企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ニセンジュウサンネンモンダイ 2013年問題

2001年から厚生年金の定額部分(老齢基礎年金)の受給開始年齢が65歳まで段階的に引き上げられたのに続き、13年からは残る報酬比例部分(老齢厚生年金)についても引き上げが始まるため、同年以降、60歳で定年退職を迎える人には、給料も年金支給もない収入の空白期間が生じます。これを「2013年問題」といい、政府は対応策として企業に対する雇用延長の義務付けを検討していますが、そのあおりで新卒者や若者の就職機会が奪われかねないと波紋を呼んでいます。
(2011/8/29掲載)

2013年問題のケーススタディ

年金受給開始の引き上げが若者の就職を直撃
“定年延長”の徹底で高齢労働者33万人増

次から次へ取り沙汰される「20XX年問題」には食傷気味の感もありますが、日本の社会システムの行き詰まりがそれだけ深刻だということでしょう。変化に対応できなくなったさまざまな制度の矛盾が、ここへきて一気に表面化しているのが現状です。「2013年問題」も年金制度の抜本改正を先送りし続け、修繕策を積み重ねた結果であり、単に年金の問題というだけでなく、企業の人事戦略から日本の雇用全般にいたるまで重大な影響を及ぼしかねないといわれています。

年金受給開始年齢の引き上げによって収入が不足する“年金難民”の発生を防ぐため、政府はこれまでも、希望者に対する65歳までの雇用継続を企業に義務づけてきました。(1)定年年齢の延長(2)定年制そのものの廃止(3)定年後継続雇用制度(再雇用制度)の導入のいずれかを求められ、多くの企業は65歳を限度とする再雇用制度の導入で対応してきた経緯があります。要は「国は財政がもたないから企業のほうで65歳まで面倒を見てくれ」というわけです。

2013年問題を見据え、厚生労働省はさらに要求の度合いを強めてきています。現行の高齢者雇用安定法は定年後の再雇用について、労使間の合意があれば、企業が選定基準を設けて対象者を絞り込むことを認めていますが、厚労省はこの“基準”を撤廃し、希望者全員を65歳まで継続雇用させるためのルールづくりを検討。今年6月に出された厚労省研究会の報告書でも同様の指摘が行われました。

こうした政府方針に対して、即座に異論を唱えたのが日本経団連です。翌7月に提言を発表し、必要以上に高齢者の雇用を増やせば若者の雇用にしわ寄せがおよび、企業の国際競争力が損なわれると訴えました。提言によると、60歳以上の希望者全員を雇用すると17年には高齢労働者が33万人程度増加。仮に給料を相当減額したとしても、企業の負担増は変わらないため、その分は新卒採用を抑える、あるいは失くすなどして調整を図る企業が現れても不思議ではありません。

先の厚労省研究会の報告書では、ヨーロッパの事例を引いて「高齢者に早めに引退してもらう施策を進めたが、若者の失業解消に効果は見られなかった」と指摘。定年の引き上げ・下げと若者の雇用との間に必ずしも相関関係はないとしていますが、“逆の例”をもちだして「だから大丈夫」といわれても、現下の雇用情勢の厳しさを考えればそう簡単には納得できないでしょう。

▼ 「2013年問題」の関連記事はこちら
これから「厚生年金」はどうなるのか (ジャーナリスト/岩瀬達哉さん)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年齢...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
【“うっかり5年超え”に注意が必要!】 無期転換ルールに対応した「定年退職日」と「再雇用終了日」の定め方
就業規則等で定年および定年後の再雇用制度について定める場合には、労働基準法、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律のほか、労働契約法および本年4月から施行される「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」に留意する必要があります。本稿では、これらの...
2015/05/14掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 人事管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...