企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アッパクメンセツ 圧迫面接

圧迫面接とは、採用面接において、面接担当者がわざと意地の悪い内容の質問や厳しい批判をしたり、威圧的な態度をとったりして、受験者の受け答えを観察・評価する面接手法です。仕事上のトラブルや顧客・取引先からのクレームなどを想定し、受験者が緊迫した状況にどれだけ対応できるか、ストレス耐性や打たれ強さを見るために行われるといわれます。
(2010/3/1掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

圧迫面接のケーススタディ

背景に“ストレス耐性”を重視する風潮
パワハラ、人権侵害と見なされるリスクも

圧迫面接では、受験者に対して次のような質問がよく行われます。

「部署や業務が志望通りではなかったら、どうしますか? 転職するんですか?」

「うちには向いていないと思いますが」

「どうせしばらくしたら辞めて家業を継ぐ(結婚する)んでしょう?」

「うちが不合格になったらどうするの?」

(趣味や学生時代の活動を聞いた上で)「それのどこがおもしろいの?」

採用の現場では、就職マニュアル通りの模範回答に終始する受験者の本質や本音を引き出すためのテクニックとして、古くから圧迫面接が用いられていました。とりわけバブル経済崩壊後の就職氷河期においては、買い手市場を背景に受験者をふるい落とす目的で安易に行われる風潮が広がり、企業側が批判を受けることもありました。

実際、上記のような質問によって、社会経験の乏しい学生がプライドを傷つけられたと感じたり、就職意欲を失ったりするケースが後を絶たないことから、近年では、圧迫面接は「面接の名を借りたパワーハラスメント」と解され、人格否定・人権侵害と批判されることも少なくありません。またインターネット上に、就職活動中の学生の口コミで「あの会社は圧迫面接をしている」「圧迫面接で泣かされた」といった噂が広がり、応募者の減少や企業のイメージダウンにつながる恐れも指摘されています。

もっとも、上記のような高圧的な言い方ではなくても、受験者からすれば圧迫面接と受け取られる場合があります。要領を得ない受け答えに対して、面接担当者が「なぜ」「どうして」と発言内容を掘り下げていく、“突っ込み”が圧迫と見なされるのです。本来、受験者の発言が論理的で要点をおさえていれば、「なぜ」「どうして」と問われないわけですから、これは昨今の若年層のコミュニケーション能力不足が起因しているといえるでしょう。どこまで厳しければ圧迫面接で、どこからがそうでないのか、採用側(企業)と受験者側(学生)の間に認識の違いがあるのは否めません。

圧迫面接という手法の是非は別として、ビジネス環境が厳しさを増し、企業の採用枠も限られるなか、採用側がストレス耐性の高さや打たれ強さを重視する傾向はさらに高まると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ストレス耐性
「ストレス耐性」とはストレスに対するタフさ、ストレスにどれだけ耐えられるかという抵抗力のことです。同じ環境下でも、ストレスを強く感じる人と感じにくい人、あるいはストレスに打ち克てる人とそうでない人がいるのは、個々のストレス耐性に差があるからです。
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
就活うつ
「就活うつ」とは、就職活動(以下、就活)を経験した学生が就活の失敗や行き詰まりに起因する強度のストレスでメンタルヘルスに不調をきたし、抑うつ状態に陥ったり、うつ病を発症したりすることをいいます。就活の激化・長期化に伴って急増し、症状が重い場合は、引きこもりや自殺にもつながりかねません。就活経験者の七...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第53回 2013年 新卒採用の動向と対策(前編)
2013年の新卒採用は、日本経団連の倫理憲章によって、例年より2ヵ月遅れて2011年12月にスタートした。これにより、多くの企業が採用戦略の見直しを迫られることになった。まずは、2013年新卒採用の見通しはどうなっているのか、データを中心にその動向を見ていくこ...
2012/02/27掲載人事マネジメント解体新書
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...