企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】フェムテック FemTech

「FemTech(フェムテック)」とは、「Female(女性)」と「Technology(テクノロジー)」からなる造語です。月経、妊娠、出産など女性特有の健康課題に対して、テクノロジーを用いて解決する分野のことをいいます。この言葉は2013年ごろからヨーロッパで使われはじめ、アメリカでもFemTechの市場は成長を続けています。日本でもここ数年FemTechへの関心は高まっており、FemTech関連企業の支援を目的とするファンドが設立されるなどの動きもあります。

FemTechのケーススタディ

アメリカでは卵子凍結の福利厚生も
企業は女性の健康課題にどう関わるか

まだまだ日本ではなじみのないFemTech。具体的に、どのようなサービスがあるのでしょうか。有名なところでは生理日管理サービスが挙げられ、FemTechという言葉が存在していなかった2000年ごろから提供されています。

その後、女性関連のサービスの幅は広がりをみせています。現在では、オンラインで女性医師に相談ができるサービス、生理に特化したECサイト、ピルのオンライン診察サービスなど、月経のみならず、卵子凍結や妊活・不妊治療、産後ケア、母乳、乳がん検査など、多彩なサービスが登場しています。

FemTechが盛り上がりを見せている理由は何でしょうか。国連が提唱するSDGsの項目の一つに「ジェンダー平等」が含まれていること、女性の社会進出が進んだことで、仕事と女性の健康課題との両立という課題が顕在化したことなどが挙げられます。

日本では「健康経営」に取り組む企業が増えていますが、海外ではFemTech関連サービスを福利厚生に取り入れる動きがあります。2014年には、米Facebookが福利厚生プログラムとして、卵子凍結費用のサポートを開始。女性のキャリアに選択肢を与える制度だという賞賛の声もあれば、仕事を優先させているのではという批判の声もありました。しかしその後、Apple、Google、Netflix、Uberといった巨大企業が同様の福利厚生をスタートさせ、アメリカでは決して珍しくない制度となっています。

アメリカの調査会社ピッチブックによると、FemTech市場への投資額は2008年に世界で約2,300万ドルでしたが、2018年には3億9150万ドル規模に拡大しています。2025年には世界で500億ドルの市場規模になるとの予測もあります。日本でもさまざまな取り組みが始まっていますが、欧米と比較すると市場規模はまだまだ小さく、投資額も少ないのが現状です。しかし、2020年にはFemTech関連企業の支援を目的とするファンドが立ち上がっており、今後国内でも注目が高まっていくことが予想されます。

参考:

The top 13 VC investors in femtech startups(PitchBook)

Femtech—Time for a Digital Revolution in the Women’s Health Market(Frost & Sullivan)

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

マザーズハローワーク
子育てしながら求職する女性に対し、再就職支援を行うハローワークです。2006年4月1日から、全国12都市(札幌・仙台・千葉・東京・横浜・名古屋・京都・広島・福岡・小倉・神戸・大阪)でオープンしました。
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえな...
サブスクリプション
「サブスクリプション」とはビジネスモデルの一つで、商品やサービスごとにお金を払う「買い切り」ではなく、一定期間の利用権として継続的に料金を支払う形式のこと。直訳すると「定期購読」で、「サブスク」とも略されます。個人向けでは「Amazonプライム」や「Netflix」などが知られていますが、近年はMi...

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート
内永ゆか子さん 女性が活躍できる組織作りとは?~女性の覚悟、企業の覚悟~
「女性活用は企業戦略である」と考える経営者が増えています。ところが、初めて経験する役職に抜擢された女性たちは不安で一杯。肩に力が入るあまり、組織の中では疎まれ、部下たちからは嫌われてしまう、というケースも少なくありません。2007年春、そんな企業や女性リーダー...
2008/01/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 福利厚生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...