企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンジデューデリジェンス 人事デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、投資やM&Aなどの取引を検討する段階で、事前に投資対象となる企業などの価値やリスクを精査・検証する作業のこと。法務や財務、ビジネスなどさまざまな観点から行われ、とくに経営資源としてのヒト・モノ・カネのうち、ヒト=人事面に焦点を当てる査定を「人事デューデリジェンス」あるいは「HRデューデリジェンス」と呼びます。
(2010/1/18掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事デューデリジェンスのケーススタディ

人材に焦点を当てたM&Aの事前調査
必要ならば買収先社員の個人情報も求められることに…

デューデリジェンスというと、財務や法務にかかわるテーマという認識が従来は一般的でした。しかし、M&Aなどによって二つ以上の会社が統合される場合、出身組織の異なる人材同士をどれだけ融合させられるかがその成否を握るとの観点から、近年は人事面を対象とする査定に注目が集まっています。投資先、買収先の「人と組織」の状態を正確かつ戦略的に把握するために人事デューデリジェンスを実施することは、大手の外資系企業ではすでに常識であり、国内でも頻繁に行われるようになってきました。

人事デューデリジェンスを行う際の視点は、大きく二つあります。ひとつは、いわゆる人事の財務面に着目して行うデューデリジェンス。もうひとつは、財務面以外のあらゆる観点から、対象企業の人材マネジメントの有効性を精査するものです。具体的には、貸借対照表上の退職給付引当金の適切性の確認や総人件費の把握など、人事施策が企業の財務体質にどのような影響を及ぼしているかを検証するのが前者の典型例です。統合される企業間で給与水準や福利厚生に許容しがたい格差があると、新会社発足後にモラルや士気の低下を招く恐れもあるので留意が必要でしょう。

一方、非財務面のデューデリジェンスにおいては人事制度のしくみや運用状況の検証はもちろんのこと、部門別・役職別の従業員の人員構成(年齢/性別など)から労使関係や組合の活動実態、さらにはマネジメント層を中心とするコア社員の個々の業績やスキルまで、企業の文化とポテンシャルを形成するあらゆる要素が抽出され、案件の検討に資することになります。その過程で、査定を受ける側の企業は、M&A検討元から人事情報の提供を求められることも少なくありません。

人事担当者としては、社員の雇用契約書や履歴書、職務経歴書などの個人データまで、社員個々の同意なしに提出してよいものか迷うところですが、2009年10月に経済産業省が改正および告示した「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」によると、「当該データの利用目的および取扱方法、漏えい等が発生した場合の措置、事業承継の交渉が不調となった場合の措置等、相手会社に安全管理措置を遵守させるため必要な契約をすることにより、本人の同意等がなくとも個人データを提供することができる」とされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

戦略人事
「戦略人事」とは、企業経営において、経営戦略と人材マネジメントを連携・連動させることで競争優位を目指そうとする考え方、およびそれを実現するための人事部門の機能や役割などを包括的に示す用語です。今までも人事部門には、事務処理や労務管理などの定型的なオペレーション業務だけでなく、人的リソースの適正配置や...
人材マネジメントバリューチェーン
バリューチェーンとは、企業活動の流れの中で各事業が有機的につながり、価値の付加を積み重ねていくプロセスのことです。慶應義塾大学大学院 準教授の小杉俊哉氏は、人事にもこのバリューチェーンが存在すると指摘。人材マネジメントに関する一連の“価値の連鎖”が顧客や市場に向けた最終的なバリューを創出し、企業に競...
ターンアラウンド・マネジャー
「ターンアラウンド・マネジャー」(Turnaround Manager)とは、経営破綻した企業もしくは経営破綻寸前の状態にある企業を短期間で再生させるために、経営者として登用される事業立て直しのスペシャリストのこと。俗に「企業再生請負人」ともいいます。 (2012/6/11掲載)

関連する記事

94.3%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、「戦略人事として活動できている」企業はわずか32.2%
最近、経営戦略と人事部門が連動する「戦略人事」の重要性が叫ばれている。その実態について調査した。「戦略人事は重要である」と感じている割合は、「強く感じる」(59.9%)「感じる」(34.4%)を合わせて94.3%。「人事部門が戦略人事として活動できている」と感...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
95.2%の企業が「戦略人事は重要である」と感じているのに、戦略人事として活動できている企業はわずか25.8%
全国4,036社の人事実態調査『人事白書2016』レポート。現在の人事部門は、経営と連動する戦略人事の重要性を強く認識しているが、その認識と実態は大きく乖離しているようだ。戦略人事が実現できない要因について、人事部門の痛烈な叫び・嘆きの声が多く挙がっている。
2016/07/04掲載人事白書 調査レポート
本間浩輔さん: 社員の才能と情熱を解き放つ、 ヤフー「人材育成関連の施策」のプロデューサー(後編)
変化の激しい業界を生き残るため、驚くほどのスピードで人と組織の改革を進めているヤフー『後編』では、「HRアワード2014」企業人事部門個人の部 最優秀賞を受賞した本間さんに、これからの人事のトップの要件や、人事部門のあり方について、独自のお考えを聞きました。
2015/01/30掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

人事について
掲題について人事の先輩の皆様へご相談です。 企業における人事の存在って何でしょうか? 人事の大義って何でしょうか? 勤務してから約1年たっただけですが..まだまだ半人前の私です。 この意味を少しでもいいのでご教授頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。
人事と労務の定義
人事と労務の区分け基準はありますか?
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...