企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サマータイム サマータイム

日照時間の長い夏の間だけ、時計を標準時より1時間早め、昼の時間を増やそうとする制度。地球温暖化対策の一環として導入が検討されています。
(2007/7/13掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サマータイムのケーススタディ

政府・与党は導入に前向きな姿勢だが
労働時間延長などを懸念する声も…

サマータイム制度は、欧米を中心に世界の70ヵ国以上で導入されています。日本でも政府が今年6月にとりまとめた「経済財政改革の基本方針2007(骨太の方針)」の中に、地球温暖化対策の一環として、サマータイムの早期実施の検討が盛り込まれています。その背景として、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を2010年までに6%削減する公約を掲げた京都議定書の約束期間が始まることが挙げられます。社会経済生産性本部によると、「サマータイムの導入で、温室効果ガスの排出を約40万トン削減することができると見込まれる」とのことです。その他にも、以下のようなメリットが期待されています。

(1)始業が1時間早まることで、涼しい午前中の労働時間が増え、日没前には仕事を終えられることから、オフィスの照明や冷房などのエネルギー消費が抑えられる。
(2)帰宅が早まることによる、勤務時間後や放課後の余暇の充実
(3)観光・レジャー産業の消費拡大

しかし、実際には反対論も根強く、「睡眠不足になる」「労働時間の増加・残業時間の延長が心配」といった声もあります。また、「国内の緯度の差は大きく、日の出時刻にばらつきがあるため、全国一律導入は困難」という問題のほか、「各種交通機関のシステムの切り替えに伴う負担増」など、導入に向けては課題が山積しています。

日本でも1948年から51年にかけて、GHQ(連合国軍総司令部)の指示で導入されたことがありますが、「労働時間が増えた」「制度が未熟なまま実施された」などの声が高まり、わずか4年で廃止されました。政府・与党は過去の経験を考慮しつつも、「前向きに検討し議論を重ねていきたい」としています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
ホワイトカラー・エグゼンプション 2005
アメリカの労働時間制度において、一定の要件(職種・職務や賃金水準)を満たすホワイトカラー労働者を労働時間規制の適用除外(exempt)とする制度。日本でも導入が検討されています。

関連する記事

テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が多かったのは、「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」(67.5%)、「時間に対してルーズさ...
2018/08/06掲載人事白書 調査レポート
業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査
仕事の成果が落ち込んだらポストを外される?「降格制度」の導入状況と問題点を探る
社員個人の能力や成果の落ち込みを理由に、役職や等級制度のグレードを低下させる「降格制度」。これまでの年功序列・終身雇用の人事システムの中では、係長→課長→部長と昇格していくことはあっても、部長から課長へ、課長から係長へなどと降格するケースはあまりありませんでし...
2005/11/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

【節電対策】企業のサマータイム導入について
標題の件、東日本大震災に伴う節電対応のため、現在サマータイムの導入を検討しております。 サマータイム導入にあたり、人事として対応すべきことをリストアップしたいと考えております。 宜しくお願い致します。
社内公募制度導入の手順に関して
現在、社内公募制度の導入を検討しています。制度自体がどんなものかは様々なデータを参考にして得ましたが、実際に制度を導入していく上での一連の流れ(手順)を教えて頂きたく思います。 また、弊社は会社単体では従業員600人程ですが同じくらいの規模で他社様の導入事例等がございましたら教えて頂きたく思います。...
インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワ株式会社 総務部 課長 松波 弘治さん、人事部 次長 田中 堅...


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...