【ヨミ】アサーション アサーション

「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しながら率直に自己表現ができるようになることを目指します。

アサーションのケーススタディ

ストレス耐性を高めるコミュニケーション技術
“わたし”を主語にしてさわやかな自己表現を

アサーションは、直訳で「主張」「断言」などと訳されますが、それではニュアンスがやや強すぎて本来の意味にそぐわないため、しばしば「さわやかな自己主張」と言い表されます。発祥は1950年代のアメリカ。心理療法の一種として開発されたアサーションは当初、対人関係に悩む人を対象としたカウンセリングに活用されました。日本には80年代に伝わり、現在は企業や学校などさまざまな場所で広くトレーニングが実践されています。

自分の言いたいことがうまく言えれば、どんなに楽に過ごせるだろう――職場や家庭でそう考える人は少なくないでしょう。しかし実際には、言いたいことが言えずに自分ばかりストレスを抱え込んだり、言わなくてもいいことまで口にして相手にストレスを与えたり、といったトラブルは日常茶飯。そうした環境下でも、良好な人間関係を保ち、前向きでいられる人、つまり対人面の“ストレス耐性”が高い人はほぼ例外なく、アサーションの技術を身につけていると考えられます。

自分の言いたいことを言う場合、相手を傷つける言い方と、傷つけない遠回しな言い方があります。また要求や意見をはっきり表明する言い方と、はっきり言わない言い方があります。アサーションの理論では、これらを次の4タイプに整理分類します。

�相手を傷つけない相手を傷つける要求をはっきり言わない(1)非主張的(2)復讐的要求をはっきり言う(3)アサーティブ(4)攻撃的

たとえば職場に、仕事がすごく遅い同僚のAさんがいるとします。決して、できない人ではないが、とにかくマイペースで周囲に迷惑が被ることもしばしば。この状況を何とか打開していくために、Aさんに対してどのような言葉をかければいいのか。

日本人の場合、相手を傷つけまいとして要求をはっきり伝えない、(1)の非主張的なコミュニケーションになってしまうことが少なくありません。「Aさん、あのさ、もうちょっと……いや、何でもないよ」といった調子。これではストレスが溜まる一方で、事態は一向に改善されません。(1)と同じくはっきりとは言わないが、相手を傷つけるのが(2)の復讐的なタイプ。たとえば「Aさん、飲みに行く時間はあるのにねえ…」というふうに、口調は柔らかでも結果的に相手を傷つける自己表現です。(4)の攻撃的なタイプは、相手が傷ついてもいいから言いたいことをはっきりと言う。「Aさん、とにかく君はいつも仕事が遅いんだ。飲み会に出る暇があったら働いてよ!」という自己表現で、トラブルの火種にもなりかねません。

これらに対してアサーションが目指す自己表現、つまり(3)のアサーティブな言い方とは、たとえば「飲みに行くのはもちろんAさんの自由だし、いい仕事をするにはリラックスも必要だと思うけど、私としては期限を守ってくれると、とても助かるんだ」というものです。

これなら批判や攻撃のニュアンスが抑えられ、相手も受け入れやすいでしょう。ポイントは「私としては」の部分です。“きみ”や“あなた”ではなく、“わたし”を主語にしたメッセージ。相手のことばかりとやかく言うと、言われたほうは威圧や押しつけがましさを感じ、かえって反発したくなります。私はこう思う、私はこう感じる、だからあなたにこうして欲しい、と率直に自分の思いを伝える心がけが、自分も相手も尊重するアサーティブなコミュニケーションのポイントです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード