企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アールオーアイ ROI

「ROI」とは、return on investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標です。基本的な式は〈ROI=利益÷投資額×100〉で、ROIが大きいほど効率のいい投資案件といえます。近年は、個別のプロジェクトにおける費用対効果の判断材料としても活用され、特にIT投資や人材教育コストに関するROIを測定するニーズが高まっています。
(2011/8/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ROIのケーススタディ

教育の“費用対効果”の測定は必須
目指すゴールと測るための指標を明確に

経営環境が厳しさを増すなか、人事・教育担当者には、教育コストの抑制と効果的な人材教育というアンビバレントな命題が課せられています。これを両立するためには、教育の費用対効果すなわち“人材育成ROI”を明確に評価し、その改善に向けた施策を講じる以外にありません。しかるべき教育機会が与えられれば、人は成長する――教育の意義や必要性そのものについて、誰も否定はしないでしょう。しかし投下できる資本が限られている以上、その使い方についてシビアな経営判断が求められるのは当然です。

右肩上がりの時代には、階層別研修に代表される定量的・定型的な研修が機能し、今でも多くの企業で採用・実施されていますが、従来の教育手法によって社員がどう育ったのか、どのように行動するようになったのか、さらには肝心の業績にどう貢献したのかといった教育の効果は、必ずしも客観的に証明されてきたわけではありません。しかし今後も示されないままでは、教育投資の拡大はおろか継続さえ難しいといえます。実際、そうした心理から人材育成関連の予算配分に消極的な経営者は少なくないのです。また逆に、教育に要する費用を単なるコストとみなして抑制するばかりではなく、他社との差別化などメリットが期待できるものについては、むしろ戦略的投資として重点的に資源を配分していこうとする企業もあります。いずれにせよ、「教育の効果は測れない」という固定観念は禁物であり、人事・育成担当者にとって教育の費用対効果の測定はもはや避けて通れない時代になりつつあるのです。

人材育成ROIを測定するためには、まず教育研修そのものの方向性や達成すべき目標、ゴールを明確化し、経営陣と共有しておくことが前提となります。目標が分かれば、その達成状況を具体的に示す指標なり、基準なりを適切に設定し、測っていけばいいのです。たとえばグローバルリーダーを養成するのが研修の目標だとしたら、プログラムの受講者から何人のグローバルリーダーが生まれたのかが最終的な指標となり、中間的には受講者がグローバルリーダーに必要な知識やスキル、コンピテンシーをどれだけ身に付けたか、結果として仕事への態度や行動がどのように変わったかなどが主なチェックポイントとなるでしょう。

自社にとって最も効果的な研修とは何か、誰にどのような教育機会を提供すべきか――こうした教育研修のあり方は本来、企業全体の経営課題をふまえた人材育成戦略に従って決定されるべきであり、いわゆる人材マネジメントバリューチェーンのなかで位置づけられることが重要です。ところが経営課題や現場のニーズを認識していながら、現実にはあまり関係のない定型的な研修を続けている企業も少なくないのです。経営と直結しない戦略性に欠ける研修では、ROIを正しく測定・評価することもできず、単にコストを投じるだけで個人にも組織にも何も残らないという状況を招きかねません。

▼ 「ROI」の関連記事はこちら
第34回:人材育成の費用対効果(ROI)の測り方(前編)
 ~教育の効果測定を出すことは、経営的には当たり前の行為である
第35回:人材育成の費用対効果(ROI)の測り方(後編)
 ~限られたコストで効果を出す教育を行うには、どうすればいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

STEM教育
「STEM教育」のSTEMは「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字を取った造語であり、これら理工系の知識を統合的に学ぶ教育をいいます。米国において戦略的に科学技術人材を育成しようと始まったもので、オバマ元大統領...
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」 第34回 人材育成の費用対効果(ROI)の測り方(前編) 教育の効果測定を出すことは、経営的には当たり前の行為である
厳しい経営環境の中、人事・教育部門には教育コストの抑制と、効果的な教育が求められている。しかし、「教育の費用対効果(ROI)は測ることができない」と、最初から諦めている人材育成担当者は少なくない。どうすれば教育のROIを測ることができるのか。その考え方と方法に...
2010/02/08掲載人事マネジメント解体新書
今日的な社員研修・人材育成の考え方
企業の成長戦略に欠かせない人事育成のポイントとは?
2017/02/28掲載よくわかる講座
社員研修・人材育成の実務(1)自社にふさわしい教育体系をつくる
社員教育の「独自性」と「成果」を両立させるための教育体系を考える
2017/02/28掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...