社が再建企業の社員の中から適任者を選んだり、金融機関出身者を外部から招へいしたりするケースが多く、実際に腕をふるうのは債権放棄の働きかけや資産の売却などの財務的処置に限られていました。しかし近年の厳しい経営環境下では、財務的処置だけで企業再生を軌道に乗せることは極めて難しいといえます。大胆なコスト削減はもちろんのこと、より企業の根幹に関わる経営戦略や組織体制を刷新し、ときには歴史とともに継承されてきた企業文化にまでにメスを入れないと、競争力を取り戻せないからです。それは破綻の危機に瀕していた日産をV字回復に導いた、カルロス・ゴーン社長の改革手法をみても明らかでしょう。

だからこそターンアラウンド・マネジャーには、企業経営に関わる全方位的な知見と、何よりも強いリーダーシップが欠かせません。経営破綻か、あるいはその寸前の状態にあるわけですから、プロパーの従業員や取引先を含め内外のステークホルダーは動揺していて当然です。そんな彼らに対して、厳しい選択を迫らなくてはならない局面も少なくありませんが、むやみに抵抗勢力を排除するだけでは、組織全体が疑心暗鬼になり、改革へのモチベーションそのものが下がってしまいます。「こうすれば必ずよみがえる」という将来のビジョンを明確に打ち出し、各ステークホルダーの不安と不信感を払拭するだけの的確なコミュニケーション能力をもって、組織の士気を維持・高揚させられるかがターンアラウンド・マネジャーの腕の見せどころといえるでしょう。

欧米にはカルロス・ゴーン氏のように、いくつもの企業を経営危機から救ってきた腕利きのターンアラウンド・マネジャーが数多くいます。日本は欧米に比べて企業再生の取り組み自体が遅れていましたが、近年は産業再生機構の活躍などが契機となり、企業再生案件が増えてきたため、ノウハウも徐々に蓄積されつつあります。日本でもプロのターンアラウンド・マネジャーが続々と輩出される日はそう遠くないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...
企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
企業・従業員ロイアリティを高めるための施策
企業・従業員ロイアリティを高めるためにいろいろ考えておりますがどんなテーマで考えたらいいのか、どんなことを社員と話し合うことが良いのか迷っております。 考え方や方法にアドバイスいただければうれしいです
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...