企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シャガイカンサヤク 社外監査役

公正な視点で会社の会計と業務が適正であるかどうか、調査をする役職で、社外の役員が担当します。取締役の違法行為で会社が著しい損害を受ける場合など、それを差し止める権限も持ちます。
(2006/9/15掲載)

社外監査役のケーススタディ

公正な視点で会計と業務をチェックする役職
大会社では監査役の半数以上を「全くの社外の人」に

「監査役」とは、代表取締役、取締役の職務執行を監査する機関です。監査役制度は戦前から存在していましたが、1974年、1981年、1993年、2001年の一連の改正により、監査役の権限と独立性が広範囲に強化されました。その中でも「社外監査役制度」は、1991年に証券不祥事(損失補填問題)が表面化し、取締役会への監視制度がより重要視されるようになったことから、1993年の改正で規定に加えられることになりました。

さらに2005年の商法改正により、社外監査役に関する規定が改正され、代表取締役からの独立性を高めることが重要である、との認識から、資本金5億円以上の大会社では監査役の人数が1名から3名に増えることになりました。そのうちの「半数以上」を社外監査役としなくてはなりません。また、社外監査役に求められる条件も変更になりました。就任前の5年間に、その会社(またはその子会社)の取締役・支配人・その他の使用人になったことがない者とされていましたが、改正でこの5年の猶予期間がなくなり、「全くの社外の人」であることが要求されています。改正前は、会社の従業員などが監査役に就任するケースが多く、客観的で公正な監査が期待できなかったからです。

この社外監査役に関する規定については、2005年5月1日から施行され、この施行後、最初に到来する決算期に関する定時総会の終結の時までは、従前の規定によるとされました(たとえば、3月決算の会社の場合、2006年6月期の定時株主総会から適用)。東京証券取引所が2005年7月29日に公表した「コーポレート・ガバナンスに関するアンケート」によると、東証に上場する会社1379社を対象にアンケートをした結果、社外監査役について他の会社の役職員が社外監査役になったケースは845社(61.8%)。弁護士を社外監査役とする会社は493社(36.0%)、公認会計士253社(18.5%)となっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

会社法改正
2012年9月、企業運営の基本的なルールを定める会社法の改正に向けた「会社法制の見直しに関する要綱」が法務大臣の諮問機関である法制審議会において採択されました。05年の会社法成立以降初めての本格改正で、その内容は、一般株主の保護を目的とした企業経営に対する規制強化の色合いが濃く、社外取締役・社外監...
役職序列
会社組織における役職は、事業活動に関する相応の責任と職権を伴う役目や職務のこと。代表取締役社長や専務取締役、本部長、部長など、各企業には組織の規模や形態に応じてさまざまな役職があり、その序列や企業内での位置づけを「役職序列」といいます。役職序列は、責任の所在を明らかにするとともに、企業の意思決定や指...
特別取締役
特別取締役とは、会社の重要な財産の処分や譲受、多額の借財などについて決定できる役職です。その決定は、取締役会決議と同等の効果を持つことができます。

関連する記事

人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

業務委託契約による事業部長・本部長採用
A社にて社外監査役を務めている方を、B社が事業部長・本部長として採用したいという意向をお持ちです。 この場合、社外監査役ゆえに雇用契約での採用はガバナンス上難しいため、業務委託契約(委任契約?)での採用をお考えです。 このような契約形態は可能(合法)でしょうか。また、そもそもこのような事例は世の中に...
身元保証書に関して
身元保証書の提出を求めることを検討しています。 提出範囲としては、どのように定めるのが一般的なのか教えて頂けませんでしょうか? 例えば、代表取締役、取締役、社外取締役、監査役、社外監査役、執行役員、正社員、契約社員、パート社員それぞれをどうするか、 納得のいくロジックをもって範囲を決めたいと考えてい...
障害者雇用
平成22年4月より改正されると聞きました。 概要を教えてもらえませんか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...