企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジュウギョウインシェア 従業員シェア

「従業員シェア」とは、一時的な経済停滞によって人材に余剰が生じた企業が、人手が必要な企業に自社の従業員を送り出し、人材を「シェア」すること。従業員の雇用の維持に課題を抱える企業と、一時的に人手不足に陥っている企業が協業して労働力をシェアします。送り出す側は賃金支払いの負担を軽減させることができ、受け入れる側は継続雇用のリスクなく人材を確保できるというメリットがあります。

従業員シェアのケーススタディ

中国で広まった従業員シェア
その流れは日本にも

新型コロナウイルス感染症の拡大により、2020年4月から5月にかけて全国で緊急事態宣言が発令され、臨時休業を余儀なくされた飲食店や小売店などでは、従業員の雇用の維持が大きな課題となっていました。そんな中、一つの解決策となったのが従業員シェア。自社以外の従業員を一時的に受け入れることで、ともに有事を乗り越えようという互助システムです。

類似の概念に「ワークシェアリング」があります。ワークシェアリングは限られた「仕事」を複数の労働者で分かち合うことですが、従業員シェアは「労働者」を複数の企業で分かち合うという点で異なっています。

従業員シェアの動きが見られ始めたのは、2020年2月ごろの中国でした。中国は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため厳しい外出自粛政策をとり、サービス業の営業休止はもちろん、地域間の移動も厳しく制限しました。自粛生活が始まると、店舗型の事業者は次々と休業。他方で、オンラインショッピングの需要は右肩上がりで膨らんでいきました。

なかでも、スーパーのネット注文と配達は急激に増加し、人手不足が顕著になりました。旧正月で地元に帰省した人たちが、移動規制のため都市に戻ってこられなくなったことも大きかったようです。そこでスーパー側はインターネットなどで休業中の経営者に呼びかけ、仕事がない従業員の人手を借りることにしました。

従業員を送り出す側は賃金支払いの負担を軽減することができ、受け入れ側も一時的な特需に対応するために継続雇用を約束する必要はありません。互いにメリットのあるこの仕組みは中国政府からも支援され、約1ヵ月で400万人を超える雇用問題を解決したといいます。

日本でも同様の動きがあり、休業を余儀なくされた居酒屋チェーンから、スーパーマーケットに従業員を派遣するケースが見られます。人手の確保という側面だけでなく、社外の人たちと交流することで従業員が新たな知見を得て、自社での業務に効果が生まれることも期待されています。

参考:
“シェア従業員”で危機を乗り切れ(NHKニュース おはBiz)

中国の新型コロナ対応で生まれた従業員シェアリングの試み(野村総合研究所)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
EVP
EVPとは、Employee Value Propositionの頭文字をとった略語で、直訳すると「従業員価値提案」。つまり、企業が従業員に提供できる価値のことを指します。従来の「従業員は会社にどのような利益をもたらすか」という視点ではなく、「企業は従業員に何を提供できるか」という視点に立つのが、E...
特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は、4.2%
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は4.2%。「そう思わない」(34.3%)、「どちらかというとそう思わない」(24.2%)を合わせると6割近くにのぼる。LGBTの従業員を支援する施策としては、「実施なし」が8割弱となった。
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
「従業員のキャリア開発支援」の必要性を感じている企業は約9割に及ぶが、「行いたいができていない」企業が約4割
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/12/22掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
再雇用者の契約打ち切りについて
弊社では、雇用延長でなく再雇用の制度を採用していますが、再雇用後にシェアを大幅に下げたり、上司の指示に従わないなど問題を起こしています。このような再雇用社員も63才までは再雇用を継続しなければならないでしょうか。また、継続しない場合はどのような措置か必要でしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 人事トレンド ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。