企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コウドジンザイ 高度人材

「高度人材」とは、専門的な技術や知識を持つ外国人労働者の総称として日本政府が使用している用語です。日本の経済成長と技術革新につなげるために、国内で人材が不足している分野で、技術者やスペシャリストを海外から積極的に受け入れるなど、高度人材の獲得に向けた施策の検討・導入が進められています。
(2011/8/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高度人材のケーススタディ

世界的な人材獲得競争に勝つために
「ポイント制」で有能な外国人を優遇

経済のグローバル化、技術の高度化、国家間・企業間競争の激化を受けて、海外の優れた人材をめぐる先進諸国の獲得競争が激しさを増しています。日本政府は従来、外国人労働者の受け入れについて「専門的・技術的分野の外国人は受け入れ、単純労働者は制限する」という基本方針を採ってきました。現行の出入国管理法は、人文知識・国際業務、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究など一定範囲内の職種・業種・勤務内容に該当する人材にかぎって、就労可能な在留資格を認めています。しかし現在、こうした「高度人材」に相当する日本への新規入国者の数は伸びていません。成長著しいアジアの新興国との獲得競争でも後れを取っているのが現状です。

そこで政府は、海外の優秀な人材に日本での就労を促すインセンティブとして、年収・学歴・職歴などを点数化し、一定以上のポイントに達した者を「高度人材」と位置づけて優遇する「ポイント制」導入の検討を進めています。もともとは旧自公政権下で発足した外国高度人材受入推進会議が2009年5月にレポートをまとめ、「外国高度人材の受け入れ推進を成長戦略の重要な一翼と位置づけて、中長期的観点から高度人材の受け入れを進めていく必要がある」と提言したのが発端でした。政権交代後も、政府が新成長戦略に掲げた「優秀な海外人材を引き寄せる」との方針に沿って、法務省・厚生労働省など関係省庁がポイント制導入を検討。今年5月に法務省の素案として、「高度人材に対するポイント制による優遇制度の基本的枠組み案」が発表されました。

この素案によると、同制度の対象は「学術研究」「高度専門・技術」「経営・管理」の3分野で活動している外国人に限定。評価基準を事前に示し、客観的評価を100点満点で行うとしています。たとえば「経営・管理」の分野では、基礎配点を学歴(35点)、職歴(15点)、年収(35点)、企業での地位(15点)とし、就労する企業や日本語の能力に応じてボーナス的に加点、70点を合格ラインとする案が有力です。この点数を満たした高度人材には、最長在留期間の5年への延長(現行は3年)、永住権取得条件の緩和、さらには親や家事使用人の帯同、配偶者の就労許可といった優遇措置が検討されています。

ただし素案の内容をめぐっては賛否両論あり、調整は難航しているようです。たとえば「親や家事使用人の帯同」「配偶者の就労許可」といった優遇措置について、法務省側は「有為な人材を招く上で家族やメイドを連れてこられないことがハードルになる」として容認を主張するのに対し、「ドサクサ紛れに単純労働者を受け入れようとしている」との批判が政府・与党内から高まっています。制度導入の是非も含め、具体化までにはさらなる議論の深まりが求められるところです。

ちなみに海外ではイギリスやカナダがすでに同様のポイント制を導入済みで、韓国では重点産業に就く外国人を在留期間延長で優遇する「ゴールドカード制度」を採用、ドイツでも一定所得以上の人材の定住許可要件を緩和しています。

▼ 「高度人材」の関連記事、ニュースはこちら
日本企業は外国人の「高度人材」を獲得せよ
「外国人高度人材に関するポイント制導入の際の基準等に関する論点整理」を取りまとめました(厚生労働省)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

アクイ・ハイヤー
「アクイ・ハイヤー」(acqui-hire)とは、英語の買収(acquisition)と雇用(hire)を掛け合わせた造語で、買収による人材獲得という意味です。大企業が、優秀なエンジニアや開発チームを獲得するために、そうした人材が所属する零細ベンチャー企業をまるごと買収する手法を指します。2000年...
タレント・マネジメント
人材こそ企業の競争力の源泉と見なし、採用から配置、育成、キャリア形成といった一連のプロセスを効果的に管理・支援するしくみを指します。
超国家企業
「超国家企業」とは、生産・販売の拠点を海外へ進出させるといった、形や規模の面だけのグローバル化にとどまらず、国家の枠組みを超えて大規模に活動する企業のことです。母国を含めた特定の国家にしばられることなく、利益を極大化する最適地を求めて世界規模で事業を展開する企業経営のあり方を指します。雇用面におい...

関連する記事

日本企業は外国人の「高度人材」を獲得せよ。世界の優秀層を確保するためのビジネス戦略
日本企業は外国人の「高度人材」を獲得せよ。世界の優秀層を確保するためのビジネス戦略
2006/08/21掲載編集部注目レポート
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
外国人労働者に対して
外国人のアルバイトさんの受け入れ時に必要な書類などは何がありますでしょうか?また注意点などあれば教えていただきたいです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...