企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハイグウシャドウコウセイド 配偶者同行制度

配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。
(2006/9/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配偶者同行制度のケーススタディ

夫の転勤に合わせて妻も転勤できる制度
優秀な女性を獲得したい企業が導入中

結婚・出産に続き、女性が会社を辞める理由として大きいのが、夫の転勤です。「配偶者同行制度」は、夫の転勤による妻の退職を防ぐために発案されました。夫がA社で働いていて、東京から大阪に転勤になった場合、妻の勤めるB社に大阪支店があればそこへ転勤させて、夫に同行できるようにするというものです。「配偶者」ということから、女性の転勤に、男性が同行するケースも可能となりますが、現実にはほとんど逆のようです。

既婚女性の場合、夫の転勤によって退職を余儀なくされると、今まで積み上げてきたキャリアが途切れてしまうことになります。仮に、妻が転勤先で新たな仕事を探したとしても、数年後、また夫が再び転勤すれば、妻はせっかく就職した職場を、また離れなければなりません。

保険会社の日本興亜損保は2005年9月、子育てしながら働ける環境づくりとして、配偶者同行制度を導入しました。従業員の半数が女性ということから、退職しても復帰できる環境づくりとして、退職3年以内であれば復職できる「Uターン制度」など、ユニークな制度も導入しています。また、東京海上日動火災保険では2004年、遠距離恋愛の末に結婚したり、夫が転勤したりした場合、本来なら転居を伴う転勤のない「地域型従業員」でも転勤を申し出ることができる「Iターン制度」を導入しました。

女性の力を経営に生かそうという考え方は、今ではあらゆる企業に浸透しています。この配偶者同行制度を使えば、転勤後の妻たちも、継続して同じ企業で働ける安心感を持つことができ、企業側にとっても、会社のノウハウや会社の商品知識をもった人材を、そのまま別の営業所でも生かすことができます。同時に、企業はこの制度を打ち出すことで、女性にとって長く働きやすいとして会社をアピールでき、優秀な女性を獲得するためのPRにもなります。

ただ、配偶者同行制度はどの企業にも、同じようなメリットをもたらすわけではありません。この制度を利用できる企業は、配偶者と同じエリアに支店・支社があることが条件になります。また、どうしても業務に汎用性がある仕事に限られてしまいます。同行を望む従業員が、専門性に特化した仕事を担当している場合、次の転勤先でスキルに合う職場がなければ、異動が難しくなります。

類似した制度に、大手商社の丸紅は「配偶者転勤休業制度」を導入しています。これは配偶者の海外転勤に同行する場合、休職扱いになり、帰国後復職できる制度です。丸紅では、夫が丸紅の社員でなくても、この制度を利用することができます。復職すれば休職前までの勤続年数を引き継ぎ、年金や退職金などの面でも不利になることがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
配偶者転勤休業制度
「配偶者転勤休業制度」とは、配偶者の転勤に同行を希望する社員に対して休業を認める制度のことです。配偶者の海外や遠隔地への転勤に同行するために、自社の社員が離職を余儀なくされることを回避するのがねらいで、制度を導入している企業・団体の多くでは、配偶者の勤務先が社外でも適用されます。2013年秋には国...
地域限定型採用
地域で募集・採用し、勤務してもらう採用方法のこと。昇進・昇給のスピードは遅くなりますが、転勤はありません。

関連する記事

会社は社員の事情をどこまで考慮してくれる?「転勤」に関する取り扱いの最新実態を探る
サラリーマンに「転勤」はつきものですが、それが転居を伴うものになると、ちょっとした一大事です。引っ越し先を探したり、子供の幼稚園や学校の心配をしたり。家族と離れて単身赴任する場合は自分の健康や経済的な負担も気になってきます。そんな「転勤」をめぐる個人の事情につ...
2006/05/08掲載人事・労務実態調査
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

転勤制度の『手当』について
お世話になります。 転勤制度の『手当』に関して、ご質問があります。 弊社では、勤務地を全国型と地域型に分けており、 全国転勤型を選んだ社員には、「帰省手当」を支給しております。 その際、例えば、これまで全国転勤できると申告し帰省手当を受け取っていた者が、 いざ全国転勤となり「転勤出来ない」と言っ...
退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
転勤について
はじめまして、メーカーで中途採用を担当しております。 当社は中途採用の際に人材紹介会社を利用しております。その会社に出す事務・企画系の求人票には昔から転勤「無」としております。 実際はどの職種も転勤が考えられる現状ですが、転勤「無」で募集をしていて転勤をさせるのは違法でしょうか。それとも倫理的なもの...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...