企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】グローバルジンジ グローバル人事

「グローバル人事」とは、海外事業を展開する企業がグローバル連結ベースでの業績、成果を最大化することを目的に導入する人材マネジメントの取り組みです。本社、エリア、現地がそれぞれの役割や人事機能を明確にし、国境を越えた人材の登用、交流、育成、処遇などのしくみを構築することが求められます。
(2009/1/19掲載)

グローバル人事のケーススタディ

世界中の社員を統合する“ウェイ”が必須
新規採用でもグローバル人材に注目

日本企業が全世界の拠点で雇用している社員のうち、現地人社員の総数は、いまや日本人社員を大幅に上回っています。日本企業の人材基盤は、量的には完全にグローバル化しているといえるでしょう。世界中で働く多くの外国人社員の能力をいかにして引き出すか、人材の評価を共有し、そのパフォーマンスを企業グループ全体の国際競争力の強化にどう結びつけられるか――グローバル人事施策の重要性が問われるゆえんです。

風土も国民性も習慣も異なる各地の拠点に対して、グローバル人事を導入するには、その基盤として、社員一人ひとりの行動や思考を自社の経営理念に統合するための明確な指針が欠かせません。グローバル人事の先進企業といわれるトヨタやオムロンではこの行動指針を“ウェイ”という形で具体的に表現し、それぞれ「トヨタウェイ」「オムロンウェイ」として、世界中の社員に周知徹底させています。

その上で個々の能力と自社へのロイヤリティを最大限に引き出すために、グローバルな基準で役割や成果を公正に評価・処遇する制度を導入。グローバルベースでの経営を担う幹部層の登用や育成、逆出向や海外拠点間の異動など、グローバルな人材活用のしくみづくりに力を注いでいます。

質・量ともに国内の人材不足が叫ばれる現在、すでに自社グループ内にいる外国人を活用するだけなく、新規採用でも、海外の人材に目を向ける日本企業が増えています。2008年春の新卒採用で11人の外国籍社員を採用した大和証券SMBCでは、同年秋にも中国、アメリカ、ロシアから4名の社員を迎え入れました。いずれも日本への留学生ではなく、それぞれ母国の大学で学んでいた学生に直接アプローチし、採用に踏み切るという従来にはなかったパターンです。

日本で働きたい外国人向けに就職支援サービスを行っているソルバーネットワーク株式会社の油屋康社長は「日本企業の製造拠点、販売拠点のグローバル化は進んだ。次は人材のグローバル化を推進する時期。10年後は社員のうち10人に1人が外国人という時代が来る」と予想しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ウェイ
ウェイ(WAY)とは、「○○流、△△方式、××イズム」などで表現されるその企業“らしさ”。企業活動の根幹を形成する組織共通の価値観の総称であり、通常「経営理念」「行動指針」「ビジョン」「ミッション」などの形式で構成、明文化されます。
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
プロセス評価
「プロセス評価」とは、人事考課の手法のひとつ。仕事の遂行度や目標達成度など、課された業務の成果のみを評価要素として見る業績評価に対して、成果に至るまでの“過程”(プロセス)に着目し、そこにどのような価値が存在したかという視点から判断するのがプロセス評価の考え方です。人材育成にも有効とされる評価法で、...

関連する記事

2. グローバル人材研修の現状
産業能率大学が実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」を見ると、グローバル展開に伴って、多くの企業が日本人の「グローバルリーダー」「グローバルマネジャー」「ローカルマネジャー」が不足していると回答。グローバル人材を取り巻く状況について整理する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
2008/04/09掲載注目の記事
梅森浩一さん 「外資のまねをした人事制度改革は失敗する」
外資のまねをした日本企業の中には、新しい人事制度がうまく機能せず、社員の活力も出ないと悩んでいるところが少なくありません。なぜでしょうか。人事のプロフェッショナルとして、4つの外資系企業に勤務したコンサルタント・梅森浩一さんが分析します。
2004/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...