企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イクキュウギリ 育休切り

妊娠・出産や産休、育児休業(以下、育休)などの取得を理由に、企業が社員に退職を強要したり、降格や異動を命じたりする不当な取り扱いを「育休切り」といいます。2008年秋のリーマンショック以降、経営環境の急速な悪化に伴って、人件費削減のための「育休切り」が横行しているといわれます。
(2009/11/20掲載)

育休切りのケーススタディ

「育休取得で解雇」は法令違反
知識不足の管理職層に周知徹底を

「産休を申請したら解雇を言い渡された」「育休を終えて、復職を申し出たら業績悪化をタテに拒否された」――こうした「育休切り」に関する相談が、全国の労働局などで急増しています。09年3月の厚生労働省のまとめによると、相談件数は同年2月までの11ヵ月間ですでに前年度1年分よりも25%以上多い1,107件に達し、過去最高を記録。厳しい雇用情勢が、仕事と子育ての両立を脅かしている現実が浮き彫りになりました。

育休切り」という言葉は08年末に話題になった「派遣切り」をもじったものですが、両者の法的な意味合いは大きく異なります。男女雇用機会均等法や育児・介護休業法は、育休などの取得を理由にした解雇を禁じています。つまりいくら経営に窮してのこととはいえ、「育休切り」は明らかな違法行為なのです。にもかかわらず、なぜあとを絶たないのでしょう。実は単に企業が、「法令違反であることを知らなかった」というケースが少なくないのです。

厚生労働省職業家庭両立課の元木賀子さんは、事業主だけでなく、現場の所属長の法令知識不足を指摘します。一般に大企業は中小零細企業に比べて、育休制度の整備は進んでいるものの、組織規模の大きさゆえにコンプライアンスの浸透が難しい。元木さんによると、一部の中間管理職層には、産休切りについて「働けないのだから切ってもいいのでは」というような理解不足の人もいるといいます。

09年7月には、育児・介護休業法の改正が公布されました。改正法では、仕事と家庭の両立をより図りやすくするために、3歳未満の子どもを育てる社員への短時間勤務制度(1日6時間)を企業に義務づけています。これにより、社員は育休をとった後も、働く時間を短縮して子育ての時間を確保できるようになりました。育休の取得率が1%台と低迷する男性のための育休促進策も盛り込まれています。従来は、妻が専業主婦なら、労使協定によって育休をとれないようにもできましたが、改正法はこれを廃止。すべての働く父親が育休をとれるように改めました。申請に応じて残業を原則免除する制度の導入も、企業に義務づけています。

さらに企業が「育休切り」などの違反を犯し、厚労省の勧告にも従わない場合には、社名を公表するなどの制裁も科されることに。もう「知らなかった」では済まされせん。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
イクボス
「イクボス」とは、男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことです。子育てに積極的に関わる男性をイクメンと呼ぶのに倣い、そのイクメンを職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダーをイクボスと呼びます。 (2013/7/29掲載...
プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
仕事の成果が落ち込んだらポストを外される?「降格制度」の導入状況と問題点を探る
社員個人の能力や成果の落ち込みを理由に、役職や等級制度のグレードを低下させる「降格制度」。これまでの年功序列・終身雇用の人事システムの中では、係長→課長→部長と昇格していくことはあっても、部長から課長へ、課長から係長へなどと降格するケースはあまりありませんでし...
2005/11/28掲載人事・労務実態調査
武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このよう...
2006/04/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

男性の育休取得について
男性の育休取得推進、行く行くは、くるみんの取得を考えております。 この度『育休は取りたいが、その期間に有休を使いたい』という申し出がありました。多くの企業がそうであると認識していますが、現状弊社の育児休業規程では、育休中は無給と定めています。社としては育休は歓迎で、有休取得もしてもらって構わないので...
<改正法>育休を父母ともに取得したかの確認について
同じ会社の場合は父母ともが育休を取得しているかどうかわかるのですが、配偶者が他社の場合は、配偶者が育休をとっている証明をもらう必要があるのでしょうか?
慣らし保育を育休期間とする為に
いつもありがとうございます。 保育園入園不可により今年の5月9日迄育休を延長した社員が、 この4月1日に入園が決まったところ、 慣らし保育に1ヶ月ほどかけ5月9日迄育休を取得すると申請してきました。 この場合、会社は本人の申告のみで40日近くを慣らし保育期間とし 育休を認めなければならないのでしょう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...