無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ユウキュウキョウイククンレンキュウカ 有給教育訓練休暇

「有給教育訓練休暇」とは、就労中の労働者が教育訓練を受けるために、一定期間有給で職場を離れることを認める休暇制度です。国際労働機関(ILO)は、1974年の第59回総会で、同制度を労働者の権利として保障し、その付与に向けた政策の策定・運用を加盟各国に求める「有給教育休暇に関する条約」を採択しましたが、日本は現在もこれに批准していません。
(2010/8/23掲載)

有給教育訓練休暇のケーススタディ

義務ではないため導入企業は1割以下
取り組みを促す助成金制度に注目を

フランスやベルギー、スウェーデン、イタリアなどでは、すでに教育訓練休暇の実施が法制化されていますが、日本では、職業能力開発促進法第10条が“必要に応じて”付与することを求めているだけで、まだ義務づけられてはいません。そのため、同制度を導入している企業はごく少数にとどまっています。

厚生労働省が民間企業の教育訓練制度の実施状況などを明らかにするためにまとめている「能力開発基本調査」によると、2009年度調査で教育訓練休暇制度を導入している企業の割合は全体の1割にも満たない7.6%(前年度は6.7%)。事業所の規模別にみると、従業員1,000人以上の事業所で9.6%と最も多いものの、各規模間の差はそれほど顕著ではありません。大企業、中小企業を問わず、各企業の取り組みは低調なままです。

教育訓練休暇制度の義務化には至っていないものの、国は、教育訓練の実施や従業員の自発的な能力開発に対してさまざまな助成措置を設けています。その一つが「自己啓発助成給付金制度」。これは、有給教育訓練休暇の付与や受講の費用援助を行う企業に、その支援費や賃金の一定割合を助成する制度です。

同様の助成措置として、職業訓練などを段階的・体系的に実施する事業主に対し、独立行政法人雇用・能力開発機構が支給を行うキャリア形成促進助成金の一種、「職業能力開発支援促進給付金」があります。助成金の受給対象となるのは、従業員の自発的な能力開発を支援する諸制度を就業規則または労働協約に定め、職業能力開発休暇(前出の職業能力開発促進法が規定する有給教育訓練休暇に相当)の付与や従業員の能力開発にかかる経費の負担を行う事業主。ただし「職業能力開発推進者を選任し、都道府県職業能力開発協会に選任届を提出していること」や「労働組合などの意見をきいて事業内職業能力開発計画を作成していること」などの要件を満たす事業主で、あらかじめ雇用・能力開発機構都道府県センターの受給資格認定を受けていることが前提となります。従業員が自発的な能力開発を行う際には、公的および民間の教育訓練機関などが実施する訓練コースを受講。総訓練時間の8割以上を受講していないと、経費、賃金とも助成の対象になりません。

従業員が教育訓練を受けることの必要性は理解していても、企業、とりわけ中小規模の事業主にとっては、大きな負担となります。こうした助成制度の活用は、慎重に検討するべきでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード