企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アサーション アサーション

「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しながら率直に自己表現ができるようになることを目指します。
(2010/10/4掲載)

アサーションのケーススタディ

ストレス耐性を高めるコミュニケーション技術
“わたし”を主語にしてさわやかな自己表現を

アサーションは、直訳で「主張」「断言」などと訳されますが、それではニュアンスがやや強すぎて本来の意味にそぐわないため、しばしば「さわやかな自己主張」と言い表されます。発祥は1950年代のアメリカ。心理療法の一種として開発されたアサーションは当初、対人関係に悩む人を対象としたカウンセリングに活用されました。日本には80年代に伝わり、現在は企業や学校などさまざまな場所で広くトレーニングが実践されています。

自分の言いたいことがうまく言えれば、どんなに楽に過ごせるだろう――職場や家庭でそう考える人は少なくないでしょう。しかし実際には、言いたいことが言えずに自分ばかりストレスを抱え込んだり、言わなくてもいいことまで口にして相手にストレスを与えたり、といったトラブルは日常茶飯。そうした環境下でも、良好な人間関係を保ち、前向きでいられる人、つまり対人面の“ストレス耐性”が高い人はほぼ例外なく、アサーションの技術を身につけていると考えられます。

自分の言いたいことを言う場合、相手を傷つける言い方と、傷つけない遠回しな言い方があります。また要求や意見をはっきり表明する言い方と、はっきり言わない言い方があります。アサーションの理論では、これらを次の4タイプに整理分類します。

相手を傷つけない 相手を傷つける
要求をはっきり言わない (1)非主張的 (2)復讐的
要求をはっきり言う (3)アサーティブ (4)攻撃的

たとえば職場に、仕事がすごく遅い同僚のAさんがいるとします。決して、できない人ではないが、とにかくマイペースで周囲に迷惑が被ることもしばしば。この状況を何とか打開していくために、Aさんに対してどのような言葉をかければいいのか。

日本人の場合、相手を傷つけまいとして要求をはっきり伝えない、(1)の非主張的なコミュニケーションになってしまうことが少なくありません。「Aさん、あのさ、もうちょっと……いや、何でもないよ」といった調子。これではストレスが溜まる一方で、事態は一向に改善されません。(1)と同じくはっきりとは言わないが、相手を傷つけるのが(2)の復讐的なタイプ。たとえば「Aさん、飲みに行く時間はあるのにねえ…」というふうに、口調は柔らかでも結果的に相手を傷つける自己表現です。(4)の攻撃的なタイプは、相手が傷ついてもいいから言いたいことをはっきりと言う。「Aさん、とにかく君はいつも仕事が遅いんだ。飲み会に出る暇があったら働いてよ!」という自己表現で、トラブルの火種にもなりかねません。

これらに対してアサーションが目指す自己表現、つまり(3)のアサーティブな言い方とは、たとえば「飲みに行くのはもちろんAさんの自由だし、いい仕事をするにはリラックスも必要だと思うけど、私としては期限を守ってくれると、とても助かるんだ」というものです。

これなら批判や攻撃のニュアンスが抑えられ、相手も受け入れやすいでしょう。ポイントは「私としては」の部分です。“きみ”や“あなた”ではなく、“わたし”を主語にしたメッセージ。相手のことばかりとやかく言うと、言われたほうは威圧や押しつけがましさを感じ、かえって反発したくなります。私はこう思う、私はこう感じる、だからあなたにこうして欲しい、と率直に自分の思いを伝える心がけが、自分も相手も尊重するアサーティブなコミュニケーションのポイントです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

DESC法
「DESC法」とは、ポジティブなコミュニケーションを行うための方法で、率直で誠実な意見の伝え方を目指します。DESCは自分の意見を述べるための四つのプロセスの頭文字をとったもの。Dは「Describe」で客観的に事実を描写すること、Eは「Express」で自分の感情を率直に伝えること、Sは「Spec...
過剰適応
「過剰適応」とは、ある環境に合うように、自身の行動や考え方を変える程度が度を超えている状態を指します。その結果、うつ病やパニック障害といった二次障害を引き起こすこともあり、精神疾患者に陥りやすい人が持ち合わせている傾向ともいえます。人から良く思われたい、認められたいという「承認欲求」は社会生活を営ん...
傾聴
耳を傾けて聴くと書く「傾聴」(けいちょう)。心理学などの分野では以前からよく聞かれる言葉でしたが、近年はビジネスの場でも重要視されるようになり、傾聴の技術を身に着けたいというビジネスパーソンが増えています。 (2012/1/16掲載)

関連する記事

4. コミュニケーション研修のプログラム例
最近のコミュニケーション研修の中で、課題別(目的別)に行われるプログラムを紹介していく。管理職の「面談力」を高める「実践コミュニケーション・スキル研修」、「部下指導」に特化したコミュニケーション研修、「グループワーク」でコミュニケーション・スキルを学ぶ「社会人...
2012/11/29掲載よくわかる講座
藤原和博さん 出会いに「!」を演出して「自分ネットワーク」をつくる
信頼できる人とのネットワークはどうしたらできるでしょうか。その具体的な方法について、リクルートのトップセールスマンから杉並区立和田中学校の校長に転身、自ら教壇に立って子供たちに〔よのなか〕科を実践する藤原和博さんにうかがいます。
2004/11/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
転職と人脈
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密な...
2015/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

賃金台帳について
社員から自分自身の過去支払われた賃金を月ベースで見せてほしいという要求がありました。当然要求に答えるべきですか?よろしくお願いします。
派遣社員の補償について
お世話になっております。 弊社ではサテライトのような、相手企業先の中の一部で社員が働くような事業場があります。 そこに他社からの派遣社員も派遣させています。 この度、相手先企業が業務停止となってしまったのですが、この場合派遣社員についての休業補償は弊社が負担するのでしょうか。それとも相手先企業が...
M&Aにおける人事関係の留意点
現在M&A(株式譲渡による買収)を検討しております。 相手先従業員全員の雇用確保が条件となっており、従業員を引き継ぐ場合の注意点について教えてください。 尚、相手先の従業員は全員親会社の労働組合員となっています。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

メンタル対応可能な産業医を紹介します POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...