企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】チテキザイサンケン 知的財産権

知的創造活動を行った人を保護するために認められた権利のことで、「知的所有権」とも呼ばれます。特許権、実用新案権、意匠権のほか、商品名やブランドなどの独立性を守る商標権、小説や音楽などの作品に対する著作権なども含まれます。
(2004/12/16掲載)

知的財産権のケーススタディ

医薬、化学、電機などを中心に
発明の報奨制度を拡充する動き

知的財産権の中で最も関心を集めているのは、社員の発明で特許を取得して得た利益を、会社がどう配分すべきか、という問題です。従来、日本の企業風土の中では「社員の発明は会社の財産」といった意識が根強く、社員の画期的な発明による会社への貢献は、過小評価される傾向がありました。しかし近年の知的財産権の価値に対する意識の高まりを背景に、「正当な対価」を求める訴訟が相次いでいます。中でも元社員の青色発光ダイオードという発明に対して、会社側に200億円にのぼる破格な報酬を支払うよう命じた今年1月の東京地裁の判決は、日本の産業界に大きな衝撃を与えました。

これまで発明の対価は会社が一方的に規則で定めるケースがほとんどでした。しかし来年1月から施行される改正特許法は、会社と社員の間で定めた規則を重視する条文を盛り込み、会社側に正当な対価の支払いを促す内容となっています。

これを受けて報奨制度を見直す企業も相次いでいます。医薬品最大手の武田薬品工業は、社員の発明に対する報酬の支給適用を、現在から10年遡及させた時点(1994年)に販売されていた商品にまで拡大するとともに、1商品につき年間3000万円だった報酬の上限もなくしました。2003年度は実績補償制度に基づき、のべ72名に合計9,385万円の実績補償金が支給されています。

また石油元売大手の新日本石油は、従来の制度になかった登録報奨と実績報奨の仕組みを採用、とくに有用な特許などについては、実績に応じて年間1億円を最高額とする実績報奨を毎年支払うという大幅な制度の改正に踏み切りました。このように医薬品、化学、電機メーカーなどを中心に、報奨制度を拡充して業績向上に寄与した発明に手厚く報いる姿勢を明確にする企業が増えています。

一方、OA機器大手のキヤノンは、役員、本部長、事業部長、開発センター所長など、技術に詳しい約60名のメンバーからなる「特許審査委員会」を設置、できる限り透明で公平な審査を行って報奨金額を決めるシステムを採り入れています。しかし報奨の金額をあまり大きくすると、共同して行うグループ活動に障害になるケースもあり得るとして、報奨金は必ずしも大きな金額にしていないとのことです。

ともあれ今後、知的財産権はますます重視されていくのは確実な情勢です。企業は、トラブルを防止し、訴訟リスクを回避するためにも、発明の対価などについての従来の社内規程や事務手順などを見直し、他社の動向や司法判断を鑑みつつ、慎重に対処することが望まれます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

発明対価
会社員が職務として新技術を発明して得た特許権を会社に譲る場合、特許法35条よって会社から「相当の対価」の支払いを受けられます。近年、対価が低すぎると発明者が会社を訴えるケースが続発、巨額の支払い命令なども出て、注目されています。
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
組織活性化制度の実際
人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
高橋俊介さん 「スローキャリア」人材をつぶす上昇志向型の人事
上昇志向を持ち、出世や報酬の目標に向かって計画的にキャリアアップしていくのではなく、自分なりの働き方などプロセスやポリシーを重視する――そんな「スローキャリア」の思考を持った社員が増えています。キャリアについての調査研究を第一線で行っている慶應大学教授・高橋俊...
2004/10/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
社員紹介制度
いつも参考にさせていただいております。 さて、当社では社員紹介制度の報奨金として、紹介した社員に対し報奨金を支給することを検討しております。 一般的に報奨金額については、どのくらいの金額を支給するのが一般的なのでしょうか。 他社の支給金額等をご存知でしたら、参考に教えていただきたく存じます。
社員紹介制度の報奨金の支払いについて
弊社では従来より社員紹介制度の報奨金として紹介した従業員に対し、報奨金を給与として支給しております。この扱いについて妥当かどうかご意見をいただきたくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...