企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ボランティアキュウカ ボランティア休暇

「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をきっかけに、各自治体の公務員にも同様の制度を導入する動きが広がりました。
(2011/2/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボランティア休暇のケーススタディ

導入は大企業中心、全体では3%未満
成果主義の職場では利用を控える傾向も

ボランティア休暇を日本で初めて採用した企業は、富士ゼロックスだといわれています。同社では1990年から、テーマを決めて長期ボランティア休暇を活用する「ソーシャルサービス制度」を導入。社会福祉施設や青年海外協力隊などで社会奉仕活動に取り組む場合、3ヵ月から最長2年までのボランティア休職が認められ、休職期間中は給料・賞与相当額が援助金として支給されます。同制度が発表された当時は、CSRを問う社会や市場の目もまだそれほど厳しくはなく、社内から「一企業がそこまでするのか」「なかなか休職する人はいないのではないか」といった声も挙がりました。しかし現在までに40名以上の社員が制度を利用、腰を落ち着けて社会貢献に打ち込むという実績を揚げています。

導入企業によって、休暇の付与条件(対象となる活動・付与日数・処遇)はさまざま。富士ゼロックスのように、休職制度を活かして2年間程度の長期付与を認めるケースもあれば、1日だけ付与するという短期間のケースも存在します。また短期(休暇)・長期(休職)両方を認める制度を導入している企業も少なくありません。INAXでは92年から「ボランティア休職制度」を、95年には「ボランティア休暇制度」を採用しました。後者は、社会貢献・地域貢献活動に対して1回あたり連続5日間以内、年間12日以内の有給休暇を付与するものですが、前者はこれとは別に、2ヵ月以上1年以内の範囲で長期休職を認める制度。無給扱いですが、80%相当の援助金が支給されます。

しかし、こうした制度を導入し継続している企業は、日本企業全体から見るとまだごく一部と言わざるをえません。厚生労働省が発表した「平成19年就労条件総合調査結果の概況」によると、ボランティア休暇制度がある企業は全体のわずか2.8%でした。企業規模による導入率の格差が著しく、従業員1,000人以上の企業では17.7%、30~99人では1.8%と10倍近い開きがありました。また07年に連合総合生活開発研究所(連合総研)が、首都圏と関西圏の民間企業に勤める20~50歳代を対象に実施した調査では、自社でボランティア休暇を導入していると答えた人に、自分がその制度を利用しているかどうかを尋ねたところ、38.8%と低い水準に止まっています。しかも成果主義が浸透している職場ほど、評価への影響を懸念して利用を控える傾向も明らかになりました。制度の導入・整備は遅々として進まず、制度があっても宝の持ち腐れ――残念ながら、それが日本企業におけるボランティア休暇の現状のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...